【作品名】レヴィーローズの指輪
【ジャンル】小説
【名前】ローティアス
【属性】お化けが仲間だと勘違いした描写があるので霊体に近い存在らしい
【大きさ】15歳ぐらいの少女と同じぐらいの背丈
(作中だと相手が望む姿出てくるとありますが、それだと参戦できないので)
【攻撃力】
作中を描写から推測すると精神攻撃限定の模様
【防御力】
人間の姿をとっているときに物理攻撃を加えてもすり抜けてしまう
風・炎・水・氷・光による魔法攻撃は無効
アメジストが実体化している状態では吸引・重力・炎・風・雷以外の魔法は効かない
【素早さ】
瞬間移動が可能かつ連続で使用可能
※レンドリアが契約者ジャスティーンの根城から遠く離れた城まで移動できることから考えると、相当遠い距離でも移動可能
素の素早さ自体と反応速度は一般人と同じぐらい
【特殊能力】
暗闇に閉ざすことで恐怖感を与え、意のままに操る(恐怖を呼び起こすとあるので、恐怖の感情を持っていれば人間以外でも可能)
射程距離は数十メートル。発動時の動作はなし
相手の願望を利用し誘惑する
契約者に力を与え、魔力を宝玉クラスにまで高めることができる
【長所】
操れれば操ることで自滅させることが可能
契約をすれば宝玉クラスの魔術師をいくらでも生み出すことができる
【短所】
光の魔法で暗闇をはがされてしまうと操ることができない
【戦法】
相手を暗闇に閉ざし、思いのままに操って自滅させる
or
相手を誘惑し、自らと契約させ、戦意を喪失させる
【備考】
ティアラーゼと契約し、レヴィローズの次世代をジャスティーンから奪おうとした
【寿命】
一世代の期間は宝玉によってまちまちかつローティアスに関しては言及されていないので不明
【宝玉の種類】
レヴィーローズ
炎の力をつかさどる。誕生以来、世代交代を迎えたことはなく、宝玉の中で一番強いと説明されている。
赤い宝石のついた指輪の形をしている
シェリーブル
水色の宝石がついたネックレスの形をしており、水の力をつかさどる。
今まで2回ぐらい世代交代がしたことがあると作中では書かれていた
シルフソード
イヤリングの形をしており、風の力をつかさどる。本来は世代交代を迎えるはずだったのだが、
力を移すための器(=シャンレイン)が失われてしまったことと大気汚染が重なったことで消滅の危機を迎えている
グレデュース
楕円形の形をしており、土の力をつかさどる。本体そのものはだいぶ前に力をなくしてしまったが、
ティアラーゼのアジト陥落までたびたび登場しており、植物の蔦を操る魔法を使ったりしていた
リルファーレ
ティアラの形をしており、光の力をつかさどる。世代交代の期間は宝玉の中で最も短い2年。
あたりを照らす程度の力しかない
(光に照らされたジャスティーンから恐怖心が消えてることから精神的な効果もあると思われる)
ローティアス
ザクロ石を寄せ集めたような形をしている。闇の力をつかさどり、契約者に絶大なる力を、敵対者に恐怖心を与え、操る
【宝玉について】
宝玉は魔力の源とされ、本体である宝石が力を失ってからしばらく経過すると、宝玉が契約を結んでいる一族はその属性の魔法を使うことができなくなってしまう
基本的な力関係は宝玉の方が上だが、契約の破棄は人間と宝玉の双方が納得しない限りできない

宝玉自身にも寿命はあり、宝玉にまつわるもの(風の宝玉ならきれいな大気)が汚染されていたり、契約者に魔力がないと寿命を縮めてしまう
寿命までの年数は宝玉によりまちまちだが、寿命を迎えると、次世代の宝玉が生まれ、自身の力は次世代に吸い尽くされ消えてしまう

82スレ目
953 : 格無しさん: 2011/08/18(木) 16:32:13.90 ID:n4rTirea [2回発言]
ローティアス考察
同じ能力のくじらには負けるがその下でリッチに勝ちなので くじら>ローティアス>リッチー