【名前】生体殲滅艦デュグラディグドゥwith巨大戦艦ヘカトンケイル、超長距離砲撃艦ボーディガー


【作品名】ロスト・ユニバース
【ジャンル】ラノベ
【属性】生体殲滅艦とその護衛艦
【大きさ】ヘカトンケイル直径20km、ボーディガー550M、デュグラディグドゥ不明(おそらく200Mくらい)、ヘカトンケイル周辺に様々なチップあり。
【攻撃力】
 システム・ダークスター:相手の抱く恐怖を利用して脳内電気のパターンに干渉し、生命活動を阻害させる力を効果範囲に発生させるシステム。
             使用にはある程度のエネルギーを使用する。
             自身を中心とした無差別広範囲攻撃。範囲の制御不可。発動時に逆五紡星が出現する。脳さえあれば人外にも効果あり。
             生身の生命体には防御手段は存在しないが、機械などの無生物には効果がない。
             精神生命体にも効果がない。恐怖という感情を持たない存在にも効果がない。             
             発動すると脳が生命活動を停止して酸素供給などが停止し、痙攣などの症状がでた後死亡する。
             成人なら1分あれば完全に死亡してしまう。
             効果範囲はデュグラディグドゥを中心に約591万km以上。
             これはソードブレイカーが使われた場合、防ぐ手だてが無いというキャナルの予想より。
             超光速航法での移動を考えから外して、戦闘速度と効果発揮時間より計算すると、
             (ソードブレイカーの戦闘速度)×(1分程度)
             =98,472km/s×60秒
             ≒591万km
             となる。超光速航法も考えるならば1800万km以上。

 ヘカトンケイルの多数の砲台:単発で撃てば500M以上級の戦艦を撃沈できる威力。射程は衛生軌道上(半径数十万km)程度。
               ソードブレイカー(光速の32.8%以上)にそれぞれ一気に砲撃して当てられる。
               砲台は深部まで続く縦穴にも配置されている。こちらの詳しい描写は無し。
 ・空間レンズである程度軌道をコントロールした砲撃を、あたりの空域にばら撒いた。
 ・照準チップでさらに屈折させることにより、全方位からの砲撃が可能。
 ・空間レンズによりエネルギー砲を収束して高威力攻撃(数十km破壊程度)を行なう。
 ・エネルギー砲を拡散して無数の光条に分裂させる。
  威力は宇宙軍の戦闘空母が撃墜されていることから500Mクラスは破壊可能。
 ・また、空間レンズの応用で近距離(具体的にはヘカトンケイルとチップ群の間位の距離)の相手の
  バリアをがら空きにすることも可能。ただし等速直線運動している相手に限る。

 高出力エネルギー砲:ボーディガーの主砲。照準チップを併用して軌道を干渉・修正して
           超長距離射撃(1億7700万㎞以上)が可能。短い距離への攻撃も可能。
           この距離は接近するソードブレイカーに対する砲撃が開始された時点から、
           ヘカトンケイルの至近距離に入るまでの時点で数十分程度の時間が経過していることから、
           その時間を仮に30分として計算した距離。
           また照準チップにはレーダー範囲外の相手の接近を認識する機能も搭載されているようである。
           非常にエネルギー消費が大きいが、ヘカトンケイルと接続することで連射が可能。
           威力は同程度の艦と比較すると数十km破壊程度。

 また、ボーディガーには副砲がいくつかある。威力はヘカトンケイルの砲台以下と思われるので考察では考慮しない。
 デュグラディグドゥもヘカトンケイル内部に入り近づいてきた相手には砲撃が可能。
 威力はヘカトンケイルの砲台以下と思われる。

【防御力】チップ、メンテナンス・マシン含めすべての装甲はこの世界の通常兵器
    (500M以上級の戦艦を撃沈できるレベルか)は無効。レーザーも効かない。
     ヘカトンケイル内の隔壁ひとつひとつにバリア(装甲より防御力が上)を展開している。
     瞬間移動や転送装置などによる内部への移動、武器の転送に対する対策はない。
     自動修復装置はあるにはあるが、数十機のメンテナンス・マシンによるもの。瞬間的な再生は不可能。
     デュグラディグドゥは内部の床に描かれた逆5紡星と乗員(達人レベルの人)の両方のコア・プログラムが破壊されると倒れる。

【素早さ】反応速度はソードブレイカー(キャナル)と同等と思われる。
     つまりリープレールガンの射程範囲内(数百m〜数km)で放たれたレーザーを発射後にバリアを展開できる反応。(2巻より)
     計算すると、マッハ88万/6000=1mからマッハ1466対応可能か。
     ヘカトンケイルは複合チップによる慣性中和で、宇宙軍戦闘艦の巡航速度と同等程度の速度で移動できるが考慮しない。
     (複合チップが遅いため、下手に移動する方が不利)
 相転移航法《フェイズ・ドライブ》:正確な速度は不明。人間の精神力を物理的に応用して空間を突破。
                  超光速空間を通過することによって相対的に少なくても超光速を実現する航法。
                  デュグラディグドゥたちは無人機でありながらこの航法での移動が可能。

【特殊能力】
 照準チップ:ビーム、エネルギー砲の軌道に干渉、修正できる。5つ一組で直径4M、
       黒い本体で簡単なステルス機能付、ガス推進で光も発しない。
       また、レーダー範囲外の相手の接近を認識する機能も搭載されているようである。
       5枚で約1億1000万kmを認識可能。単純計算でだいたい一枚で2500万kmほどの認識範囲。
 空間レンズ:空間を歪めることによってあらゆるエネルギー兵器を屈折させる。
      おそらく物理的な直接砲撃も無効(周囲の空間ごと軌道を歪められるため)。
      ただし、空間ごと削り取らせて消滅などの攻撃は無効化できない。
      チップと本体の間に転移されると攻撃が無効化できない。
      そのため、直径20kmの範囲で空間を削り取ることのできるキャラや
      空間操作などでバリアー類を無効にでき、かつ十分な攻撃力を有するキャラ、
      瞬間移動能力や転送装置などで直接艦の内部に攻撃でき、かつ十分な攻撃力を有するキャラには弱い。
      作中では、メテオ・マッシャー(ヘカトンケイルの砲撃に比肩する威力)十二基による一斉掃射の軌道をすべてそらした。
      ヘカトンケイルはこれと慣性中和チップ両方の能力を有した複合チップを装備。
      チップの大きさは約50M。移動は可能だがあまり速くない。200個存在する。
      空間レンズはリープレールガンの有効範囲と描写からするとヘカトンケイルから数km離れた範囲から
      ヘカトンケイル周辺(ソードブレイカーがレンズの隙間に入れるくらいなので数百メートル)を覆っているような状態で存在。


【長所】非常に高い対人殲滅能力。1天文単位以上の認識範囲。空間レンズの防御力。高威力長射程&全方位砲撃。
【短所】複合チップと本体の間に入られると空間レンズで相手の攻撃を無効化できない。デュグラディグドゥ自体の装甲が紙。
【戦法】ボーディガー部分は、超長距離射撃の主砲で攻撃。デュグラディグドゥはシステム・ダークスター起動。
    ヘカトンケイルはとりあえず全方向へ無差別砲撃。
    空間レンズは発動した状態で参戦。
【備考】ソードブレイカーの速度は、太陽系外周(冥王星軌道上の辺り)から火星まで、16時間で移動する描写から計算。
     {(冥王星から太陽までの平均距離)-(火星軌道上から太陽までの平均距離)}/16時間
     =(約59億km-約2億2800万km)/57600秒≒98,472km/s
    と、光速の32.8%程出ている事になる。
【説明】デュグラディグドゥ、ボーディガーがヘカトンケイルと接続している状態。
    デュグラディグドゥはヘカトンケイルの内部、ボーディガーはヘカトンケイルの外装に位置する。
    デュグラディグドゥ内部以外は真空状態。
    その周りに200個の複合チップがあり、さらにそのまわりの全方位に距離をおいて5段階に照準チップが存在する。
    デュグラディグドゥ、ボーディガーはヘカトンケイルと分離可能(双方描写あり)。
    また、個別に複数の複合チップを操作し、その効果の恩恵を得ることができる(ボーディガーのみ描写あり)。
    人間の負の精神、恐怖をエネルギーとして活動する。ラスボス。


vol.75


322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /16(金) 21:57:26 ID:PRfLR0lF
   ソードブレイカーの反応
   【素早さ】機体の反応速度はヘカトンケイルの中枢につながる縦穴に突入した時、
       縦穴内部の砲座からの 至近距離の砲撃(亜光速〜光速)に対して
       バリアを展開できる位。
       操縦手の腕はヘカトンケイルの無数の砲撃を何とか回避し続けて、
       その被害を戦闘可能なダメージの蓄積で持ちこたえる位。

   これが無いと素早さ欄がわからん。 

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/16(金) 22:31:45 ID:vPyPHdQ3
   もっとわかりやすい描写を見つけた
   リープレールガンの射程範囲内(数百m〜数km)で放たれたレーザーを 
  発射後にバリアを展開できる反応。(2巻より)

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/17(土) 03:17:19 ID:J2U/+vmG
   >>325
   そうすると最低値取って
   マッハ88万/6000=1mからマッハ1466対応可能か。

   艦隊戦しかやってないレベルのキャラに比べれば早いが、
   惑星破壊以上だとチョイ微妙か。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/18(日) 01:43:48 ID:WTXdRu2P
   >>329
   >即死ではないので死ぬ前に効果範囲からでればとりあえず死ななくてすむから
   死なないことと防げないことは別だろ。死ななくても当たった時点で防げてないんだから
   くらったあとに死んでないとしても移動できるか不明だし

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 01:50:54 ID:nVkzk8IF
   >くらったあとに死んでないとしても移動できるか不明だし
   移動はできるんじゃないの?
   船の乗員が死にかけてても、ソードブレイカー自体がもともと乗員なしで移動できるし

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 01:57:18 ID:WTXdRu2P
   >>341
   そうなの?
   まあだとしても防ぐ手立てがないってのが
   死ぬことを防げないのか食らうことを防げないのかわからないから無理でしょ

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 02:15:46 ID:nVkzk8IF
   文脈的に当たるの前提で、どうやっても死の呪縛から逃れられないのか
   だから死ぬのを防げないのかのほうだと思う

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 02:28:36 ID:WTXdRu2P
   >>343
   いや、文脈的にと言われてもテンプレからじゃわからんし・・・
   どんな流れなのさ?
   あと、一度食らったあと効果範囲から出ると回復するようなものなんだよね?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 04:03:46 ID:nVkzk8IF
   >>344
   相手に攻撃するため接近しようって話をしているんだけど
   その時、もし対人殺戮兵器(=ダークスターのこと)を向こうが使用したら防げないのか、という質問に、
   答える側は使用したら食らうの前提で、向こうはケイン(乗員)が相手じゃなく、無人戦闘艦であるソードブレイカーが相手だと思っているから
   ケインを殺しても意味がないので使用しないと、返答。
   で、キャナル(船の人工知能)でも食らってしまえば、どうしようもないのかという結論になる。

   ダークスターは相手の恐怖を利用して脳内電気のパターンに干渉し、生命活動を阻害させる力を効果範囲に発生させるシステムで、
   即死させるわけじゃなく、しばらく発動されて脳内活動を阻害し続けることで死に至らしめているので
   阻害されない効果範囲外までいけば大丈夫だと思う。
   ただあの世界はソードブレイカーのような例外を除いて、ある程度の性能の船は有人艦だからどうしようもないけど。

   一応、キャナル予想発言以外だと作中では惑星の静止衛星軌道上から発動してその惑星の生命体を全滅できるくらいの範囲があるのは確定。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 04:52:05 ID:WTXdRu2P
   >>345
   >答える側は使用したら食らうの前提で、向こうはケイン(乗員)が相手じゃなく、無人戦闘艦であるソードブレイカーが相手だと思っているから
   >ケインを殺しても意味がないので使用しないと、返答。
   >で、キャナル(船の人工知能)でも食らってしまえば、どうしようもないのかという結論になる。
   ごめん。まったく意味がわからない
   二行目からどうやれば三行目の結論になるんだ?

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 05:24:08 ID:nVkzk8IF
   意味が分からないと言われても
   二行目の返答聞いて、質問した人が「今のではっきりわかった」と言ってだした結論が三行目だから

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /18(日) 14:31:31 ID:sBo1AI8B
   >>346
   使われたらどうすんの?→使われないから大丈夫
   つまり、使われた場合にどうするかの対策を言わなかったことから
   使われたらアウトと質問者は解釈したんだろう。たぶん
   完全に論理が飛躍してるからロジックとしては間違ってるけど
   作中の扱いとしては正しい扱いできるんじゃないかな


   できれば原文とかがほしいところだけど(チラッ 

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 05:06:37 ID:ee1b3UpR
   >>348
   長いのでキャナルの返答部分からで
   5巻142ページより
   ・・・
   「使いませんよ」
    その問いに、しかしキャナルは、あっさりとそう言った。
   「『システム・ダークスター』の使用には、それなりのエネルギーが必要です。
    そしてあいつは、『ケインという人間』ではなく、『ヴォルフィード』と戦っているつもりです。
    あのシステムを発動させたところで、『ヴォルフィード』自体には、何の影響も及びません。
    つまり、あいつにとって、それは単なるエネルギーの無駄でしかありません。
    ですから——あいつは使いません」
   「・・・そうか・・・」
    言って、ケインは会話を打ち切った。
    今のではっきりわかった。
    それでも、もし使われたら——キャナルにさえ、それを防ぐ手だてはないのだ、と。

   ・・・原文ここまで・・・
   『ヴォルフィード』はソードブレイカーの人工知能のキャナル・ヴォルフィードのこと。
    他にも、もしダークスターを使えばケインが死んでいたので、乗り込まれ内部から破壊されずに済み、
   デュグラディグドゥは負けなかっただろうとか、
   ダークスター使用=ソードブレイカーが食らう=乗員死亡が確定であるような書きかたされているところがいくつかある。 

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/19(月) 23:55:47 ID:W8j3/5vN
   >>351
   それなら大丈夫そうだね
   よくはわからんが攻撃力的に超耐久は越えられなさそうだし
   その下あたりかねぇ

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /20(火) 00:04:47 ID:8i7SnBuL
   システム・ダークスターは人間限定だから、そんなに上行くかな

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /20(火) 00:20:07 ID:BY0euIVg
   人間じゃなくて動物も死んでたよ
   九官鳥とか

   一巻によると人類以前に存在し、
   デュグラディグドゥに滅ぼされた当時の文明には
   地球発祥の人類には未知の生命体がいた痕跡があり、
   ダークスターをあちこちで使うことで、宇宙から命の灯火が存在しなくなったという表記からすると
   生身の生命体なら効くんじゃないか

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07 /20(火) 00:27:36 ID:PWCYZowE
   >>356
   九官鳥じゃ駄目だろうけど
   未知の生命体とか宇宙人に効くなら人外にも効くだろうな
   原理的に脳みそがある人外限定だけど 

533 :格無しさん:2010/08/13(金) 18:37:30 ID:uSBHDgue
デュグラディグドゥ

○>ダークフォートレス=巳子=バイラル・ジン>黒き月:速度差でダークスターで勝てる
○>アルベド:相手攻撃は空間レンズで弾ける。ダークスター勝ち
×>オルントーラ:寿命負け
△>チャリオッツ・レクイエム:お互い決め手なし
×ミルドラース、プロメテウス:寿命負け
○ パルキア:間合いからしてダークスター勝ち
×>ベリアルの腕:無にかえされて負け

これ以上で4勝以上は非常に厳しい。

オルントーラ >デュグラディグドゥ>アルベド