【作品名】ドラゴンクエスト5 天空の花嫁
【ジャンル】小説
【名前】ゲマ
【属性】内なる闇(各個人における黒歴史のようなもの)の集合体
【大きさ】長身の人間相当か
【攻撃力】眩術:特殊能力参照

     激しい炎:鍛えた成人男性を灰にするほどの火力を誇る
     範囲は数メートル程度で、速度は炎よりも遅れて炎の音が聞こえる程度

     死神の鎌:これで斬られた者の魂は永遠に地獄をさまようらしいが、実行していないので考察不可か
【防御力】ある程度鍛えた小学校低学年相当の攻撃を受けても無傷
     (攻撃した側は手応えすらないらしい)
【素早さ】大きさ相当か
【特殊能力】通常時は不可視(幽霊を見ることが出来た人間にも見えない)で、任意により姿をあらわすことが出来る

      眩術:見るもののこころを覗きこんで、さまざまなおぞましい恐ろしい姿をしてみせる
      描写から見て、基本的に常時発動で、任意で発動を取りやめることが出来ると思われる
      仲間モンスターにも効いているため、人外にも有効と思われる
      範囲は広く見積もっても20メートル前後相当か
【長所】常時発動の眩術
【短所】真面目に戦った描写がない
    眩術と現実の違いが分かりにくすぎる
【戦法】不可視状態で参戦、眩術を使用しつつ激しい炎連発
【備考】上巻のラスボス
【補足】
  • 作中で眩術を喰らった者の反応
 ピエール(頭に騎士の目を生やしたスライム):養父であるソルジャーブルとその部下の魔物達が
壁から無数の手を伸ばし、引きずり込もうとする
 プックル(大型のネコ科の魔物):足元が氷水になっているが、足裏にはどろりとした液体がくっついていて
しかもすっぱい雨がしとしとと降って全身を濡らし、思わず走り出そうとしたら後ろ肢を何かにつかまれ
水の中に引きずり込まれ、なんとか鼻面だけを水面に出しているが、そこにも容赦なく雨が降り注ぐ
 アンクル:幾百万もの微細な魔烏につつかれる
 リンガー(剣を持った竜の魔物):流砂の床でもがく
 マーリン(魔法使い):巨大な血走った目玉と相対した
 ロッキー(岩の魔物):溶岩流に追われる
 ジュエル(宝石の魔物):投げ上げる宝石が片っ端から何かの糞になり、その様子を見てジュエルは失神した

  • ゲマについて
 描写上、ゲマは「世界じゅうのひとがうっとおしがって、恥ずかしくて、怖くて、汚くて、悲しくて、一切なかったことにしようと決めて
忘却の闇におしやってしまったもの」の集まりであるため、少なくとも「自分自身の闇を自分自身で処理する勇気を持つ」者
および上記の感情を持たない相手には眩術は効かないと思われる

62スレ目
80 :格無しさん:2009/05/17(日) 11:20:22
ゲマ

○>木崎>劉豪軍>火雲邪神>ロベルタ:常時の眩術から激しい炎勝ち

×>曹操軍:軍勢多過ぎ 火神の計で負け
×>志々雄真実:めくらうちの大砲とバルカンとかで負け
×ウェイトリィ :眩術の範囲内だがこっちも相手が見えない。潰され負け

ゲマ>木崎>劉豪軍>火雲邪神