【魔神の眼&魔神の足】

【作品名】パタリロ西遊記!
【ジャンル】漫画

参考
【名前】孫悟空
【属性】石猿。神仙の仲間。
【大きさ】人間の小学生並み
【攻撃力】腕力:八トンの如意棒を軽々振り回せる腕力。
     如意棒:重さ八トン。伸縮自在でいくらでも伸びる棒。最低でも長さ10kmは伸びる。
         大きさも自在に変化する。普段は小さくして耳の中に入れている。
         ただ如意棒を伸ばしてぶつけるだけで人間の達人以上に強い妖怪の頭を粉々に砕く。
         身長10m程度の大きさの妖怪も如意棒で貫くことで容易く殺す。
         自分と大差ない防御力の相手でも如意棒で殴って気絶させられる。
         その気になれば如意棒で小惑星でも破壊できるらしい。(自称というか設定というか)
【防御力】山(高さ100mと思われる山が3~4個並んでいる)半分が大爆発して吹き飛んでも少し汚れた程度。
     金剛石の宝玉を叩き割る石頭。青銅の剣でザコ妖怪に斬られても剣が欠ける。
     少々の水では消せない炎で全身を焼かれても表面が焦げるだけで全然平気。
     水が瞬間蒸発するほどの高熱でも死なない。
     小さな惑星に匹敵する質量の山で押しつぶされても意識が遠のき危険だったが死にはしない。
         赤ん坊のころ3000m級の山の頂上からまっさかさまに落ちたが痛がる程度。
     首を跳ねられても平気。
     一週間頭と胴が別々でも平気(台詞より推測)。
【素早さ】反応速度:5~6m先の音速の数十倍の速度の触手攻撃(触手は確認できるのは六本程度)
          を見切って全て回避しながら相手に接近できる反応速度。
          上記の触手攻撃が目の前5cm程度に迫ってからしゃがんでも回避できる。
          油断してなくて不意打ちでなければ近距離(数m程度先)から
          発射された機械的レーザーも回避可能。
          (悟空と互角以下の速度のキャラ(用心深く油断しない性格)は
           不意打ちであっても数m先から発射されたレーザーに反応して防げた。
     戦闘速度:金斗雲に乗ってなくても10m程度なら一瞬で移動できる戦闘速度。
     飛行速度:金斗雲に乗ればひと飛び十万八千里で飛行可能。
          金斗雲で5時間飛べばそろそろアンドロメダ星雲につくな、と思う程度の速度。
          また数cmの幅を高速で何度も往復することで、飛行速度はほとんど光速に達する。
【特殊能力】金斗雲:足元から突然出せる。原理は不明。
      透過能力:壁などの物体を任意で透過できる。金斗雲に乗っている間でも使用可能。
           洞窟の壁を壊すことなくするりと通り抜けた。
      加速の術:素早さが通常時の数十倍になる。(テンプレの【素早さ】は通常時のもの)
           予備動作無しで即発動可能。
           数m先のレーザーを発射後対応したキャラが視認どころか
           移動したことにも全く気がつかない速度で10m以上移動して行動可能。
      身外身の術:髪の一本一本が分身と化す。分身の実力は本体の数分の一。
            分身も能力を全て使用可。
            武器も持ってるし金斗雲もそれぞれの分身がそれぞれ出せる。  
      深昏睡の術:射程約2m。即発動。相手の行動を封じる。人間や神仙には確実に効果がある。
      金縛りの術:射程1m程度か。即発動。作中では人間サイズの妖怪の動きを封じる。
      瞬間移動:即発動可能。作中で移動したのは5m程度。
           しかしこの世界の神仙の平均的な瞬間移動の移動距離は数百m。
         変身能力:人間や虫や瓢箪など生物、非生物問わず様々なものに変身可能。
           即発動。能力まではコピー不可。化けたものの最大サイズは人間ぐらい。
           自分だけでなく、手で触れば他人も別の姿に変えることが出来る。
           相手が多数の場合、相手の誰かを自分に変身させて同士討ちさせることも出来る。
           相手を強制変身させた時の相手は人間サイズ。
      立体映像:立体映像を自在に作れる。動かすことも可能。射程は1m程度。
      透視能力:地面の下などにあるものも見通せる。
      観念動力:サイコキネシス。2~3mの岩を宙に浮遊させられるほど。射程約5m。
      透明人間:自身を不可視にする。発動はタメなし。不可視でも自由に行動可能。
      浮遊術:金斗雲無しでも飛べる。(浮くという表現のほうが正しいかも)
      地中を掘り進む術:腕をドリルに変化させて地下を掘り進める。二日間で5里掘り進んだ。
      気配察知:目が見えなくても気配で相手の位置がわかる。
  四次元カプセル:物体を小さくして手の平サイズのカプセル運搬する術。やや詳細不明気味。
  幽体離脱:魂を体外に出せる。地獄にいったり、過去に戻って過去を変えたり出来る。
  精神的スパイダーネット:相手をネット内から出られなくする。六耳び猴も出られなかった。
       即発動。範囲は宿屋を覆い隠すぐらい。ただし自分も出られない。
【長所】全体的に強い。
【短所】勿論頭の輪っかだが別に三蔵法師と戦うわけじゃないので関係ない。
【戦法】加速の術を使った状態で参戦。まず相手に近づき深昏睡の術か金縛り。
    それが効かなそうな相手ならとりあえず金斗雲で逃げながら透明人間で不可視になり
    更に身外身の術で分身を増やしまくり分身に戦わせて自分は逃げる。
    中に搭乗者がいるような戦艦やロボット系は分身に透過能力で侵入をさせて中から倒す。
【備考】寿命が滅茶苦茶長い。

【名前】魔神の眼
【属性】超古代に宇宙からやって来た魔神の眼
【大きさ】直径3m程度
【攻撃力】眼から光線:タメ数秒。珪素に核分裂を起こさせる。威力は大都市を半分破壊するほど。
           射程は数km程度か。上空から撃って爆発に自分は巻き込まれていない。
【防御力】通常の防御力は不明なので大きさ相応の眼ということで。
     宇宙からやって来た魔神の眼なので恐らく宇宙生存可能。
     非実体化:足が出来るので恐らく可能。攻撃する瞬間だけ実体化して、
          それ以外の時は非実体化しているため攻撃は効かない。
          非実体化と実体化の変化は一瞬で可能。
【素早さ】反応速度:悟空以上と思われる。
          (悟空の攻撃に対応して非実体化し、作中一度も攻撃をくらっていない。)
     宙を浮いて移動出来るが、速度不明。
【特殊能力】瞬間移動:恐らく数百m程度の距離なら瞬間移動できる。
【戦法】瞬間移動しながら上空行ってから地上に向けて光線を撃つ。

【名前】魔神の足
【属性】超古代に宇宙からやって来た魔神の足
【大きさ】10メートル程度
【攻撃力】踏み潰しによって錆びれた御堂を粉砕できる。
【防御力】魔神の眼の光線による大爆発に巻き込まれたようだが平気。
     (非実体化した可能性も無いことはないが少なくとも作中ではそのことは示されていない。)
     宇宙からやって来た魔神の足なので恐らく宇宙生存可能。
     非実体化:攻撃する瞬間だけ実体化して、
          それ以外の時は非実体化しているため通常攻撃は一切効かない。
          非実体化と実体化の変化は一瞬で可能。
【素早さ】反応速度:悟空以上と思われる。
          (悟空の攻撃に対応して非実体化し、作中一度も攻撃をくらっていない。)
     宙を浮いて移動出来るが、速度不明。
【特殊能力】瞬間移動:恐らく数百m程度の距離なら瞬間移動できる。
【長所】古代に牛魔王と戦い、半年がかりで封印された。
    体はバラバラにされており、封印が解かれたのは眼と片足だけ。
【短所】一部しか解放されなかったため、全力時の能力不明。何を考えていたかも不明。
【戦法】基本は非実体化モードで戦闘は眼に任せる。攻撃できそうなら実体化して頑張る。
【備考】封印を解いてくれた羅刹女が殺されたと同時に封印が再発動し
    負けた訳でも無いのに退場させられた。要するに負けてない。悟空の攻撃も一撃もくらってない。
【備考】一万年前王星(ちきゅう)に出現した邪悪な存在。王星起源でないことしかわかっていない。
善なる神々と長い戦いが始まったが決着をつけたのは神々ではなくもう一つの巨悪牛魔王(一応ラスボス)。
牛魔王はクリプトン鉱石を用い魔神の霊体を分断し個別に呪縛した。牛魔王の妻羅刹女が三蔵法師一行に
息子を殺された恨みを晴らすため封印をとき三蔵法師一行を攻撃させた。



まとめ
【名前】魔神の眼&足
【属性】超古代に宇宙からやって来た魔神の眼と足
【大きさ】眼は直径3m程度、足は10m程度
【攻撃力】眼から光線:タメ数秒。射程数km程度珪素に核分裂を起こさせる。
           威力は大都市を半分破壊するくらい
【防御力】大都市の半分破壊に耐えられる
     非実体化:物理攻撃無効
【素早さ】反応は超光速。数百m程度を瞬間移動可
【長所】シンプル
【短所】詳細不明


1スレ目