【ノストラダムス】



【作品名】ザ・ドラえもんズ スペシャル
【ジャンル】漫画
【作品解説】三谷幸広が小学館の学年誌に掲載していた漫画。本テンプレはその前日譚に当たる「ロボット養成学校編」も含む。
      世界観は一見大山ドラと繋がってそうだが、細かい描写を見る限りパラレルワールドのようだ。

【共通設定】
ドラえもんズの運動能力(素の素早さ)は、一応
 ドラリーニョ>王ドラ>キッド=マタドーラ=ドラニコフ>ドラメッド>ドラえもん 
の順になっている模様。

【四次元空間と超空間について】
「ドラズスペシャル」に限らず、ドラえもん世界では
  • 「超空間」は時間を移動するための空間
  • 「四次元空間」は現実宇宙=三次元の上位次元
と明確に分けられている
本作の養成学校編では超空間内(タイムマシンを使って過去の世界までひみつ道具をデリバリーするバイトをしていた)内部で
ドラえもんが 「ひみつ道具を使って四次元移動をすれば手軽に過去に行けるじゃん」とアホな事を考えたせいで、
超空間に取り残されてしまうというエピソードがある。
広さはどちらも無限大。

【速度計算】
ロボット養成学校編2巻のエピソードで、ドラえもんズの7人と寺尾台校長は、1㎞程度の距離を宇宙船が飛ぶ間に
常人ならどんなに頑張っても30秒はかかる掛け合いを行っていた(この間に動き回ったりひみつ道具を出したりしている)。
この宇宙船は太陽系レースに参加しており、地球圏→太陽→アステロイドベルトまでを一直線に移動していた。
無論、冒頭で述べた宇宙船とは、レース参加者の中でもトップ集団である。
調べてみた所、アステロイドベルトは太陽から3AU(地球~太陽間の3倍)ほど離れた位置まで存在しているらしいので、
宇宙船は4AUほどの距離を渡っていたことになる。
レース開始は当日の午前中で、恐らく日没すらしていない頃にトップ集団はゴールしている。
開始したのを午前9時、トップ集団のゴールを午後5時とすると、移動時間は8時間。
つまり2時間で1AU=1億4959万7871㎞を走破したので、時速7479万9893km=秒速2万777㎞。
よってドラえもんズと校長の実際の会話時間はわずか20777分の1秒であり、この間に30秒分の会話を行ったとすれば、
一行の反応及び行動速度は常人の62万3324倍。
以上より、ドラえもんズの戦闘および反応速度は125万6649m/s=マッハ3666.6。どういうことなの…。

【名前】ノストラダムス
【属性】悪しき魔導師の霊
【大きさ】高層ビルくらいのサイズの老人
【攻撃力】人差し指で指した方向へ雷をおとす。射程はイースター島全体を狙える程度。詠唱無し。
     威力は建造物が一発で倒壊し、ほんの100発程度でイースター島中のモアイを根こそぎ破壊しつくして更地に出来るほど。
     本人の発言によれば三大ピラミッドやナスカの地上絵も数分間で地球から消し去れるレベルらしい
     実際、コマを見る限り着弾地点に3~40mの爆発が起きて巻き込まれたモアイが数個吹っ飛んでいる
     弾速はドラえもんたちの反応相応で100m程度を一瞬で飛ぶ程度。
【防御力】攻撃を受けた描写がないが、霊体な為、物理的攻撃は効かないようだ。
【素早さ】ニューヨークからイースター島へ一瞬でワープ可能。
     どのくらい一瞬かというと、ドラえもんがNYでどこでもドアのノブに手をかけ、開けた途端にイースター島まで到着していた程。
     従って反応速度もドラえもんズ相手に後出しジャンケンが出来る以上、1m先からのマッハ3666.6反応以上かと思われる。
【特殊能力】
彗星を落とす:超巨大彗星を呼んで地球に衝突させる。
       「この汚れた文明を全て清めよ」とかほざいていたため、恐らく当たれば地球全土を壊滅させられるサイズ
       (恐らく6500万年前の恐竜絶滅時の隕石と同レベルと思われる)。
       落そうと思ってから衝突するまでわずか数時間しかかからないとのこと。
魔眼:人々の魂から彗星の軌道、機械までも操る。魔眼によって操る為には自分の目を相手に認識させればよい(常時発動能力)。
   モニターを通して操ることもできる。ドラえもんズや、ロボッターを付けた石像に対しても有効なため、恐らく眼さえあれば
   機械だろうが人外だろうが即座に操られると思われる。
転生:時空の狭間に封印されないかぎり、タイムホールを使って、時間を移動することが可能。
   作中では身体の真横にタイムホールを開けて飛び込み、2万年移動した。任意即発動。
   少なくとも1553年から1999年まで超空間を通って時空間移動している(本人のテンションを見る限り10分もかかっていないと思われる)。
【長所】相手を操れる。彗星落としも可能。ただし落ちるまでにタイムラグあり。
【短所】聖なるエネルギーに弱い。
【戦法】魔眼で操って自滅させる。魔眼が通用しないなら、彗星を操って落下させ、自分はタイムホールへ逃げ込む。
【備考】第2巻に登場。自分の予言をムリヤリ的中させるために、彗星を操って1999年のハルマゲドンを起こそうとした。


old
【作品名】 ザ・ドラえもんズスペシャル
【ジャンル】漫画
【名前】ノストラダムス
【属性】霊体
【大きさ】高層ビルくらい
【攻撃力】人差し指で指した方向へ雷をおとす。詠唱無し。
     威力は建造物が一発でこわれるくらい。
【防御力】攻撃を受けた描写がないが、霊体な為、物理的攻撃は効かない。
【素早さ】ニューヨークからイースター島へどこでもドア並の移動スピード。
     反応は最低でも達人以上としか。
【特殊能力】魔眼:人々の魂から彗星の軌道、機械までも操る。魔眼によって操る為には自分の目を
相手に認識させればよい。モニターを通して操ることもできる。
転生:時空の狭間に封印されないかぎり、タイムホールを使って、時間を移動することが可能。
作中では2万年移動した。
【長所】相手を操れる。彗星落として惑星破壊も可能。ただし落ちるまでにタイムラグあり。
【短所】聖なるエネルギーに弱い。
【戦法】魔眼で操って自滅させる。魔眼が通用しないなら、彗星を操り、自分はタイムホールへ逃げ込む。

vol.99修正

vol.99

870 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/23(土) 16:57:56.98 ID:JWJM5Qsw [9/9]
ノストラダムス 再考

反応が上がって彗星落とし自分退避の戦法だが

×クトゥルー:精神攻撃×2負け
×冥王ハーデス:目を見た奴を操ろうとして反射からの魂攻撃負け 
○黒き月:ワープからの内部侵入で操りか、彗星落とし勝ちか
○バイラル・ジン:物理無効だし見られて魔眼勝ち
×巳子 :でかいのでワープ接近して相手の目を見て呪われて死亡
○ダークフォートレス :既に乗り移られているので操れないか 彗星勝ち
○アルベド:物理無効なのでビームは平気か どこにいるか分からんが
彗星激突に巻き込んで勝ち

○デュグラディグドゥ:霊体なので効かない ワープ接近して操って勝ち
○シルバー・チャリオッツ・レクイエム:生物でないので魂支配されず雷連発勝ち
×オルントーラ:世界運営の神で実体なしは操れない 寿命負け
×ミルドラース:実体なくて操れんか   寿命負け
×プロメテウス:常時光速で並行世界の中から最良の状態に再生する為 状態異常効かず 
          地球破壊負けか
×パルキア:こっから光速レベルの空間攻撃が増えるな 負け

よく見たら オルントーラは生物じゃないからチャリオッツに勝てるんで、
ノストラダムスは完全不死身勢の直下かな


プロメテウス(スタジオ秘密基地劇場)=ミルドラース=オルントーラ
ノストラダムス>チャリオッツ・レクイエム>


vol.2

298 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/07(火) 17:55:05
ノストラダムスは黒き月の下ぐらいだよな?
それ以下には魔眼で勝てる