第7話【亀裂】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デズム「バーキンス殿、何のつもりだ」
ハロルド「お前にはここで死んでもらうぜ!」
デズム「マルス殿の差し金ではないな。自分で企てたのか?いや、違うな・・・お前にここまで大胆な行動は起こせない・・・となると・・・」
ロフ「そうだ、デズム・リーゲル。この私だ」
デズム「ロフ・シュトーレン・・・!」
ロフ「平民風情がお嬢様と結婚だと・・・?笑わせてくれる!マルス様の片腕である私こそがふさわしいのだ!!」
ハロルド「待てよ!俺だってお嬢様を・・・!」
デズム「笑わせてくれるのはどっちだ?私情に駆られ、色恋沙汰でこのような行動を起こすとは・・・」
ロフ「ふん、マルス様は病気で狂いなされたようだ。でなければ中立を保とうなどと言うはずもない!お前を倒した後にマルス様も一緒に殺す」
ハロルド「ま、待てよ。ロフ?話が違うぜ・・・?マルス様を殺すって・・・」
ロフ「貴様は私の言うとおりに動けばいい!」
ハロルド「くっ・・・」
デズム「皆!一気に奔れ!フェーナに入ればこいつらは追っては来ない!!」
ロフ「デズム!その少ない護衛でこの人数から逃げれると思うなよ!」
ハロルド「お、俺は・・・」
ロフ「ハロルド!!デズムを追え!!でなければこの国は奴に乗っ取られる!!」
ハロルド「チックショオオオオ!!!」
ロフ「弓隊!放て!!」
ヒュンッ!ドスッ!
デズム「しまった!馬が!!」
ハロルド「デズム!もらった!!」
ガキィン!!
リバティ「デズム様!早くお逃げください!!」
デズム「リバティ!」
リバティ「私の馬をお使いください!!」
デズム「リバティ!待て!!早まるな!」
リバティ「あなたの命は・・・」
ロフ「弓隊!放てえ!!」
ドスッ
リバティ「がふっ・・・」
デズム「リバティ!!!」
リバティ「私はもう駄目です・・・ですがこの命尽きるまではあなたを逃がすことにすべてを賭けます!!」
デズム「・・・すまん!リバティ!!」
ハロルド「待て!デズム!!」
リバティ「行かせるかぁああ!!」
キィンッ
ハロルド「くっ・・・」
リバティ(デズム様・・・どうか生き延びてください・・・そして皆が平等に暮らしていける世界を・・・築いて・・・)
ロフ「早く殺せ!!!たかが1人に何故梃子摺るか!」
ハロルド「何がこの男をここまで・・・」
ロフ「弓隊!何をしている!早く放て!!」
ハロルド「待て!ロフ!!・・・死んでる」
ロフ「デズムを・・・逃がしたのか・・・」
ハロルド「・・・」
ロフ「なんということだ・・・これでは奴に侵略の機会を与えることになる・・・だが終わらせはせん!」
ハロルド「どうするつもりだ?」
ロフ「さっきも言ったはずだ。マルスを殺す。政権さえ掌握できればデズムに対抗できる!!」
ハロルド「・・・」
ヒュン
ロフ「ハロルド!ボケッとしてないで・・・ぐふっ!!!」
ハロルド「・・・」
ロフ「な、何故だ・・・ハロルド・・・」
ハロルド「デズムがこの国を支配することは腹が立つ・・・だがお前がしようとしてることも腹が立つ!」
ロフ「愚か者がぁあああ!!」
ズバッ
ハロルド「・・・どちらにしろ俺はもうここにはいられんな・・・おい!お前らもこのまま反逆罪で死にたくなければ俺と来い!」

フェーナ領 デズム・リーゲルの館

デズム(すまない・・・リバティ・・・俺が軽率だったばかりに・・・すまない・・・!)
ビート「デズム!アレクセイで何があった!」
デズム「・・・ビート、俺はアレクセイも治める」
ビート「どういうことだ!?アレクセイと戦うのか!?」
デズム「違う・・・俺はヴォルフラム家の婿となる」
ビート「お前・・・それを勝手に決めて・・・」
デズム「こうするしかない」
ビート「お前・・・!!」
デズム「リバティもこの縁談が破談すれば無駄死にになる!」
ビート「だがデズム・・・アルカはお前のことを・・・」
デズム「・・・アルカのことはすまない・・・けど俺には・・・」
ガシャン
デズム・ビート「!?」
アルカ「あ・・・」
ビート「アルカ・・・お前・・・」
アルカ「私、何も聞いてない!!」
ビート「アルカ!待て!アルカ!!」
デズム「・・・」
ビート「何故相談してくれなかったんだ・・・」
デズム「すまない・・・」
ビート「・・・デズム様」
デズム「ビート?」
ビート「今日この日よりあなたの親友ビート・ゲットバック・ハリスンは死にました。ここにいるのはフェーナ領領主デズム・リーゲルの臣、ビート・ゲットバック・ハリスンでございます・・・!!」


第7話【亀裂】完
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。