【作品名】劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト
【ジャンル】「世界で最もエキストラ出演者の多い」というどうでもいいギネス記録を持つ特撮映画 
【共通設定】本作はTV版「仮面ライダー555」のパラレルワールドが舞台。
      人類のほとんどがオルフェノクになっている。というか、人間の方が少ない。

★フォトンブラッド
555世界に存在するエネルギー。強烈な毒性を持つ。
詳細は不明だが、ベルトの装着者により生成量が異なり、それがパワーに直結している。
フォトンブラッドによる攻撃は相手を青白い火炎に包み、欠片も残さず灰にする威力を秘めている。
フォトンブラッドの暴走は10秒を越えるor合計35秒の使用を超過すると劣化フォトンブラッドでファイズ死亡、4km四方は汚染される

★ソルメタル装甲、ルナメタル装甲
ダイヤモンドに限りなく近い硬度を持つソルメタル装甲の2倍以上の強度を誇るルナメタル装甲がある。
前者はカイザ、デルタ、555に、後者はサイガ、オーガに使われている。
また装甲でないスーツ部分は、約2000度までの熱や絶対零度を平気としている。
とくに分厚い胸部の「フルメタルラング」は「戦車の主砲の直撃に耐える」とされており、555世界での打撃は常にこのレベルの前後である。

★オルフェノク
人間の進化したとされる存在。一度死んだ人間が復活することで、オルフェノクとして覚醒する。
生身の状態でもマンションから飛び降りても死ねない、とされる。その階級により、大きく力量に差がある。
怪人の姿になると通常の銃火器などは通用せず、通常時は人間と区別のつかない上、人間と同じ精神と知性を持つ。


【名前】仮面ライダーサイガ(315)
【属性】帝王のベルト「天」を身に纏うオルフェノク
【大きさ】2mくらい
【攻撃力】戦車の主砲の直撃を耐える装甲をへこませるオーガと比較して、やや見劣りする打撃力を持つ。
     劇中ではカイザを背後から捕まえ、一気に空中に上昇、勢いをつけて障害物に叩きつける戦術をみせた。
☆ブースターライフル
  毎秒120発のエネルギー弾を連射できる。威力は牽制程度だがソルメタル装甲のライダーに対し有効な熱量。空中浮遊しつつ使用できる。
  一発でその熱量により、3~4mの爆発を起こすほどの威力をもつ。
  また連続弾の一部の命中により、ソルメタルに準じる装甲を持つサイドバッシャーの脚部を負傷させてバランスを崩させた。
☆トンファーエッジ
 ファイズエッジ(サイガをぶっ殺せる威力の1万度の熱量を出すヒートブレード)以上の威力の光刃を持つ。
 二刀流で、やや小型。 これを使用する際には飛行できなくなる。
【防御力】ソルメタルの二倍近い強度を持つルナメタル装甲を誇る。なお、サイガは117という形式のものを使用、柔軟性に長ける。
     ソルメタル装甲に傷を付けるホースオルフェノクの剣などを受けても手傷を負わなかった。
     単純に計算すれば、「戦車の主砲の直撃を耐える」装甲の二倍ほどの強度をもつ。
     フライングアタッカーは戦車砲程度の攻撃で壊れる。
【移動速度】100mを5.5秒で走る。背部に装備する飛行装置フライングアタッカーにより、最高飛行速度は時速820kmで移動できる。
      急旋回、急上昇を得意とし、自由自在に飛ぶ。
【反応速度】10m位まで迫った無数のミサイル、バルカンを全て回避する機動力を持つ。
      三人のオルフェノク(達人級)を同時に相手しても余裕で瞬殺するほどの身のこなし。
【特殊能力】飛行能力。フォトンブラッドの尽きない限り、無限に飛べる。
【長所】防御力、スピード、攻撃力、どれもバランスよく高い。フライングアタッカー。
【短所】必殺技などがやや少ない。
【備考】上の上のオルフェノクしか変身できない天の帝王。主人公と闘技場で激戦を繰り広げる。
【戦法】スタートと同時にブースターライフルを連射モードで撃ちまくる。
    防御力が高くて通用しない場合はトンファーエッジを使用、素早さの問題で当たらないのであれば飛翔して爆撃を行う。
79スレ目参戦
82スレ目考察

953 : 格無しさん: 2011/08/18(木) 16:32:13.90 ID:n4rTirea [2回発言]
仮面ライダーサイガ考察
ゲオルクまでは先手取って攻撃で勝てるがそこから防御を破れずこっちは範囲攻撃食らって負ける
聖女アニス>仮面ライダーサイガ >ゲオルク