※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

布留部市の竜



【共通設定】
  • 魔法使い
文字通り、魔法を使う人間の総称。
霊的耐性(霊視×2)や精神耐性(幻覚、暗示)、腐敗や溶解、睡眠、気絶、呪い、即死。
なお、
「一般人ならともかく魔法使いがこの程度の呪いを受けることはありえない(腐敗、溶解効果を持つ)」
「魔法使い相手なら子供だましだが、一般人相手なら十分(暗示)」
「魔法使いでも三日も居れば腐敗が始まる」
などの台詞があり、地の文でも
「常人が見れば、それだけで正気を失っただろう(魔法使いは普通にその敵と相対していた)」
とあるので魔法使い全般が上記の耐性を持つと推測できる。
(描写でも普通のその町に住む人間が全員眠ったのに対し魔法使いには影響がなかった)
加えて魔法使いの技量や使う魔術の種類次第で上記の耐性の強度も上昇する。
また霊視×2については、
「黒羽は希薄なためちょっとした霊能力者では見えない。見えるとしたら魔法使いか、余程の才能を持ったものだけだろう」
とあるのでこれを根拠とした。

  • 呪力
 よくある魔力とか気力みたいなもの。
 魔法使いが日常的に行使しているものの、呪力自体は魔法使いにも見ることも触れることもできない。
 呪力によって発生する魔術や現象は生物、物質、霊体に効果がある。

  • 霊体(エーテル)
 幽霊だけでなく精神体、精霊や魔神、自然現象などの霊的要素で構成された存在を指す。
 基本的に不可視(一般人には見えない)で物理的な要因でダメージを受けず、呪力を伴った攻撃しか効かない。
 また、生きてる人間にも霊体があり(魂とはまた別)肉体は霊体に引きずられるため、肉体が無事でも霊体が致命傷を受けると死に至る。


【作品名】レンタルマギカ
【ジャンル】ライトノベル
【名前】布留部市の竜
【属性】霊脈、形をとった自然現象。
【大きさ】数十mの恐竜みたいな形。全身がコンクリートや鉄などの残骸で構成されている。
【攻撃力】巨大隕石の衝突に匹敵する攻撃を防ぐ障壁を引き裂いた。
     呪力の篭った腐敗ブレスを吐く。
     作中ではアスファルト、鋼鉄、木をかすめただけで腐敗させみかんの結界をも貫通した。
     射程10m以上、幅は道路程度。
     ※みかんの結界…魔法使いでも完全に防げない腐敗魔術を完全に遮断する。
【防御力】コンクリート、もしくは鉄並み。
     高さ100mのビルに叩きつけられても平気。
【素早さ】大きさ相応の竜並み。
【特殊能力】範囲内に存在する生物を抵抗なく眠らせる霧を発生させている。都市一つ覆う程。
      建物の中にいる人間も眠っていた。
      仕事をしていたメイドがその場で倒れこんでいたり、車を運転していた人が眠り事故を起こしていたので効果は瞬時。
      ちなみに作中では霧は広がっていくといった描写だったが、霧が到達する前に睡眠効果がでている描写も。
      (霧で都市が覆われた後にこいつが出てきた)
【長所】どうやら女の子っぽい
【短所】オッサンにボコボコにされた