【作品名】ウィザーズ・ブレイン
【名前】マリア・E・クライン(レノア・ヴァレル)
【属性】時空間制御特化型情報制御能力者「光使い」
【大きさ】成人女性並。
【攻撃力】成人女性並。
【防御力】白い外套(最高レベルの防弾・防刃・耐熱使用の特注品で偏光迷彩で着用者を透明に見せる)を
      空間制御と併用し、常人は発見不可能。(空間制御を認識できない相手には見つからないだろう)
【素早さ】I-ブレインを所有し、反応・思考はナノ秒単位。情報の書き換えはナノ秒単位(能力使用)
      戦闘中は常に攻撃を予測している。また頭にこのデータは記憶しておけるから予測精度は上がっていく。
      背後に移動した光速の90%で移動可能な者が百ナノ秒だけ思考を中断している間に、そいつを発見して「Lance]で攻撃した。
【特殊能力】
 時空間制御:自分の周囲の四次元空間を捻じ曲げる事で、重力を操って空を飛び(光速の90%の十七倍の速さの衝撃波を撒き散らす
        斬撃を余裕で回避)、「Lance」「Shield」を任意に展開する。
        自分の周囲空間(3~4mくらいか)しか操作できない。故にD3と呼ばれる特殊装備を使用する。
        質量の存在に付随する空間曲率の変位として世界を認識し、戦闘に余計なノイズは遮断する。



 「Lance」 :局所的閉鎖空間を作製し、その中で原始・分子・光を加速して、荷電粒子砲の如く打ち出す。
         作中での射程は数百mで、チャージは一瞬(娘談)で終了。発射を目視した瞬間に着弾。
         強化コンクリートが数十センチに渡って溶解した後、爆発した。祐一の騎士剣を溶解させた。
         対艦隊戦用なので、参考の装甲程度は打ち抜けるかと。
 「Shield」:周囲空間を歪曲する事で、相手の攻撃を逸らす。「Lance」との併用は不可。
       作中では対象の論理構造をハッキングし、存在情報を消去することで物理的には原子、分子単位で分解する能力を除いて
      「Shield」を突破した攻撃は無い。

【長所】ナノ秒反応、亜光速攻撃、空間歪曲防御、高速飛行、目視不可能と五拍子揃った素晴らしいお方。
【短所】近距離戦闘が不可能。「Shield」が無いと防御が紙。自己領域には反応できなかった。
【戦法】自身は「Shield」を展開して、D3で攻撃するのが基本戦法。
     開始直後に六個のD3で「Lance」を発射しながら自身は上昇しつつ距離を取る。
     残った六個のD3は相手の様子に合わせて、「Lance」か「Shield」を使用する。
     (一度に全D3で攻撃して、その時相手の攻撃でD3が破壊されると、攻撃手段が無くなる為)
【備考】迷彩と空間歪曲を併用して透明化していて、「Lance」のチャージ開始状態で参戦。
 I-ブレイン:生体コンピュータ。外観は「異常に皺の多い5センチほどの脳組織」。大脳四六野のすぐ隣に存在する。
       個人差があるが、演算速度は10万ビットクラス量子コンピュータの数百から数千万倍。

【参考】
【名前】HunterPigeon
【属性】150m級高速機動雲上航行艦
【大きさ】150m
【防御力】北極の氷の大地に直径数十mのクレーターを作る水蒸気爆発以上の威力の攻撃で無傷
http://www26.atwiki.jp/ranobesaikyou/pages/697.html
http://www41.atwiki.jp/goronka/pages/76.html





vol72
342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 01:28:50 ID:zgUE1FTV
マリア・E・クライン(レノア・ヴァレル)
って敵?


343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/23(金) 01:30:49 ID:vo0/CQ24
あの巻の主人公たぶんディーだろうから
敵だと思うぞ


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/04/08(木) 19:22:24 ID:W6VvcxmW
マリア・E・クライン 考察
亜光速の壁から


○神野亜零 認識切断には割り込める。一方的に攻撃し続けられるので優勢
○黒セイバー 削り続けて勝ち
△うちはイタチ 不可視なので相手の精神攻撃にはかからない。回避され続けて分け
○ヴァルター・ディートリヒ 不可視なので(ry Lance勝ち

ここから上には相手の戦法通りやられる。
神取>マリア・E・クライン>ヴァルター・ディートリヒ