【レムル・レムル】


【作品名】赫炎のインガノック
【ジャンル】幻想閉鎖都市ADV
【名前】レムル・レムルwithラウダトレス
【属性】《奇械》と同一のものと原始の《奇械》
【大きさ】少年相応のレムルと全長3mのラウダトレス
【攻撃力】
大きさ相応
【防御力】
レムルもラウダトレスも生まれなかった可能性に過ぎないため物理無効
奇械を持つレムルには聞いた相手を発狂させるクリッターボイスが効かない
【素早さ】
銃弾の雨を回避できると思われるアティ以上の俊敏性を持つ重機関人間以上だと思われる
【特殊能力】
《奇械》は不滅らしいので寿命は無いと思われる
レムルの動作を見るだけで動くことができなくなる
人間が変異した猫娘みたいな奴にもきいた。

ラウダトレス:レムルの《奇械》。スタンドのようなもの
       4本の腕が生えており、そのうちの一本が《善なる左手》になっている
《善なる左手》:対象の過去を無限再生させ、対象の“耐えきれない現在”を無限増殖させる力
        肉体と精神を変容させるこの力にあらゆる知的生命は耐えることはできない(精神攻撃×2+肉体変容)
        手の長さは1m~2m程
        避けたとしても周囲の空間ごと“現在”を増殖させるらしいが範囲不明
        レムルの左手も《善なる左手》だと思われる
【長所】公式で最強の《奇械》所有者
【短所】糞ガキ、主人公に瞬殺される、レムルとラウダトレスは緒で繋がっており切られると
ラウダトレスは消える(レムルは普通に生存している)
【戦法】《善なる左手》で触れる
【備考】
主人公と敵対しており、陰険な嫌がらせをしたり殺そうとした

《善なる左手》が精神攻撃×2の根拠
主人公は大脳の変異及び所持している《奇械》のために解析能力を有している
その主人公がラウダトレスの全てを解析し《善なる左手》は誰にも耐えることができないと判断している
主人公は相手の精神を破壊するクリッターボイスを聞いても無事なため、クリッターボイス
に耐える主人公に効く《善なる左手》となり精神攻撃×2


70スレ目

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 15:57:13 ID:0WCVZP8u
レムルレムル

×超ベジータ(超サイヤ伝説):速すぎるギャリック砲負け
×怒号のレイチェル:速い。雷光波負け

○>ヤッサバ=ターンX(ガンダム無双2)=伝説巨神>クルーゼ
:物理無効だし相手はこっちの動きを見て行動不能 

こっから↑は速度が違い過ぎるやつ等が増えるのと
あまりに射程が短い関係で勝率維持不能。


怒号のレイチェル>レムルレムル>ヤッサバ