【作品名】マリンハンター
【ジャンル】海洋SFまんが
【共通設定・世界観】
本作の舞台は海洋新世紀と言われる遠い未来。21世紀末に衝突した小惑星により陸地のほとんどが海に沈んだ。
世界はシロナガスクジラのFHの血族の手により支配され、帝国海軍が海を7つの区に区分して統治している。

オーシャンドラッグ:海の秘薬。十分に鍛錬を重ねた人間でも一週間近い生死の境をさまよう程の強い毒性があるが、それに耐えれば
          神秘的な力を得てFHとして覚醒する。
FH(フィッシュハーフ):いわゆる超能力者。魚類、海獣、甲殻類などの水棲生物の特性を持つ人間のこと。
            多くはオーシャンドラッグの服用によって覚醒するが、稀に生まれながらにしてその能力を持つ者もいる。
            人間の兵士ならば何十人いてもまるで相手にならないほどの戦闘能力を持つ。
            どこぞの漫画の魚人とは違って水中無制限行動が可能なわけではなく、時折海面に出て酸素を摂取する
            必要がある。(水中での活動時間は魚類系で30分ほどはあるようだ)
セタシアン:鯨類種のFHを指す。全身の毛穴から空気を放出することができ、それを一転に集中することで「ブロウ」と呼ばれる衝撃波を
      放つことができる。作中ではシロナガスクジラ、シャチ、マイルカ、シロイルカ、イッカク、バンドウクジラのFHが確認された。
      水中では5分程度息が持つ

【速度計算】
1秒間に30発ほどパンチを放ち、なおかつ軍人が反応できない速度で6mほどを駆け抜けられる初期のシャーク(戦闘速度30m/s)
このシャークと同等に戦える初期のオルカが反応できない速度で2mの距離を詰める暴走シャーク(戦闘速度60m/s)
この暴走シャークよりさらに速い本気を出したオルカの斬撃に余裕で反応し、なおかつ彼を上回る速度で叩きのめせる中期シャークが
ローレンチーニをフルに活用しても反応できないくらい素早く攻撃を仕掛け、なおかつシャークの拳に反応して避けるホエール
そのホエールが反応できない速度で10m先から背後を取る後期シャーク(戦闘速度600m/s=マッハ1,67)
この動きを完璧に視認して殴り倒せる究極形態ホエールと、互角に戦えるシャーク(戦闘反応共にマッハ1,67)

【名前】ブルー・ホエール少将(究極形態)
【属性】皇子、海軍将校、シロナガスクジラのセタシアン
【大きさ】成人男性並み
【攻撃力】軽い裏拳一発で厚さ10㎝位の水槽のガラスを粉砕。
ブロウ:デフォルトでオルカ(巨漢を数十m先まで吹っ飛ばせる、成人男性をコンクリの壁2枚ぶち抜く勢いで吹っ飛ばす)以上。
キング・ホエール・ダブルブロウ:両掌底をかめはめ波のように合わせて発射。10m級の双首ザメを一発で殺せる。
                初期のシャークに血反吐を吐かせる威力。
キング・ホエール・ガトリング・ブロウ:目にもとまらぬ速さで無数のブロウを放つ。ダブルブロウより上の威力…の通常ホエール
                   が放つガトリングブロウに無傷で耐えた後期のシャークの全身から血の雨を吹き出させる威力
ゴッド・ホエール・インパクト・ブロウ:究極の掌底ブロウ。上記の技を上回る威力。
【防御力】上空10m位から降ってきた3mの鉄球をバラバラに砕くシャークパンチを喰らって吹っ飛ばされてもピンピンしている。
【素早さ】マッハ1,67の戦闘・反応速度。他は達人並み。
【特殊能力】オルカとは比べ物にならないほど大量の空気を体に取り込むことができる。そのさまは、まるで竜巻。
エア・ヴェール:掌底から大量の空気圧を放ち、竜巻を起こしてシャークを空中に引き上げた。
【長所】一人で軍艦に勝てそうなスペック
【短所】究極形態がカッコ悪い。思想がザビ家。
【戦法】エア・ヴェールで空中に固定しゴッド(ry。でかい相手には直接ゴッド(ry
【備考】ラスボスであり、主人公を捕獲した過去の怨敵。
【参考】シャーク

vol.94
554:格無しさん[sage] 投稿日:2014/03/07(金) 21:09:11.41 ID:CHDgysSY [2/2]

ブルー・ホエール少佐考察
マッハ1.67反応の10m級生物破壊攻防

攻防的に音速対応の壁から

カマイタチのオジイまで勝ち越せるが、REX以降負け越してしまうので

ブルー・ホエール少佐>カマイタチのオジイ