掃討三脚戦車

掃討三脚戦車




概要


暗黒星団帝国で使用されている軍用車両である。
グラール太陽系攻略部隊の主兵力のひとつであり、多数が輸送艦によって運ばれた。


機体構造


細長い3本の歩行脚により、瓦礫だらけの市街地であろうとも活動出来る。
50mを超えるその巨体は20階建てのビルに相当し、強力なセンサーを高所に配置することで非常に広い
そのため対歩兵探知力にも優れ、パルチザンにとって非常に脅威。
基本的には被探知・交戦を避けることが推奨されるが、探知力の高さからそれが不可能な場合は対戦車兵器を集中投入することが必要である。

移動に地形は選ばないが、動きは若干緩慢で第3世代ASの機動力には追随できない。
ただしその分装甲は厚く正面と脚部装甲は厚く、一撃では装甲を貫通するには至らないことが多い。
背面装甲と関節部であれば歩兵の対戦車兵器でも通用するが、前述の探知範囲の広さと随伴歩兵の存在から実際に攻撃を行うのは困難である。


武装


主武装として車体上部に装備された1門の可動式大型光線砲がある。
この光線砲の砲身には、超磁性体関節ギア技術が用いられている。
多関節型の砲身がフレキシブルに曲がることで死角なく火力を指向できる。
光線砲そのものが大型であるため、1基の発射基を2本のアームで支える構造となっている。


[全高]
54m

[乗員]
8名

[武装]
可動式大型光線砲×1
3連装対歩兵・軽車両レーザー×5
多連装対目視・赤外線妨害スモークグレネード×2