【作品名】アストロノーカ
【ジャンル】シミュレーション(宇宙野菜栽培ゲーム)
【名前】バブー
【属性】害獣
【大きさ】恒星サイズ以上~原子レベル以下
【攻撃力】「究極巨大」(「恒星サイズ」よりも更に大きい)かつ、「完全鋼体」(「鋼鉄強度」より遥かに硬い)の野菜を6回齧って傷物にしてしまい、
     更にもう6回齧ってボロボロにしてしまう(枯れる)。
【防御力】冷水ぶっかけ装置(冷たい水をかけるトラップ)、パンチングマシン(パンチをお見舞いするトラップ)、
     ビリビリマシン(電流を流し感電させるトラップ)に耐性がある。
     「地獄へ直行」レベルの毒、「死に至る辛さ」レベルの辛さをものともしない。
     地獄落とし穴(地獄まで続くほど、めちゃくちゃ深い落とし穴)のトラップに落ちても死なない。
【素早さ】移動速度は、一マスがバブーサイズの、トラップを仕掛けてバブーを追い払うための9×9ブロックの庭の、入り口から畑まで10マスを約6秒で走りぬける。
     つまり、恒星サイズ以上のブロック×10マスを6秒で走れる…?え、マジで?
     反応速度は、上記のスピードで直進中、進行方向一マスにトラップを発見して、即座に脇を迂回できるレベル。
【特殊能力】羽根がある、飛べる。落とし穴に掛からない、ある程度の高さの障害物なら飛び越えられる。
【長所】トラップに掛かるごとにガンガン進化する(例:電気を浴びせる→電気に耐性が出来る、風で吹き飛ばす→重くなって飛ばされなくなる等)
    何度も引っかかったトラップは回避、迂回するようになるなど、学習能力が高い。
【短所】川で溺れる
【戦法】ただシンプルに齧る(パンチやキックもあるけど、多分齧ったほうが強い)




83スレ目

403 :格無しさん:2011/09/13(火) 20:18:11.81 ID:W2PjvwPL
太陽考察     アルゴールと分けだが太陽(アバタールチューナー)には情報食いでそのうち負けるので
太陽(アバタールチューナー)>太陽=アルゴール

バブー考察   太陽(アバタールチューナー)には近づく前に石化され負け、太陽たちは恒星破壊以上の攻撃を連打で勝てる
太陽(アバタールチューナ-)>バブー>太陽=アルゴール

ワンダーウーマン考察  ちょうど達人並みってところかな
ウツギヒロタカ>北山=ワンダーウーマン>老

結局蛾々丸って不慮の事故の扱いは鉄骨破壊までのダメージと死の概念をどこにでも押しつけることができて押しつけて、
死の概念があるものは自身が持つ耐久力や大きさを無視して即死、ただし死の概念がないものには押しつけても死なないでいいの?
後、死の概念のない奴に殺され続けたり惑星破壊されて、死を押しつけ続けているって負け扱いになるの?攻撃はしてるけど。