三国志NET


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今も利用ユーザーが多い三国志を元にしたブラウザゲー。
様々なバージョンが存在する。

諸侯も現在やっていて、現役なん実ラジオDJやガガリアン
その他歴戦のラジオ関係者などを中心に国を築いている。


諸侯会議国(諸侯連合国)

君主:シュヴァルツ
軍師:マクスウェル
軍師:ボールペン卿
首都:合肥

小さな都市合肥から始まり、戦争の仕方などを知らない素人集団だった。
しかし、多くの戦いを乗り越え有数の超大国となった。

主な戦い

江夏の戦い : 連合国最初の戦い。奇襲という形で始まり、すぐに決着がついた。
            合肥・江夏・廬江・柴江の4つを手にし、後の地盤とした。


 ~東部征伐戦争~

建業攻略戦 : 敵国の想像以上の強さに苦戦しつつも、廬江を一度的に渡すことによって敵の補給線を延ばし
         反攻作戦を開始建業を占領した。

広陵制圧戦 : 建業攻略後、広陵へ兵を進めたが強い抵抗を受けつつも制圧に成功した。

下ひ攻略戦 : 広稜での戦いのあと、続け様に下ひを続けざまに攻めこれを制圧した。

呉統一戦 : 東部における最後の戦い。短期決戦となり、すぐに勝負はついた。
       これによって諸侯連合は中国の約1/4をしめる大勢力となった。


 ~南部解体戦争~

名言集


「すべては人の力、人間がいないければどうしようもない」
外郎攻略戦にてボールペン卿が口にした言葉。

「今から1時間後、
君らは諸侯連合国の武将として連合国史上最大の作戦をスタートすることになる。
"諸侯"という言葉は、今日新しい意味を持つ。
身分の違いを乗り越えて、一つの目的のために結ばれる。
今日はくしくも9月12日、これも何かの運命だ。
君らは再び自由のために戦う。
圧制や弾圧から逃れるためでなく、生き延びるためだ。
この天下に存在する権利を守るために。
勝利を手にしたなら9月12日は毛利さんがスペースシャトルで宇宙に出発した日であるだけでなく、
メガネが断固たる決意を示した日として記憶されるだろう。
我々は戦わずして絶滅はしない。
我々は生き残り、存在し続ける。
それが今日、我々が讃えるメガネの独立記念日だ!」
東部統一戦前のシュヴァルツの演説。

「俺、この戦いが終わったらステーキたらふく食べるんだ・・・」
諸侯連合国最後の決戦である南部解体戦争・長沙戦において、
仕官したばかりで初陣の柿崎はやおが呟いた言葉。
誰もがどうせ死亡フラグだろうと思ったが、
柿崎はステーキを食べたい一心で必死に落石を仕掛け、初陣を勝利で飾るのであった。
しかしその後、江夏に戻りステーキを食べようとした所を敵に攻められ緊急出撃。
ステーキを口にすることなく、あっけなく撃墜された。


その後(if)

柿崎はやおのその後

ある日突然、柿崎はやおは目を覚ましていた。
「なぜ?確か俺は死んだはずじゃあ・・・?」
“ステーキを食べたい”という未練が柿崎に与えた奇跡。
それは“ステーキを安心して食べる事のできる世界”を創造するという事への軌跡。
一度死んだはずの彼を突き動かすものは、
あの勝利の日に口にするはずだったサーロインステーキ・・・
依然止むことのない戦争の嵐。
その結果、食糧として乱獲される牛。
庶民は食べることのできないステーキ。
ステーキを食べずに死んでゆく子供たち・・・。
その全てが、彼を奮い立たせていた。
さぁ、立ち上がれ!柿崎はやお!
この戦乱の世を“ステーキ”というひとつの目標の元に納めるのだ!
全ての民が、安心してステーキを食べることのできる世界のために・・・
「俺は戦う!! そしてステーキをたらふく食べるんだ!!!」
しかしその後、滅んだ。
現在利用者なし。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。