【アシェマ・ザ・リスナー】


【名前】アシェマ・ザ・リスナー
【属性】超種族セレスティアルズの一員、コズミック・ビーイング(宇宙的存在)
【大きさ】約610mの人型アーマー、可変も可能
【攻撃力】
全能の種族:自分達のフォースフィールドと装甲すらも切り裂く硬度の剣を溶かす。
他の宇宙的存在と同時攻撃すると素粒子崩壊、空間破壊、時間及び次元歪曲、次元幽閉の効果発生、
余波に巻き込まれた星系を破壊し、薄まった余波で数万光年先の地球が異次元と繋がった。
惑星を触れずに動かし、約17個の惑星をサノスにぶつけた(上記同時攻撃の効果範囲内で使用したがこれらの惑星は崩壊せず、保護していた?)。
【防御力】
全能の種族:上記同時攻撃の範囲内にいても傷1つ付かない(居合わせたサノスの弟は死を覚悟していた)。
仮にダメージを受けようと、例えば腕を切断されても腹を貫通されても瞬時に再生可能。
戦闘の余波で複数の銀河を破壊するオーディンや彼と同等のゼウスとヴィシュヌから同時攻撃を受けても無傷。
不死なので物理的肉体を破壊されても死なず復活可能である。
【素早さ】常時全能
【特殊能力】
全能のソース:ソースはttp://marvel.com/universe/Tiamut、
virtually all-powerful extraterrestrial race known as the Celestials,
と公式サイトに記載されているのでセレスティアルズは全能の種族。
宇宙の星全てを破壊出来るらしいので単一宇宙程度の範囲はあるか。

やった事:世界改変能力者キュービックから「我々ではセレスティアルズに全く力が及ばない」との内容の発言。
世界改変能力者フランクリン・リチャーズが創造した宇宙を夢として封印し保護した。
作中でも「セレスティアルズは全能(all-powerful)」と他のキャラから言われている。
人間の姿・大きさへ変身した。

科学力:数百万年前に改良された人類を始め、宇宙のあらゆる種族を改良した。
地球有数の頭脳を持つアポカリプスもセレスティアルズの遺物を完全には解析出来ていない。
【長所】無口属性。
【短所】いやもう少し喋れよ。
【戦法】戦う。
【備考】種族ルールでアシェマ以外のセレスティアルズの描写も引用した。
フランクリンが作った宇宙は作中で太陽系の背後に無数の星々が輝いている事、ナレーションの「既に滅びた銀河」という言及から、
最低でも複数の銀河が収まる程の大きさがあると思われる。
設定全能+世界改変描写なのでルール上常時全能とする。

80スレ目

169 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2011/04/16(土) 16:53:22.38 ID:RkqLfsvC [3/10]
アシェマ・ザ・リスナー

単一宇宙全能ため
ハオ以下に負けはない。

カール・クラフト=メルクリウス>アシェマ・ザ・リスナー>ハオ