「チームおは天」の歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年10月28日
ビルの管理を生業とする会社員「ひろぴ」が、普段から閲覧している
天気予報サイト「ウェザーニュース」に出演しているキャスターのひとりが
環境問題について真剣に考える個人ブログを展開していることを知り、
そのブログに共感して彼もブログを始める。

2007年11月2日
「ひろぴ」は、そのお天気キャスターのがんばりをサポーターとして何か
支援できないかと、12月の週末にキャスターたちの勤務するスタジオ
(千葉県)周辺のごみ拾いをしようと計画する。ここに
おは天サポーターズ環境サークル」が立ち上がる。

2007年12月4日
グループ名を「チームおは天」に改名

2007年12月9日
ついにごみ拾い計画が実行に移される。参加者は「ひろぴ」を含めて3名。
しかし、たくさんごみを拾うことが出来て、キャスターもスタッフも
喜んでくれる。

2008年2月上旬
「ひろぴ」がブログを始めるきっかけとなったブログが突然閉鎖される。
しかし、めげずにチームの活動は継続される。

2008年2月10日
チームの活動を全国に展開しようと、チームの主要メンバーが
福岡で会議を行う。

時期不明
かねてから、電気の節約に関するブース出展で大学生とコラボレーションしたい
という思いがあったことを知った東京理科大学の学生が、「ひろぴ」に
「みらい研究室~科学へのトビラ~」という名前の、学生サークルの研究発表会に
出展しないかともちかけたところ、「ひろぴ」は快諾。

2008年6月7日-8日
東京・台場の日本科学未来館で、「みらい研究室~科学へのトビラ~」が行われる。
2日間の来場者数はのべ約3000人?