【縮退の王】

【作品名】シャンクシリーズ
【ジャンル】ライトノベル
【名前】縮退の王
ttp://goronka.tirirenge.com/works/w_Syank.html

【名前】縮退の王
【属性】宇宙の重心の大渦に住まう魔法使い
【大きさ】高さ8~10km、幅4~5kmの人型、頭の代わりに眼球の半分が生えている
【攻撃力】自分の周りの空間に渦を巻いており、100mぐらいまで近づいたものは自身の頭上の渦に吸い込まれる。
吸収されないためには次元層(次元の壁のようなもの)が3層分必要で、魔法、生物、無生物全て吸い込める。
作中では、魔法による雷数十本、それを打った異次元生物を近づくだけで吸い取り、
最大で、大陸破壊級の重力攻撃でも吸収できると推測される。
ちなみに生物は吸い取られると皮だけのような形状になり、その状態でもすぐに離れれば死なない。
すぐに離れなければ塵のようになって消える。
【防御力】体は割りと脆く、腕を伸ばしたりするだけでもげる。
【素早さ】大きさ相応
【特殊能力】
目から赤い光を出して異次元都市を一瞬で溶かして吸い込んだ。
光の直径は、目の大きさ相応。射程は自身の身長と同程度と推測される。
自身の体のもげた部分に触れると再び同化し、同じように体の部分が生えてくる。
【長所】吸引力、次元層3層分の防御力がないと触れる前に吸い込まれる。
【短所】鈍重さ、悪意ある相手に触れられると魔法が使えなくなる。
【備考】おそらくやっていることは全て魔法によるものなので、
触られれば吸い込まれないだろうし、光も出せないだろうし、再生もしないと思われる。
【戦法】近づきながら目から赤い光を出して相手を吸い込む。
見えなくても前進しながら光を乱射。
【備考】
主人公が仕えている貴族の命を吸い続けている怪物。
縮退の王自体は主人公をなんとも思っていないが、
件の貴族を救おうと主人公が一方的に敵視している。


まとめ
【名前】縮退の王
【属性】宇宙の重心の大渦に住まう魔法使い
【大きさ】高さ10km程で幅数kmの人型、頭の代わりに眼球の半分が生えている
【攻撃力】100m範囲を自身の頭上の渦に魔法、生物、無生物問わず全て吸い込める。
     吸収されないためには次元層(次元の壁のようなもの)が3層分必要
     大陸破壊級の重力攻撃でも吸収できる。
【防御力】腕を伸ばしたりするだけでもげる。
【素早さ】大きさ相応
【特殊能力】目から赤い光を出して都市を一瞬で溶かして吸い込んだ。
      射程は10km範囲
【長所】吸引力
【短所】防御力、素早さ



7スレ目

684 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/09/23(日) 12:11:54
縮退の王

○>クインメザード>バーンパレス>『敵』=オルファン:吸い込み勝ち

×>ヤーブナ:接近前に異次元追放負け
×>デスタムーア:別次元移動されてそこから任意の地点に攻撃されて負け
○オデッサ:吸い込み勝ち
×>魔竜:次元の境界をあやふやにする空間破砕で渦を破壊され負け
△>黒き月:移動できるなら追いつけない。
×>巳子>バジリスク>ノストラダムス>海難法師:見たら負け

ヤーブナ>縮退の王>クインメザード