紺碧島派・日露印三帝同盟軍

紺碧島派・日露印三帝同盟軍

東北親征及びその一連の戦争において大洋州連合から離脱した紺碧島及びその与党、大洋州連合ロシア総督府、インド総督府、大日本帝国が結成した軍事同盟。事実上大洋州連合・地球連邦と共に地球を三分している大規模国家群である。

大洋州連合に留まった各植民地に対して暴動扇動や反政府勢力への武器給与などを行ない、停戦成立後も足元を揺さぶり続けている。名目上紺碧島司令官である瀬川泉の指示の元で行動しているとされるが、武装親衛隊やかつての戦友を敵に回した為か彼女の能力に翳りが見え始めていると噂され、実権はすでに紺碧島の幹部陣に奪われているのではないかと囁かれている。

機動兵器一覧


艦船一覧


戦術機一覧


兵器一覧


組織・部隊


その他