【白色彗星】


【作品名】宇宙戦艦ヤマト
【ジャンル】アニメ
【名前】白色彗星
【属性】人工の巨大彗星
【大きさ】直径6600Km
【攻撃力】超重力エネルギーを持つ高速中性子のガス雲で地球を軽く破壊可能。(設定)
     ヤマトの観測からその影響範囲は7万Km(惑星破壊クラスの範囲と思われる)
     当時の地球艦隊以上の前衛艦隊を有している。
【防御力】基本的に攻防一体型。
     ヤマトの波動砲以上の破壊力を持つ、アンドロメダの拡散波動砲を含む合計36発の
     波動砲(一発あたり月破壊クラス)の同時一斉発射でもガス体は無傷。
     ただし、TV版ではアンドロメダ級10隻以上を含む更に強力な、
     地球艦隊の波動砲の一斉発射によってガス体が取り払われたので、
     最大でも惑星破壊の数倍程度が上限と思われる。 
【素早さ】23000光年を46日で移動。(光速の18万倍)
     描写上、移動状態から静止まで1~2分なので加速も同程度と予想。
     小回りは効かない。動き出したら進路を変えるのは数時間かかる模様。
【特殊能力】ヤマトの1/10くらいの能力を持つ宇宙戦艦を大量に発進可能だが省略。
【長所】7万Kmにも及ぶ全方位常時発動攻撃。
【短所】渦の中心核。作中ヤマトがココを波動砲でピンポイントで狙ってガス帯を破壊した。
    ただし、以下の条件が重なっての事なので、実行に移すのはかなり困難。
   A:弱点の存在をデスラーが教えた。(地球人は誰一人この弱点に気がつかなかった)
   B:白色彗星が地球手前で静止したから発見できたにすぎなかった。
   C:静止してる白色彗星の前面にワープで現れて、波動砲を撃てたので可能。
   D:最低限波動砲(月破壊)の威力が必要。
【備考】彗星内部には小惑星をくり抜いた15Kmの都市衛星。その内部には12Kmの巨大戦艦と言う
    3重構造になってるのだが、彗星状態ほど強くないから考えなくていい。
    ワープも出来るのだが、通常航行とさしてかわらない速度。
    地球側は数万光年先から観測し続けながら、地球の手前1光年でワープした時
    「消えた」と言って大騒ぎした。再出現するまで(現れたのは土星近辺)数時間かかってる。
    「さらば宇宙戦艦ヤマト」(映画)「宇宙戦艦ヤマト2」(TV)のラスボス。
    最終段階の巨大戦艦は、映画ではヤマトの特攻。TVではテレサの特攻で破壊された。
http://goronka.tirirenge.com/works/w_UchuSenkanYamato.html#tsh


まとめ
【名前】白色彗星
【属性】人工の巨大彗星
【大きさ】直径6600Km
【攻撃力】超重力エネルギーの高速中性子ガス雲で地球を軽く破壊可能。
        自身の性質なので任意発動ではなく常時発動。範囲は7万Km。
【防御力】一発で月破壊級の波動砲36発の同時一斉発射でもガス体は無傷。
  惑星破壊の数倍程度なら平気
【素早さ】移動速度は光速の18万倍。小回りは効かず進路を変えるのに数時間かかる
【長所】全方位常時発動攻撃
【短所】渦の中心核を月破壊級の威力で狙われると破壊される




6スレ目

218 名前:11 ◆5JDwmOGBeo [] 投稿日:2007/09/02(日) 10:29:55
白色彗星を自己考察。

○デビルガンダム:常時発動惑星破壊勝ち。
○ビッグ・モーラ:常時発動惑星破壊勝ち。
○ギガエンドラ:常時発動惑星破壊勝ち。
○ザイダリア:常時発動惑星破壊勝ち。
○デス・スター:常時発動惑星破壊勝ち。
○鬼丸猛:常時発動惑星破壊勝ち。
○ゴーヤーン:破壊範囲の7万Kmを100秒以内で移動するにはマッハ2000以上が必要。つまり勝ち。
□ゴア:戦闘機が壊れればいいのだが、中性子も無にできるか?判断保留
○絶対神ン・マ:常時発動惑星破壊が食うより先に当たる。防御力不明だから勝ち。
○メガヨルムンガルド:相手の攻撃力不足。弱点撃たれる前に勝てるだろ。
×大魔女グランディーヌ:物理無効は無理。弱点撃たれて負け。
×スノー・カグヤ:凍結負けか。
○ティア=マトゥ:無限再生に追い込める。つまり勝ち。
△ブラックホール:移動力からして吸い込まれない。お互い手が出ないので分け。
×ナイトファイター:堅いので負け。
○さっちゃん:常時発動惑星破壊勝ち。
×天魔大帝:大きすぎて負け。
×エグゼリオ変動重力源:無理負け。
×クロミ:無理負け。

こういう場合のランクが難しい。
ナイトファイター>白色彗星=ブラックホール>ティア・マトゥ

かなあ?

219 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/09/02(日) 10:33:34
218
グランディーヌ>白色彗星>メガヨルムンガルド
勝敗が間違って無いなら位置は↑