藤田


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エアリアル・ドナルドの名で知られるラジオDJ。
空気を悪くする凸にかけてはトップレベル。
高校生1年生でVIPで「ゆとり」の名を冠したラジオを配信していたが現在は実生活が忙しい様子。
諸侯会議創立のきっかけになった人間。
メガネの相方。



※諸侯の始まり※
彼を「歴戦のラジオDJの兵(つわもの)でスカイプの会議通話に出迎えてやろうぜ」というコンセプト、
そして「それなら名前も中学生(当時)なんだし俺らも名前を中二病っぽくしよう!」ということで
諸侯たちが誕生した。


※本名流出事件※
ある日、藤田が自分の学校の先輩がいる中(文化祭の準備をしていた)で諸侯たちに会議通話を要請。
面白がった先輩たちと諸侯によって藤田の本名が流出(後に本人による自作自演と判明)し、
諸侯たちによって広められた。


※mixi本垢バレ事件※
シュヴァルツが藤田ラジオに凸しmixiの話題になる。
そんな中、藤田がmixiのアカウントを2つ持っていることが判明。
シュヴァルツの必死な捜索により藤田のアカウントが割れる。
しかし流出は抑えられた。
ちなみに藤田のmixi本垢は未だに生きている。


※静代事件※
ベンゾウラジオにてシュヴァルツとともに凸をした藤田だったが、
そこにベンゾウラジオで大人気を誇る凸者静代が登場。
滅多に凸に来ないレアキャラなだけにリスナーのテンションはMAXに。
シュヴァルツが空気を読んでネタや発言を控える中、静代を押さえ込んでネタをする藤田。
その行為にリスナーがブチキレる。
それにより静代は「タイミングが悪かったみたいね」と落ちてしまい
藤田はリスナーたちから集中砲火を受ける。
さらにその流れをおいしいと勘違いした藤田は調子に乗る始末。
結果、シュヴァルツが藤田の手を引いて退場した。


※7人目の諸侯誕生!?※
諸侯会議に7人目の諸侯であるビート=ゲットバック=ハリスン(梅岡)が加わった頃、
退屈していた諸侯たちの前に久しぶりに藤田が現れる。
藤田は7人目の存在を知らない様子であり、これにより彼を釣る計画が実行された。
その計画とは『藤田を諸侯の7人目として迎え入れるもの』であった。
もちろん諸侯は誰1人として藤田を諸侯に入れる気もなく発言も注意を払った。
藤田本人はその曖昧な表現をポジティブに受け取り、自らを『ビート=ゲットバック=ハリスン』として
諸侯たちに盛大にアピール。
しかし、直後に本物のハリスン(梅岡)が現れ混乱する藤田。

「寂しいだろ・・・」
「ダイソンで買った掃除機は大損(ダイソン)」などの名言を残し落ちていった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。