【作品名】 劇場版 天元突破グレンラガン 
【ジャンル】 アニメ映画
【名前】 ロージェノム(劇場版)
ホントは(withラゼンガンwithデカブツwithカテドラル・ラゼンガン)なんだけど省略
【属性】 螺旋王+超弩級ガンメン
【大きさ】 本人は2mぐらいの人間
機体は月(直径約3500km)が変形したロボで全高が4000kmほど

【攻撃力】 パンチ:大きさ相応の攻撃力。
ちなみに機体が不用意に地球に近づくと地表で天変地異が起こるし、墜落しようものなら地球の地表
およそ100kmが丸ごと剥がされる。

全身の装甲の裏に直径10kmほどのビーム砲(最低でも50門以上)が仕込まれていて
瞬時に同時発射が可能。拡散はさせてる描写がないが一点に収束は出来る。
射程は2万kmほど。

ギガドリルブレイク(技名はないけど一応)
肩に付属の2つのドリルを連結させて突撃する必殺技。全長5000km・直径2000kmほど。
回転により発生する渦の余波によりさらに直径の10倍の範囲まで攻撃可能で、移動しながら繰り出す
ことで星系を覆うように配置されていた元味方の艦隊が一撃で全滅した。威力は範囲相応のドリル並み。

【防御力】敵の時の描写不足のせいで大きさ相応
【素早さ】 普段は描写がほとんどないので大きさ相応。
      ギガドリル装備(装備にかかる時間は1秒)で突撃形態を取ると秒速60万kmほどで移動可能。
      反応速度は冒頭で20体ほどのガンメン(ロボット)をほぼ瞬殺していたので達人クラス。
【特殊能力】
宇宙空間内で活動可能
認識転移システム:一度認識した対象や場所に瞬時にワープで移動が可能
異次元追放:本物の月を別次元に押し込んで隠すことができる
【長所】 昔は美少年だった
【短所】 敵の時は防御に使えそうな描写がない。劇場版後編登場わずか5分で敵としては退場。
【戦法】 いきなりギガドリル発動しながら戦闘。無理そうなら別次元追放を狙ってみる
【備考】1000年前は螺旋族を率いるリーダーだったが、アンチスパイラルにスパイラルネメシスについて
    教えられえ未来に絶望し、スパイラルネメシスの発動を阻止するために敵に降り人類の敵(本人は
    守護者だと考えてる)になった。

75スレ目


645 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2010/08/25(水) 23:13:21 ID:O2Lg8qNA [3/5]
ロージェノム

×>畏怖谷村の念:取り込まれ負け
×>九頭龍;でかすぎ負け
×>シリウス:ブラックホール負け
○>自動惑星破壊船:突撃勝ち
○>TAGOSAKU;異次元追放勝ち
○>アパロイドマザー>ギド・ルシオン・デビルーク:削り勝ち

シリウス>ロージェノム(劇場版) >自動惑星破壊船