このエントリーをはてなブックマークに追加
【作品名】 <物語>シリーズ
【ジャンル】小説
【名前】八九寺真宵
【属性】怪異「迷い牛」、ロリ幽霊
【大きさ】小学生並み
【攻撃力】小学生並み
【防御力】手錠や鎖による拘束を引きちぎる筋力の阿良々木と取っ組み合いしても無傷
【素早さ】吸血鬼化により人間以上の身体能力を発揮する阿良々木と取っ組み合い可能
【特殊能力】既に死んでいる幽霊であり怪異。自分について来る人間を迷わせる。
      「家に帰りたくない」と言った心境の人間にしか見えない。
      というよりは「家に帰りたくない」人間しか観測できず、観測することで初めて「観測者の視点では」「発生」したことになるらしい。
      例えば作中では『迷い牛』状態の八九寺を観測したのは阿良々木と羽川の二人だけだったが
      阿良々木や羽川が観測するまでは八九寺は存在せず、また観測してからも主人公と羽川以外の人間にとっては事実上存在しない、と語られている。
      (以下原文)
      この手の怪異は、存在しないのが基本だそうだ。
      存在として、存在しない、存在。
      見る者がいなければ、そこにはない、と。
      今日のことに照らし合わせてそれを言うならば、
      八九寺は、僕が公園のベンチに腰掛けて、ふと、あの案内図に目を遣《や》ったその瞬間に――そこに現れた、
      その時点から存在し始めたのだ、ということになる――らしい。
      同じ風に言えば、羽川にしてみれば、ふと、公園を通りかかり、僕が座っている隣に目を遣ったとき
      ――八九寺はそこに現れたという理屈になるのだろう。怪異として継続的に存在しているのではなく、目撃された瞬間に現れる
      ――その意味では迷い牛の場合、行き遭うという表現も、半分ほどしか内実を言い当てていないのかもしれない。
      見えているときしかその場にいない――観測者と観測対象。
      (原文ここまで)
      観測者である阿良々木や羽川には障ることはできたが観測者以外に干渉できるかは不明。
【長所】最強スレでもこれ以上は無いんじゃないかという不可視と攻撃無効(透過?)
【短所】にその他のスペックが釣り合ってない。というか攻撃できない。ロリかっけー!
【備考】浮遊霊になる前の怪異の状態で参戦。
    主人公達を道に迷わせた



90スレ目
692 :格無しさん:2012/01/23(月) 16:51:04.30 ID:tOd7IoWm
ラノベスレにいる存在しない系で最弱にいるあいるみたいな感じか
敵スレの最弱が相手が死ぬと同時に自分も死ぬから絶対勝てない系だけど、この場合どういう判定になるかな


693 :格無しさん:2012/01/23(月) 17:16:10.20 ID:k2SyiOYh
最初からいないなら出現すらできないんじゃ


694 :格無しさん:2012/01/23(月) 17:35:05.72 ID:ztX9dKdq
そうなると存在の有無の差で八九寺が最弱かな
最弱も違う意味で難しいな


695 :格無しさん:2012/01/23(月) 20:00:48.86 ID:EJTZAhEa
シャドウって対戦相手がはじめから存在してなかったら
同様にシャドウも存在しないから分けじゃないか?


708 :格無しさん:2012/01/23(月) 23:16:43.93 ID:xmQ15WJR
691
八九寺真宵 考察

×>ジラゴ:ジラゴに認識されないため存在できない。負け

×>シャドウ:コピーするためにはまず相手が必要だが、
         八九寺を認識できないため、八九寺が存在できない。
         「存在しない」ものをコピーはできないだろう。

ジラゴ>シャドウ>八九寺真宵


709 :格無しさん:2012/01/23(月) 23:18:14.00 ID:EJTZAhEa
708
シャドウはコピー出来ない=存在出来ないだからわけじゃないのか?


710 :格無しさん:2012/01/23(月) 23:22:47.18 ID:xmQ15WJR
709
シャドウに相手がいないニュートラル状態があるかどうかわからんが、
相手をコピーできないと消滅するとか存在できないみたいな設定が無い限り、
そういう扱いにはならないんじゃないか?


711 :格無しさん:2012/01/23(月) 23:24:55.87 ID:EJTZAhEa
710
ああ、勘違いしてた
戦闘不能になると同時に消滅するだけで、別に相手がいないと存在出来ないって設定はないのか