【作品名】 無限のファンタジア
【ジャンル】 PBW(プレイ・バイ・ウェブ)
【名前】 ブックドミネーター in ドラゴン界
【属性】 ドラゴンロード
【大きさ】 頭部から尻尾の先まで約3km程のドラゴン
【攻撃力】 自身は攻撃しない。蒼氷復活やフリージング・タイム・ゲートで出現した者頼り。
【防御力】 一般人の10倍程度の攻撃力を持つ冒険者の10倍の攻撃力を持つドラゴンウォリアーの
     2500人分のダメージをくらうと死ぬ。
     毒・出血・呪痕・魔炎・魔氷・マヒ・拘束・恍惚・踊り・消沈・眠り・封術・混乱・
     怒り・魅了・吹き飛ばし・不幸・アーマーブレイク・アンチヒールに耐性。
【素早さ】 基本的に自分は直接戦闘をしないので動かない。相手の攻撃も避けない。
     上記行動方針の為、反応速度を測るのは難しいが、大きさ相応として扱う。
【特殊能力】
 ドラゴン界:直径10km程の球体空間。基本的にドラゴンロードはその中に居る。
      ドラゴン界そのものの移動は不可。異空間に飛ばされてもドラゴン界を発生させれば生存可能。
 放逐能力:望むだけで、いつでも何体でも、自分のドラゴン界から任意の対象を放逐する事が可能。
      ただし、ドラゴン界内に『魂の石』がある事が条件。奪われたりすると使用不可になる。
 蒼氷復活:ブックドミネーターの敵が過去に戦った相手を、蒼氷を纏った姿で出現させる。
      対象の生死に関係なく出現させられる。
      1時間前の○○、2時間前の○○といった様に、同一人物を複数同時に出現させる事も可能。
      ゲーム中では同一人物も合わせて20数体を同時に繰り出してきたが、限界数は不明。
      出現した者は自我を持ち、特にブックドミネーターの命令に従うわけではないが、
      敵である為、ほとんどの場合はそのまま相手に襲いかかる。
      帆船で一ヶ月ほどの距離にある別の大陸からでも使用可能。
 フリージング・タイム・ゲート:ドラゴン界に侵入者が現れた時点で自動発動。
      侵入者にとっての『歴史の転換点』を再現し、その歴史上の敵を出現させる防御結界。
      出てきた敵を倒せばクリア。それが3回続く。
      この結界内で実際の歴史とは違った行動をとると、結界解除後に歴史そのものが改変される。
 秘法・時間凍結:攻撃を受けた未来を拒否する事で、攻撃を受ける前の自分を維持する事が可能。
      物理的なダメージはもとより、精神攻撃などにも有効。
      仮に洗脳されても、洗脳されたという歴史を書き換えて、無かったことにしてしまう。
      唯一『自分が死亡した未来』だけは拒否出来ないという弱点を持つ。
      ゲーム中では、自身の耐久力を上回る攻撃を一度に受けて死亡している。
【長所】 生存に食事や睡眠を必要としない。不老不死と言及されているので寿命は無限。
【短所】 時間凍結の弱点を把握しておらず、自分の防御は完璧だと思い込んでいるので、
     相手の攻撃を避けようとしない。
【戦法】相手がドラゴン界に入ればフリージング・タイム・ゲートが発動する。
     蒼氷復活を使っておく。
     相手がフリージング・タイム・ゲートを突破してきたら放逐能力発動。
     相手がドラゴン界の外に出たら、また蒼氷復活で敵の敵を増やしていく。
     相手がドラゴン界に入ってきたらフリージング・タイム・ゲートが発動する。
     基本、この繰り返し。
【備考】敵の親分格。世界に7体か8体いるドラゴンロードの中の1体。

【用語】
 PBW:PBM(プレイ・バイ・メール)の発展形。ぶっちゃけると、なりきりゲーム。
 ドラゴンウォリアー:スーパーサイヤ人みたいなもの。
 魂の石:ドラゴン界内に9個あり、1個でも欠けると放逐能力が使用不可になる。
 蒼氷:青い氷。特に意味はなさそう。