第1回リアル諸侯会議


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『G7開催!君は諸侯の真の実力を知る・・・!!』



「リアルで諸侯会議してぇな」
今回のオフはそんな一言から計画された。
当初は9月にVIP藤本の住む富山でのオフになる予定だった。
しかし全員のスケジュールと距離の問題で10月の東京に集結することとなった。


10月10日(金)

藤本、サニックス村田梅岡の4人がベンゾウの待つ東京に向けて出発。
梅岡は会議の前にインディーズバンド『コマンドー』での活動があったため東京到着後ホテルで一夜を過ごす。
残りの3人は地獄のような夜行バスで一夜を過ごした。


10月11日(土)

早朝、藤本と村田が合流。
お互い初対面とは思えないように会話は続いたらしい。
さらにベンゾウが迎えのために登場し近くのマックで他のメンバーを待つことに。
ベンゾウが各諸侯に依頼していたご当地キティちゃんがプレゼントされ喜ぶベンゾウ。
妹にプレゼントするらしい。(実は東京でほとんど揃えちゃうらしいけど)
しばらくしてサニックス到着の連絡とボールペン卿がもうすぐ着くとの連絡が入る。
サニックスがいたのはなんとオシャレ貴族の聖地スターバックス。
このとき雨が降っていたのだが、 彼はオープンテラスで傘から微妙にズレた位置でコーヒーを飲んでいたために雨が本人とコーヒーの中に直撃していた。
このときサニックスは奇跡の男としての片鱗を見せていたのである。
その後、貴重な米輸送係であるボールペンとも合流。
梅岡は昼、国王に至っては次の日の夕方の合流予定だったので先にベンゾウハウスに行くことになった。
藤本とボールペンが分担で持ってきたwiiをセッティングし大乱闘スマッシュブラザーズXをプレイ。(数々の名言が生まれたのでそれについては大乱闘スマッシュブラザーズXの項目を参照)
マリオカートwiiに関しては「昔のwktk感が足りない」「見づらい」との意見からすぐに終わった。
その後、サニックスの 俺、ボンバーマン強いから の一言によってボンバーマン94大会が開催された。
しかし、サニックスは自らドクロをとる性病プレイやちょっとした凡ミスで自滅を繰り返し他のプレイヤーからフルボッコにされていた。
ボンバーマンに関しては村田が強く連続で勝ちまくり 『Mr.ボンバーマン』 の称号を得ていた。
ゲームが終わり、藤本の提案で今の様子をstickamで配信することになりカピパラさんのセックス配信(リンスで偽装したコンドームなども用意された)や顔晒し、ショートコント(サニックスが暴走し村田をレイプ(未遂)するなどの問題も発生)が行われた。
そんなことをしているうちに予定時間を大幅に遅れて梅岡が到着。
彼は待ち合わせ場所に仁王立ちで立っていた。
梅岡の合流後、夕飯の買出しに行き材料を揃えた一同は夕飯の準備にとりかかる。
ボールペンとベンゾウによって作られた『諸侯煮込み』はあまりのうまさにすぐになくなってしまった。
食後、近くの銭湯へと出向き長旅の疲れを癒す諸侯御一行。
ベンゾウハウスへ帰宅後、Stickam配信にてスマブラ大会とボンバーマン祭りが行われた。
ゲーム大会後は視聴者と諸侯の間で大喜利が行われ、特に『新しく地球にやってきたウルトラマン。その名前はウルトラマン○○』というお題に対して『ウルトラマンネガティブ』と答えた村田が視聴者の人気者となった。
他にも寝ながら問題を考えたサニックスの奇跡プレイやベンゾウの珍ボケも面白さを加速させた。
スーパーロボット大戦Wをやりながら「ゾンダーバリアが破れない」と嘆いていた梅岡が大喜利中に撃沈(寝た)、サニックスもそれに続き初日の配信は終了となった。
しかし、他の諸侯はこれで寝ることはできずベンゾウハウス周辺を散歩することとなった。
ベンゾウハウス近くの公園で童心に帰り(いつも帰ってる人もいるが)遊ぶ諸侯。
公園にとまっている原付と不自然に開いている公衆トイレのドアがハッテンの香りを匂わせていた。
怖くなった諸侯はコンビニへと逃げ、そのままベンゾウハウスに帰宅した。


10月12日(日)

国王参戦はこの日の夕方ということで国王が来る前にやることはやっておこうということで観光することになった諸侯御一行。
信濃町への突撃の予定もあったが(サニックスの希望)却下され、まずは浅草へ。
駒形堂(コマンドー)に行った後、そのまま雷門へと行きおみくじを引く一同(ちなみに藤本が凶を出し、直後にベンゾウが大吉を引いた)はおどけ神となったサニックスの大好きなスマートボールの設置してあるお店へと行きプレイをすることに。
しかしここで梅岡と村田がビギナーズラックを発動させる。
さらに梅岡の運気を吸い取った村田が経験者のサニックス以上に稼いだ。(ボールが盤を埋め尽くす勢いだった)
村田にMr.スマートボーラーの称号が送られることとなった。
その後、ラーメン屋で謎のおばさんにトイレを妨害されながら昼飯を済ませて秋葉原へと出向く。
諸侯によって例の事件の供養が行われ、一行はドン・キホーテへと向かった。
ゲーセンにて藤本のハウス・オブ・ザ・デッド4の2丁拳銃無双にドン引きしたり、ベンゾウの新フライパンを買ったりと楽しむ諸侯。
ネタ用の小物を買っているときにその事件は起きた。
「この仮面・・・俺に似合っているかなぁ・・・」
そこにいたのはあの有名な大作映画ダークナイトにて主役級の活躍をしているジョーカーさんであった。
ジョーカーさんは諸侯がダークナイトを知ってるかなんてもちろん知らない。
なのに彼は常に『ジョーカーさん』であり続けた。
あまりの出来事に驚き、諸侯はジョーカーさんを見失ってしまった。
一服した一行はm'sへと行く。
そこで藤本が試作品のオナホールに対して加藤鷹になり、客をドン引きさせる。
ベンゾウハウスへ帰るときに事件は起きた。
ジョーカーさんがアキバの駅前に現れたのである。
まさかのジョーカーさんとの遭遇に驚く一同。
ボールペンが先陣を切りジョーカーさんに写真撮影の許可をとる。
ジョーカーさんは言った。
「君たちは世界を変える」
「君たちはバットマンより強いビースト性を感じる」
その後、ジョーカーさんは某メガネショップを 「何とかしないと・・・」 と言い残し秋葉の町へ消えた。
しかし、本当に消防車が来たり、覆面パトカーが出回ったりと諸侯はそれに恐怖した。
(後日談ではあるが信濃町の某所で爆発があったりしたらしい)
買い物を済ませベンゾウハウス帰宅後、諸侯は3つのグループに分かれる。

料理を作るボールペン・ベンゾウグループ。
視聴者を楽しませるためにコマンドーを実況する藤本・サニックスグループ。
国王を迎えに行く村田・梅岡グループ。

そして大遅刻をやらかしたあの男がついにリアル諸侯オフに合流した。
そう、国王の到着である。

皆、国王を暖かく出迎え夕飯を食べることになった。
再び諸侯煮込み(増量)である。
そして今までのことを国王に報告し、大遅刻をやらかした国王の処刑準備へと移った。
大乱闘スマッシュブラザーズXの百人組手をやらせたのである。
しかし国王はトーシロ(素人)のため即座に撃墜。
おしりペンペンの刑に処された。
その後、国王を交えたスマブラ大会とボンバーマン大会がStickamによって配信された。
遊びつくした彼らは層化ネタで騒ぎまくり、ベンゾウハウスを出た。
諸侯カラオケオフが彼らを待っていた。
しかしここにも層化の罠が待っているとは誰も思わなかった。
店員が層化な人だったのである。
彼女の罠にハマり明らかに5人が限界の部屋にぎゅうぎゅうに押し込められたのである。
諸侯カラオケオフではとにかくサニックスが神としか言いようがなかった。
詳しくは諸侯カラオケ第1回参照。
これによって諸侯は一部を除いて全滅。
次の日もGaagle主催のカラオケオフがあるというのに・・・。


10月13日(月)

ベンゾウハウスへと満身創痍でたどり着いた彼らは国王の持ってきた牛タンで腹を満たしつつ再び行動を別にすることになる。
女帝を迎えに行く藤本。
サウナでホモるサニックス&梅岡。
その他一同。
そしてついに始まったGaagle主催のカラオケオフ。
メンバーはGaagle、諸侯、なん実、バルベルデなどから集められた著名人。
しかしこれは諸侯を潰すために行われた地獄のオフだったのである。
まず、とある筋からの情報で藤本と梅岡の暗殺計画が発覚。
さらにマスタード入りのシュークリームが梅岡を襲う。
恋のムラタ伝説による村田の撃墜などなど・・・。
諸侯はさらにボロボロになるがサニックスの大反撃で女性陣はドン引きした。
ある意味勝ったのである。
スパッツァーズの活躍や女帝の奮闘もあり、ズタボロながらも諸侯は助かった。
ボールペンと梅岡はカラオケの最中に離脱した。
カラオケ解散後は残った一部のメンツで飯を食い、ゲーセン巡りなどをした。
エドモンド本田使いの国王の勇姿などが見れた。
なんだかんだで諸侯一同はあっさりとバイバイした。
それはまたいつの日か会えるという確信があるからだろう。
きっと近い日にまた巡り会える。

そう俺たちは諸侯なのだから。


第1回リアル諸侯会議レポート完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。