【作品名】斬魔大聖デモンベイン
【ジャンル】ラノベ
【名前】ティトゥスwith皇餓
【属性】鬼械神
【大きさ】おおよそ50mほどの人型ロボットタイプ
【攻撃力】
二刀の剣:二刀流の剣を持ち、空間を切り裂くことが出来る。
     普通に斬るだけでも半径100mを荒野に変える砲撃で無傷の50m級ロボットを軽々切り裂く。
     世界を破壊するほどの衝撃を起こしても無傷なリベルレギスの装甲を切り裂くデモンベインの偃月刀とまともに打ち合える
【防御力】大きさ相応のロボット並み
     80m級のロボットを用意に破壊する砲撃を二刀の剣で斬り払って防御できる。
     中の人は常人発狂より遥かに上の正気が漂う場所でも問題ない為、精神耐性有り。
     足を踏み入れるだけで体が腐敗するような場所でも大丈夫。
【素早さ】一瞬で数km踏破する攻撃を四方八方から打ち込まれても回避、迎撃できるデモンベインを接近戦で圧倒する戦闘速度。
     移動は大きさ相応か。大体4・50mほどジャンプでき、空中でも同様に戦える。
【特殊能力】空間を斬り裂くことで次元移動が可能
【長所】空間斬り裂きによる斬撃
【短所】防御力が薄い、蹴りに耐えるくらいしか描写がない。
【備考】普通に敵側。主人公とも戦ってる
    アンチクロスは小説だけだと描写が少なすぎる為、描写は少ないけどこいつが一番マシになるという。