【作品名】宇宙の果てを越えて
【ジャンル】小説
【世界観】
無の渦巻き:インタイムを構成するインタイムより無限に小さい粒子。ただし概念として無限に小さい粒子と説明されており、本来ならば人知を超える抽象的性質のため大きさの定義が出来ない。
      この物語は無の渦巻きに宇宙がある設定である。なお、この無限に小さい粒子は物質だけでなく光の粒子や重力などあらゆる宇宙を構成するものに基礎となっている。
インタイム:物質の見かけ上は固形上の粒子を作り出す、この渦巻きを考えてみてくれ。私はこの粒子をインタイムと呼んでいる。このインタイムは周囲に群がる無数の仲間たちとともに、
      お互い同士の間の無の空を振動しあい。また別の、より大きな実在―もうひとつ別の見かけ上は固形上の物質――を作り出す。同じ事が順次くりかえされて、
      やがてわれわれが電子と呼ぶものに到達する。このインタイムと電子間には、独立しあった密集部分が無限数個存在する。
      またこのインタイムは黄金の一粒と呼ばれる宇宙であり、さらにこの中に無の渦巻きである宇宙がある。
      作中の基点世界はこのインタイムよりもさらに無限に小さな無の渦巻きからの宇宙空間から始まる。
      無限に小さい無の渦巻きが集まり一個のインタイムを構成する。さらにそのインタイムが無数の仲間たちとともに振動し大きな実在を作る。
      さらにそれらの実在が無限数個密集することで電子が生まれるので、この世界の電子の大きさは∞×∞×∞となる。
      さらにインタイムを内包する電子郡が作中で無数あると言われている。なので少なくともこの電子を内包する原子(作中で内包している)は四次多元世界で構成されている世界である。
      この電子を内包する原子の数は最低でも顕微鏡に使用するプレパラートくらいの大きさの布を構成するくらいは存在する。
【共通設定】
模型ロケット:無限の速度に達する事により無限に膨張するロケットの模型

【名前】タロンwitnいかだ
【属性】ゴリラ達(<謎の怪物>)の指導者。頭大人。
【大きさ】原子が四次多元世界の大きさ×α(プレパラートくらいの大きさの布を構成する原子の数になる宇宙)で
     頭がニフィートあるジャガイモに似た成人男性くらい。船の大きさは横が6フィート縦が三フィートの金属製。
【攻撃力】大きさ相応の男並。大きさ相応の約40人が余裕で乗れる船を破壊することが出来る武器を装備。射程範囲は大きさ相応で7マイル。
【防御力】大きさ相応の男並。大きさ相応のゴリラを殺害できる攻撃を食らっても無傷。
【素早さ】無限の速度を持つ模型ロケットを視認できる主人公達と戦闘可能。移動速度は距離という概念が無限小になってるので下位世界に対し無限速移動可能。 
     同等の世界観以上に対しては移動速度は成人男性。
【特殊能力】相手の背中の神経に寄生することで乗っ取ることが出来る。宇宙人にも有効。
【長所】頭がジャガイモに似てる。大きさ相応無しでも割と強い。
【短所】挿絵が凄いキモイ。恐怖のマラソンマンに似てるかも。
【戦法】突っ込め
【備考】カリマ国を侵略しようとするゴリラ達の指導者。

85スレ目
簡単に自己考察 攻撃手段があんま無いのでロノソアレ以降には通じない。逆に尾行者には勝てる。(ただし突っ込みが入らない場合)

ロソノアレ>タロン>≪謎の怪物≫>カリマの衛兵<尾行者