用語説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語説明


ここでは次世界戦記RPG独特の用語を説明していきます


遺跡

この惑星の地下に存在している謎の建造物。さまざまな情報・技術・資源がそこに存在している。遺跡は世界のさまざまな場所で発見されたが、オリジン以外にはどれひとつとして同じ情報を持ったものは存在していなかった。

オリジン

すべての遺跡の情報・技術・資源が集まっている遺跡。西暦2056年に大阪で発見された。これの存在が第三次世界大戦の引き金となった。

第三次世界大戦

通称『遺跡戦争』。大阪にある遺跡の処遇をめぐって日本と国連の意見がわれ、オリジンの情報を独占しようとした某国が日本に先制攻撃を与えて始まった戦争。開戦から数十年たった今でも停戦の気配は見えない。