旗艦級戦艦 ベイオウルフ Beowulf

旗艦級戦艦 ベイオウルフ Beowulf

概要

大洋州連合宇宙軍が建造した試作型旗艦級戦艦の一つ。『宇宙における電撃戦』と称する高速戦艦・巡洋艦を主体とした強襲をドクトリンとする大洋州連合宇宙軍の方針に沿い、装甲を犠牲にして大出力の動力炉を搭載、巡洋艦をはるかに上回る高速巡航性能を得た高速戦艦である。艦隊決戦において雷撃戦を行う駆逐艦隊の指揮を行う役割を持つ高速戦艦型旗艦級戦艦として開発され、高速駆逐艦隊に過不足なく追随できる航行能力と指揮管制能力が重視されている。その反面、武装は強力とは言いがたい。

完成後は数々の試験を経て同型艦の量産が決定、そのまま技術開発局の管轄として繋留されていたが第13独立義勇師団『アインザッツグルッペン』の艦隊旗艦としてUPWに派遣。その後の暗黒星団帝国の侵攻に降伏した義勇師団に従って嘗ての友軍と砲火を交える数奇な運命をたどることになる。

外見

モデルはOOに登場するナイル級大型航宙母艦

艦隊構造

船体構造は長く伸びた艦首部分に艦載機用カタパルトと格納庫を保持し、半円形に近い艦尾部分に推進器や艦橋といった部分を集中させた独特の構造を取っている。

艦首部分と後方部分は大きく形状が異なっているが双方共に傾斜装甲理論に基づいた装甲形状と電磁シールド付きの複合装甲に守られている。最も、他の旗艦級よりも余剰スペースの問題で装甲は比較的薄く、防御力は低下している欠点を持つ。

ブリュンヒルトやパーシヴァルと同様にセンサーやアンテナが集中したモジュールは艦底部から貼りだした配置となっている。

機動兵器運用能力

機動兵器の格納庫は艦首部分の電磁カタパルト直下に直結する形で存在。カタパルトは上下に存在しており、同時に二機ずつ射出する事で迅速な戦力展開が可能となっている。搭載数は全15機前後と比較的少なめである。

武装

ビーム両用砲×4
船体後方部に装備された両用砲。事実上の主砲に当たる。両用砲としては大出力であり、砲撃戦を行うには必要十分である。

多連装超高速航宙魚雷発射管×6
船体下方に装備された対艦魚雷発射システム。魚雷は尾翼が折りたたみ式の大型フィールドエミッターとなっており、従来の航宙魚雷よりはるかに高速な最新型となっている。

多目的VLS×30
対空レーザー機銃×22

装備

半自律型統合式支援用AIユニット
多目的複合レーダーユニット
補助用複合センサーユニット
三次元式火器管制センサー
赤外線探査レーザー
新型複合装甲
ディストーションフィールド
センサー連動式指向性ビームシールド
統合戦術情報伝達データリンクシステム

推進器

相転移炉 3基
火器用補助動力炉 1基
新型熱核エンジン 6基

添付ファイル