【作品名】トランスリアル
【ジャンル】SF小説(ルーディ・ラッカー:作)

【作品解説】
「トランスリアル」はルーディ・ラッカーの自伝的作品。作者の人生にそって並べると、
「空を飛んだ少年」「時空ドーナツ」「ホワイト・ライト」「セックス・スフィア」「ハッカーと蟻」
が該当する。
その他に、「セックス・スフィア」の続編である「遠い目」「自分を食べた男」「慣性」「時空の支配者」がある。

参考書

四次元の冒険:「セックス・スフィア」の解説書。
無限と心:「ホワイト・ライト」、「時空ドーナツ」の解説書。他にも「セックス・スフィア」の登場人物が作者直筆の1P漫画で登場、
     また「四次元の冒険」の第九章を補完する内容もある。

【無限について】

ω:0、1、2…と永遠に数えていかないと到達できない一番最初の無限。アレフ・ヌルとも呼ばれる。
  (「無限と心」P66、67での説明)
  当テンプレで他に説明なく「無限」「無数」とだけ書いてある場合、ωのことだと思ってください。

ω×2:ωの次の無限大ω+1、その次はω+2、ω+2の次はω+3…と無限に続いていった先の無限大。

…ω、ω+1、ω+2、ω+3、…なる数列をうる。もっと前に行くために、lim(ω+n)を用いる。それは普通ω+ωまたはω・2と呼ばれる
  (「無限と心」P67)

ω^2:ωを無限回コピーしたもの。ω×ω。
    オメガーのオメガー・コピーすなわちω^2として知られるω・ωとすべき、lim(ω・n)を形成する
    (「無限と心」P68)

ω^ω:ω^2を無限回コピーしてω^3、ω^3を無限回コピーしてω^4…を無限に繰り返した先の無限大。

エプシロンゼロ(ε0):ω^ω^ω…(累乗が無限に続く)とやっていったもの。

アレフ1:ε0でも到達できないほど大きい無限。

Ω:絶対無限。これまで書いてきたあらゆる無限より大きい。アレフ1が問題にならないほど大きいアレフ2やアレフω、アレフからでは
  到達不能な巨大基数もΩには遠く及ばない究極の無限。

【世界観】

下位次元の無数の集合体である上位次元があり、その上位次元もまたさらなる上位次元のほんの一部である。以下具体例。


三次元:単一宇宙。いずれの作品においても物語の基点となる世界。縦と横と高さの三つの方向が存在する。

四次元:超球とも言う。三次元球体(単一宇宙)は超球の表面にすぎず、別の言い方をするなら
    三次元球体が無数に積み重なったものでもあり、縦・横・高さとは別の(アナ・カタ)という方向がある。

五次元:四次元超球はさまざまなパターンに湾曲している五次元時空の一断面にすぎない。

ω次元:五次元時空の並行宇宙群である六次元があり、六次元空間もそれ自体が歪んで七次元の一部となっており…
    とこうした構造が無限に続いている超空間。最強スレの表現でいうなら無限次多元宇宙。

アレフ1次元:世界が連続体無限の自由度を持つ場合、超空間はこの規模のものになる。
      【次元構造の簡易版】に書き切れないほどの巨大な空間ではあるがヒルベルト空間から見ると無いも同然の大きさ。

ヒルベルト空間:神の心、すべての集合のクラスと呼ばれる世界。ω次元超空間やアレフ1次元超空間、その他想像しうる
        あらゆる種類の超空間を内包するΩ次元に相当する超空間で、ここでは下位次元は点として存在している。

        もし、世界がアレフ・ヌルの自由度を持つなら、超空間は可付番無限の次元であろう。
        もし、世界が連続体無限の自由度を持つなら、超空間は非可付番的次元であろう。(略)しかし今、
        私達は既に二つの異なった種類の超空間を想像したし、多くの他の種類のものを考え続けることができる。
        事実、絶対的無限である。(略)これらの超空間のそれぞれは、すべての集合のクラスと同じ大きさの超空間の
        中の一点である。(「無限と心」P335)

【次元構造の簡易版】
三次元(単一宇宙)×無数=四次元 四次元×無数=五次元 五次元×…(以下無限回続く)=ω次元(無限次多元宇宙=一連次)

ω次元×無数=ω+1次元 ω+1次元×無数=ω+2次元 ω+2次元…(以下無限回続く)=ω×2次元

ω×2次元×無数=(ω×2+1)次元 (ω×2+1)次元×無数=(ω×2+1)次元…(以下無限回続く)=ω×3次元

ω×ω次元:ω次元からω×2次元、ω×2次元からω×3次元に移行する過程を無限に繰り返したもの。
      これより上位のω^ω次元、ε0次元、アレフ1次元はちょっと書き切れなかったので【無限について】を見た上で
      下位次元が全く問題にならない大きさと認識してください。


【共通設定】

時空支配装置ブランザー:被験者の脳にグルーオンを注入、プランク数を1mに拡大して考えただけで何でも実現するようにする装置。
            実は処刑器具を流用して作られたもの。
            描写では、物質創造・変換、生物創造・操作、蘇生、機械創造、瞬間移動、遠隔視、サイズ変更、思考操作
            時間捻じ曲げ、時間移動、無時間行動、存在抹消、宇宙遍在、創世などを行った。
            ・世界観全てに散らばらせることができるだけの数の分身がくっついてくる。
             また自由に願いを叶える能力は分身もきちんと持っている。
            ・あらゆる方向が同時に見え、全世界の情報が頭の中に入る。
            ・あらゆる時空間に遍在した。
            ・ヒルベルト空間の存在になった。

時間について:通常の存在は世界の時間軸T1に沿って行動しているが、自分自身の時間軸を世界のそれと垂直にすれば
       無時間での行動が可能になる(特定の時間に留まり続けることができる)。
       だが無時間行動可能な者にとっても、T2というT1に対して垂直な高次の時間軸の未来を予知することはできず、
       仮にT2時間軸の未来を予知するとT2より高次の時間軸T3が…と無限後退していくことになる。
       しかしヒルベルト空間の住人にとっては時間の経過は幻想にすぎず、どの時間軸にも縛られることはない。
       ルール上意味は無いと思うが、無時間行動の無時間行動の(無限回省略)または、
       上位時間の上位時間の(無限回省略)というレベルの話。

物理無効について:本作品では、通常の物体はω(アレフ0)個の断片に分割可能とされ、これを質量モナドと呼ぶ。
         これに対し、精神や魂はアレフ1個の断片まで分割可能であり、これをエーテルモナドと呼ぶ。
         エーテルモナドから見ると質量モナドで構成された物体は肌理が粗く隙間だらけなので、通常の物体は
         精神や魂が見えず干渉もできない(物理無効、不可視)が、精神や魂はお互いに干渉可能(物理無効に干渉可能)。
         またその先にはアレフ2個に分割可能な第三の物質というものもあり、これはエーテルモナドよりもさらになめらかで
         連続的なため、エーテルモナドでも干渉不可。

本作品では通常の物質も霊も空間も共通して無限個の点で構成されており、「無限」の大きさによって物理無効の度合いが決まる
空間はいくつの点に分割可能かについては、世界の創造主と会ってきた人物によると
「空間の点の数は絶対無限(「ホワイト・ライト」P352)」 とのことなので空間は絶対無限個の点で構成される


アレフ○○と物理無効についての簡易版 アレフa=物理無効×a

アレフ0個の点で構成されるもの:物理無効×0 物理有効
アレフ1個の点で構成されるもの:物理無効×1
アレフ2個の点で構成されるもの:物理無効×2
アレフω個の(略):物理無効×無限
絶対無限個の(略):空間 物理無効×無限以上

セックス・スフィアの解説書「四次元の冒険」内の「スクエア氏のもう一つの冒険」の中で三次元存在が二次元に対して行った事
二次元空間を掴んで引き伸ばす(ゴムシートを引っ張るような感じ)
相手(二次元存在)の体内に入り込み心臓を潰す
この物語及びセックス・スフィア前書きでは高次元を分かりやすく説明するために
四次元の存在:三次元の存在、三次元空間:二次元空間、三次元の存在:二次元の存在として書かれている

ここから高次元存在は下位次元存在だけでなく空間にも接触・干渉可能とわかる
よってヒルベルト空間の存在は物理無効×無限(またはそれ以上)に接触・干渉可能

ホワイト・ライトでは当初物質はアレフ0点の通常物質とアレフ1点のエーテルの二種類のみ、空間もまたアレフ1点と言われてたが
アレフ2点の第三物質が浮上してきて空間もアレフ2点に繰り上げされ、最終的には絶対無限個の点とまで言われるようになった

そして解説書の「無限と心」には

「人は、※空間の絶対連続的広がりから、どんどん高次の無限点を取り出すことができるが、その上で、現実の運動が生ずる。常に
残りの空間の連続的な小片、無限小区間の残留物があるだろう(「無限と心」P84)。」

※空間が絶対無限個の点まで分割されるということ

と書いてあるので、絶対無限個の点である空間からはアレフ2点を取り出したとしても常に次の高次の無限点が存在することになる
つまり空間からアレフ1点からアレフ無限点の物質を取り出だせるため欠番は存在せず作中で存在しているor存在可能なので机上の空論ではない


高次元について:高次元の存在は一つでも下の次元に対し以下の能力を持つ

  • 干渉無効化:
高次元の方向を利用することで低次元のあらゆる障害をすり抜けて接触したり、内部攻撃を自在に行える。
「これは気体とか光線に変えて行うなどというものとはわけが違う(「四次元の冒険」P31)」とあるためただの物理無効とは異なり
高次元に干渉できる能力でなければ影響は受けない。

  • 認識不可:
低次元の存在は高次元の方向を認識することができず、高次元の存在の全身像もまた見えず、低次元の領域に接触している
断面のみを認識できる。
そのため高次元存在が高次元の方向に漂い去ると全く認識できなくなる。

  • 放逐:
低次元の存在をつまんで高次元方向に運ぶことで放逐する。つままれて飛ばされた相手は高次元を移動する能力を持たないと
元の次元に戻れなくなる。
また空間ごと切り取って運ぶことも可能(「四次元の冒険」P114、258)。

  • 全知:
「四次元に対しては、どの場所もあますところなく開かれている」(「セックス・スフィア」P205)と発言したアルウィン・ビター
(四次元知覚能力持ち)は三次元宇宙の様々な場所だけでなく過去や未来も人の心の中も同様に見えている。
また、高次元の存在は低次元存在の「すべてがお見通し」(「四次元の冒険」P32)とのことなので全知。
フィズウィズ(地球規模の巨大ネットワーク、だが全知であるとの記述等は無し)と脳接続した者は皆情報過負荷で
心が破壊され廃人になったが、これ以上の情報量でも高次元存在は特に苦しんでいないため相応の精神耐性あり


こうした高次元概念は無限背退していくということは19世紀後半の時点で既に知られていた(「四次元の冒険」P242)。
そのため3次元存在には手が出せない4次元方向(高次元による干渉無効化・認識不可・放逐×1)、
4次元存在に手が出せない5次元方向(干渉無効化・認識不可・放逐×2)…無限回省略の図式が成り立つ。


【名前】くたびれかけた男
【登場作品】時空の支配者
【属性】ヒルベルト空間の存在?
【大きさ】アレフ1次元が点に見えるサイズ
【攻撃力】大きさ相応+特殊能力欄参照。空間を切り取った後にできる「あらゆる物体は存在することをやめる」無の領域に
      相手を押し込めば存在を抹消することが可能。
【防御力】大きさ相応+特殊能力欄参照。ヒルベルト空間の存在は下位次元で何をされても針で刺されたほどにも感じず、
      またヒルベルト空間に引き上げられることで人類も不死となるため不死身の体を持つ。
【素早さ】ヒルベルト空間の存在であるため無時間行動。
【特殊能力】波動関数を書き換えることで現実をヒルベルト空間のレベルで操作できる。無限の力でありブランザーの上位互換版。
        すなわち任意全能。主人公の一人「アルウィン・ビター」を夢見る(願う)ことで作った。
【長所】後半急に出てきた改変描写持ち
【短所】はっきりした明言は無いが作者っぽい
【参考】主人公を追っかけまわしてビビらせたので敵キャラ


次元構造の簡易版が簡易とは程遠いので全ジャンル作品最強議論スレvol.101で見かけた連次についての説明を

221 : 格無しさん: 2011/05/03(火) 01:28:25.31 ID:s05vGDYm
(∞-1)多元×∞=一次無限多元=一連次
一次無限多元×∞=二次無限多元=二連次
いや、こうだと思う。

一次無限多元宇宙×∞=一連次宇宙の多元宇宙
一連次宇宙の多元宇宙×∞=一連次宇宙の二次多元宇宙
一連次宇宙の二次多元宇宙×∞=一連次宇宙の三次多元宇宙
一連次宇宙の無限次多元宇宙=二連次宇宙

一連次宇宙の無限次多元宇宙=二連次宇宙
二連次宇宙の無限次多元=三連次宇宙

仮にこの説明が正しいなら、ω+1次元=一連次宇宙の多元宇宙、ω+2次元=一連次宇宙の二次多元宇宙
ω×2次元=二連次宇宙、ω×3次元=三連次宇宙

195 自分:格無しさん[sage] 投稿日:2011/12/02(金) 19:19:43.60 ID:BpedCPtO [2/2]
敵スレでアレフ~巨大基数の説明見つけたからトランスリアルもうちょっとだけ世界観拡大
無限超克だけじゃどう考えても書ききれねえ
ちゃんと解釈できる人がやればもうちょい纏まるんだろうけど俺じゃこれ限界
敵スレでの説明ついては下のやつ参照

ω~アレフ1までの説明は省略 アレフ2は一つの集合として見ると
アレフ2={0、1、2、…ω^2…ω^ω…ε0…アレフ1…アレフ1+ω…アレフ1+アレフ1…アレフ1^アレフ1…}(無限と心P254)

アレフ1、アレフ2、アレフ3、アレフ4…と無限に繰り返した先にあるのがアレフω
だがアレフωより上の無限も存在してアレフ(ω+1)、…アレフ(ω^ω)…アレフアレフ1…アレフアレフω…と果てしなく続く

上記過程をひたすら繰り返していくとθ=アレフアレフアレフアレフ…=アレフθとなる数にたどりつく
これが到達不能基数と呼ばれる数で、一番最初の巨大基数(無限と心P279~280)



【この作品の時空の簡易版】

ω次元=無限多次元宇宙
ω+1次元=無限多次元宇宙×無限
ω×2次元=無限多次元宇宙×無限多次元宇宙



ω次元=一連次多元宇宙
ω×2次元=二連次多元宇宙
ω^2次元(ω×ω次元)=無限連次多元宇宙=一超連次多元宇宙
ω^3次元(ω×ω×ω次元)=無限連次無限連次多元宇宙=二超連次多元宇宙
ω^ω次元=無限超連次多元宇宙



こっから超連次でも書ききれないので無限超連次=一超越連次とする



ω^ω^ω次元=二超越連次多元宇宙
ε0次元(ω^ω^ω^…無限に続く)=無限超越連次多元宇宙



こっから超越連次でも書ききれないので無限超越連次=一究極連次
さらにその数をどれだけ重ねても超えられない数を超克と表現する



アレフ1次元(ε0次元をω乗してもε0乗しても到達できない次元)=一超克究極連次多元宇宙
アレフ2次元(アレフ1次元をω乗してもε0乗してもアレフ1乗しても到達できない)=二超克究極連次多元宇宙
アレフω=無限超克究極連次多元宇宙
ここから無限超克でも書ききれないので無限超克=一超限数とする



アレフアレフ1(アレフωを繰り返し続けてできる無限)=超克超限数究極連次多元宇宙
アレフアレフ2(アレフアレフ1を繰り返し続けた無限)=二超克超限数究極連次多元宇宙
アレフアレフω=無限超克不可説連次多元宇宙=二超限数究極連次多元宇宙
アレフアレフアレフ1(アレフアレフωを繰り返し続けた無限)=超克二超限数究極連次多元宇宙
アレフアレフアレフ2(アレフアレフアレフ1を繰り返し続けた無限)=二超克二超限数究極連次多元宇宙
アレフアレフアレフω=三超限数究極連次多元宇宙
以下略
θ=アレフアレフアレフアレフ・・・・以下無限=θ次元=巨大基数



巨大基数=無限超限数究極連次多元宇宙



ヒルベルト空間=Ω次元=巨大基数が点に見える、遠く及ばない無限



vol.94 修正


90スレ目
191 :格無しさん[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 00:35:29.96 ID:ZrXBieF2 [2/4]
追っかけまわしただけで敵にできるかちょっと自信なかったけど多分大丈夫かと思って
参戦できるなら問題なく赤屍さんの上