【浅黄香夜】


【作品名】 イスカリオテ
【ジャンル】 ライトノベル
【名前】 浅黄香夜
【属性】人外 四階位<獣>(べスティア)
【大きさ】40m程度の蛾
【攻撃力】
『糸』:一本あたり10ナノメートルほどの極細の糸を無数に展開し周囲を切り裂く。
   現代兵器以上の威力を持つ奇跡の付与された砲弾を逆に切り裂くほどの威力。
   翅から豪雨のように糸を半径数十mに渡って放ち地面をコマ切れに裁断した。
   津波に見えるほど糸を大量に放出して暴れ回れる。
   極細の糸(10ナノメートルなので通常視認不可)を素早く対象に体内に潜らせ
   内側から肉体を裏返す攻撃を得意とする。
   糸の射程は百数十mのタワーに縦横無尽に張り巡らせることが可能なため
   500m以上は伸ばせるものと思われる。

【防御力】体は『糸』を紡ぐことで構成されているため解して散ったり
再構成したり分身を盾にしたりも可能。
<獣>(べスティア)なので対地ミサイル、燃料気化爆弾も無効。
現代兵器の威力がいくら高かろうが食らった次の瞬間には再構築によって
復元するため奇跡の付与無しにダメージを与えることは不可能。
『再構築』:<獣>の持つ常時再生能力。空対空ミサイル10数発の
       攻撃で外皮が焼け爛れるも瞬時に再生。

【素早さ】飛行速度は先行するジョット戦闘機に追いつく程なので音速位。
数百mからマッハ2を超える砲弾1000発を不規則に軌道を変えられ
縦横無尽に放たれたがその全てを寸前で正確に『糸』で切り裂いた。
自身のマッハ2超の糸を剣で受けながら戦える相手と糸で近接戦闘しつつ
二丁のサブマシンガンで自身の糸を精密に狙ってくる相手にもある程度対応可能。

【特殊能力】「喪神現象」:精神汚染。直視したものは強力な精神力・信仰心が無ければ
その場に崩れ落ち意識を失って記憶障害が発生する。<獣>の纏う『世界の歪曲』
に人間の認識がついていけないため人間の認識が崩壊する現象。
鍛えられた対<獣>特殊部隊隊員達が残らず白目をむいて昏倒した。

【長所】喪神現象による精神汚染。糸の内部進入攻撃。
【短所】若干防御が心もとない。
【備考】2巻ボス