【作品名】ジョジョの奇妙な冒険OVA
【ジャンル】OVA
【名前】DIO
【属性】吸血鬼
【大きさ】大柄な成人男性程度+タンクローリー並み(武器)
【攻撃力】20m程の船を持ち上げて全力ジャンプしたり、貨物列車を一両引っくり返すのも容易な近接格闘能力。
     20mほどの船を爆砕するパンチなどと同等の格闘攻撃力。
     殴り飛ばしたり投げ飛ばしたりした人間大の相手が当たった車がほぼスクラップ化。
     連射することで半径3mほどの石塔を真っ二つにへし折り、一発で厚さ10cmほどの
     石壁を撃ち抜く散弾攻撃を指一本で弾き飛ばしてビリヤードの弾の様に反射させて回避したり、蹴りで跳ね返したり出来る。
     10m程の石塔を投げられても到達する端からパンチで砕いて切り抜けられる。
【防御力】連射することで半径3mほどの石塔を真っ二つにへし折り、一発で厚さ10cmほどの石壁を撃ち抜く散弾攻撃を
     数発食らっても無傷。周囲の厚さ20cmほどの石床の半径5mほどを爆砕するエネルギー(?)注入攻撃を
     食らっても「貴様が一番なまっちょろい」とか言えるくらいに余裕。
     ナイフで切り傷が付いても数秒で治癒し、頭の肉が抉れてもやはり数秒で治癒して出血も消える。
     フェンシング用の剣で脳味噌含めて頭串刺しにされても時間停止して「しくじったか○○!」とか部下を叱責できる程度には
     余裕がある。
     20mほどの船を爆砕したりトラックを殴って弾いたりする相手のパンチを連続で数発食らっても余裕。

     日光で灰になる。

【素早さ】至近距離においての光速に対応可能な反応速度。
     下記の承太郎が攻撃し始めたのを確認してから時間を止め、明後日の方向に向けて回避したりできる。
     移動速度は常人の全力疾走(=5~10m/s)を秒速7.5mとした場合、常人が一秒走る間にその
     26.5倍の速度で走れる程度。(=秒速198.5m)
     一飛びで30mほどジャンプできる。ジャンプ中に軌道変更可能。速度はDIO自身の全力疾走相応。


【特殊能力】
『世界』:スタンド能力。具現化した幽霊のようなものであり、物質と一体化しているなど、一部の例外を除いて常人には視認不可能。
     DIOの世界は通常のスタンド能力と同様、常人では視認できない。追加テンプレ参照。自分の体を基点に一瞬で出現・収納可能。

時間停止:DIOの主観時間で5秒動けた時よりもまだまだ余裕で(具体的には分からないが、作中の反応から)止められる。
     ノーモーションで即座に発動。一度止めた後に連続発動で延々と止めるのは無理なので、多少のブランクは
     あるのだろうが、乱用も出来る模様。少なくとも次に止めるまで数秒は掛からないだろう。停止時間を分けて
     使ったりもできるようなので、五秒刻みでストックが途切れないように使用する方向で。
     2秒間に常人がDIOと同じ視点で見ていると53秒間ほど掛かる行動を取れる。内訳は以下。
途中でナイフなど拾いつつ全力疾走28秒間(移動距離は推定210m)→敵の前に到着、くっちゃべりながら相手を見下ろし、
ゆっくりナイフ投げて振り返る。DIO主観において到着から振り返って残り三秒のカウント開始までに25秒。

相手に腕を突き刺して数秒で見るからにしおれるレベルに吸血可能。

スタンドを視認可能なので普通は不可視なものも見えるはず。
【長所】時間停止時の主観時間がマジで長い。声が合ってないとか言われるけど結構ありだと思うよ。
【短所】漫画と違って物質透過とかしてない。九秒とか言ってない。最初にどうしても感じてしまう違和感。
     テレビチャンピオン的な意味で。
【環境】夜で。
【速度計算】
光の速度で動くと作中で明言されているハングドマンが人の瞳から上方のコインに向かって飛び立ったのを確認後、
スタンドであるシルバーチャリオッツを出現させ、10mくらい先に居るハングドマンを追い抜かせ、コインまで到達するのに
数cmの状態で(まだ剣を振り上げてない状態。また、上って行って追い越した状態から身体を上下反転させてハングドマンの
進行方向から切り下げる形で)ぶった切れるポルナレフ。
2mくらいの距離でポルナレフの顔に飛び掛った時、ポルナレフが反応できなかったゲブ神。
2m程の距離でゲブ神の攻撃を間一髪で回避しつつ、ゲブ神の攻撃とほぼ同等の速度の一撃を打ち込めるその時点での承太郎。
つまり近接格闘間合いにおける光速反応、攻撃速度。その状態の承太郎に「話にならんな」とか「貧弱」呼ばわりできる程度の
優勢を取れるDIO。

反応及び攻撃速度:DIO>ゲブ神戦の承太郎>ポル であると考えられる。

普通じゃとても見切れないスピードとか色々言っているが、作中描写で引っ繰り返しているので描写を優先した。

【名前】世界
【属性】スタンド能力
【大きさ】2m程のマッチョっぽいヴィジョン
【攻撃力】パンチで腹をぶち抜かれた人間が数十m吹っ飛んでネオンサインの看板を砕き、そのまま更に数十m
     吹っ飛んで貯水タンクにめり込んだ。
     鉄製の高さ5m、横の長さは倍程度の鉄骨看板を殴ったら一発でぐしゃぐしゃに歪んだ。
     20mの船を爆砕するパンチなどと同等の格闘攻撃力。
【防御力】20mの船を爆砕するパンチなどを数発食らってもまだまだ元気。
【素早さ】至近距離においての光速に対応可能な攻撃速度。反応は本体依存(=至近距離においての光速に対応可能な反応速度)。
     移動はDIO本体よりも多少早い。
【特殊能力】本体から10mほどまでは離れて行動可能。
      世界が食らったダメージがそのまま本体にも跳ね返る。部位なども同様。
時間停止:本体参照。

【名前】タンクローリー
【属性】武器
【大きさ】タンクローリー並み(縦12m、幅1.9m、縦3.6m ※四捨五入)
【攻撃力】ジャンプして敵に叩きつけることで半径20mくらいの爆発と火災を起こす
【防御力】タンクローリー並み
http://nakaosanso.co.jp/n_gus_size_big.html

----
vol.94
226 :格無しさん:2012/11/03(土) 18:22:38.90 ID:ZJRFir4m
DIO様(OVA)考察するぞジョォジョォォォォォォ!!
 反応はすさまじいし時間停止能力持ちだがッ! 攻撃力はさほどでもないッ!!
 戦法は時止め→無駄無駄パンチ→タンクローリー

○クオータ コイツの完全上位互換
○○シドウ、幽霊 スタンドに攻撃させて勝ち
×スカラベーダ 重力負け
○クリス 戦法通りやってコックピット破壊勝ち
○蛇 スタンドに攻撃させて勝ち
×ダレス 石化は効かないがそのうち朝が来て負け
○○○○○○メガロドン~ハウエンクア 戦法勝ち
×ラプソーン 攻撃全く効かず、怪しい瞳負け
○怪獣アングルモア 目とか狙って殴りまくれば何とか朝が来る前に倒せる
○○デモンベインっぽいロボ、キングマンモー 戦法勝ち
○ファイレクシアン アングルモア参照
×××ギミックタワー~アスキング あまりに頑丈なので朝が来て負け
○マドロック 殴りまくって勝ち
××ガガ竜、海原番長 朝が来て負け
○ドラパパ アングルモア参照
×サソリガドラス 朝が来て負け

 もっと上まで行けるかもしれないがとりあえずここで終了

ギミックタワー>DIO(OVA)>ファイレクシアン・ドレッドノート