【絶対神ン・マ】


【作品名】魔法戦隊マジレンジャー
【ジャンル】特撮
【名前】 絶対神ン・マ
【属性】 絶対神
【大きさ】 56m
【攻撃力】 触手で攻撃
      ・複数の触手をムチのように振るいマジレジェンドに致命傷を与えた。
       最大射程距離は約150mで、マジレンジャーがまるで反応できなかった。
【防御力】 山脈破壊級の攻撃に余裕で耐えるマジレジェンドを1発で倒した攻撃を
      受けて吹っ飛んだもののほとんどダメージを受けていない。
【素早さ】 戦闘速度はスレイプニル以上。マジレンの約500m先から一瞬でマジレンを通り過ぎ
      空の彼方(肉眼では見えないぐらい遠く)に消える位のスピードで飛行可能。
      次元移動能力もある。
スレイプリニル:マジレンジャー5人がかりでも手も足も出ず「速すぎて見えない」とまで言わしめた
冥府神ワイバーンの攻撃を軽く捌き、逆に必殺技を当てる事のできるウルザードファイヤーと互角。
 マジレンジャーはライフル弾が厚さ約5mmの鏡を通過する瞬間を狙ってその鏡の中に入れるぐらいの反応速度
 鏡までの距離は約2m(このシーンにおける鏡は異世界と地上を繋ぐ出入り口だった)
【特殊能力】 ン・マはどんな物でも喰う事ができる。
        喰うと言うよりは口に吸い込むと言った感じ。
        劇中では剣による物理攻撃も破壊力を喰う事で無効化した
        さらには地球の時間をも喰った。具体的に何年分の時間を喰ったのか正確には計りかねるが
        ビル等の建造物が風化し地形が全く変わっていた(平地に山ができる等)事から
        相当の時間を喰った事が伺える。
        本人曰く空間ごと相手を喰う事も可能
        相手の精神力を喰う事で戦意を喪失させる事もした。
【長所】喰うだけだがそれが強い。
【短所】 無限の破壊力を持つ魔法だけは喰い切れなかった。
【備考】 本人曰く、人が絶望していく時の感情が1番美味いらしい。だから専らすぐには相手を殺さず、嬲り殺しにする。
【備考2】「喰う」能力をまとめると一度に喰える(吸い込める)範囲は惑星1個分
     設定では全ての物を喰える事になっているが
     恐らくルール上、喰えるとされるのは時間・空間・魂・魔法・物理攻撃・感情のみに限定されるかと


まとめ
【名前】 絶対神ン・マ
【属性】 絶対神
【大きさ】 56m
【攻撃力】 触手:山脈破壊級以上。射程距離は約150m
【防御力】 山脈破壊級の攻撃に余裕で耐えるマジレジェンドを1発で倒した攻撃でほぼ無傷
【素早さ】 戦闘速度は超光速。次元移動可。
【特殊能力】惑星範囲で時間・空間・魂・魔法・物理攻撃・感情等どんな物でも喰える
【長所】喰うだけだがそれが強い。
【短所】 無限の破壊力を持つ魔法だけは喰い切れなかった。



1スレ目

81 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/07/31(火) 22:46:33
絶対神ン・マ考察

○デクスモン 喰って勝ち
○壬生京一郎 喰って勝ち
×赤屍蔵人 空間切断負け
○デビルガンダム 喰える
○ビッグ・モーラ 喰える
○ゴーヤーン 咆哮の溜め時間中に喰える
×セップク丸 喰う間もなくやられる
×メテオス でかすぎて喰えない

セップク丸>絶対神ン・マ>ゴーヤーン