※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ヨグ・ソトト】


【作品名】妖神グルメ
【ジャンル】ラノベ
【名前】ヨグ・ソトト
【属性】すべてにしてひとつのもの
【大きさ】すべての時と共に存在し、あらゆる空間に接する(世界観相応の多元及び時間偏在)
【攻撃力】空間に滲み出た影から、影でできた手を伸ばす。生物が触れられると、表皮だけを残して内部の肉体が消える
     射程は世界観全域
【防御力】世界観相応の大きさ、宇宙開闢以前から存在する
     死を越えた存在 アザトースにより銀河の誕生が三兆年遅れたので寿命はそれ以上
【素早さ】10万分の1秒を捕える監視衛星の電子の眼でも、認識できない速度でオーストラリアの沖合から
     アメリカのマサチューセッツ州まで延びるクトゥルーの触手と戦える
【特殊能力】時空連続体そのものである
・主人公を飛行中の旅客機の中から、インドのデリーまで移動させた 
・主人公を殺そうとした者達(人間)を、記憶を改竄し、存在をこの世に最初からいなかったことにした 
・クトゥルーの信徒達(半魚人)を消滅させたりした 
・信徒めがけて振るわれたスパナを振るった奴の腹に傷をつけることなく入れた 
【戦法】存在抹消
    攻撃された場合、反応が間に合うなら相手の内部に送り返す。抹消できないなら触って皮だけにする
【備考】この作品は後に、魔界都市シリーズで、事実を元に創作された劇中劇として登場する
    魔界都市シリーズにもヨグ・ソトトは登場するので、劇中のヨグ・ソトトは魔界都市シリーズのそれと
    同じと見做して世界観を流用する
【世界観】
  • 可能性の数だけ無数に分岐する平行世界(一次多元)がひとつの宇宙を形成し
  • 更にビッグ・バンにより無数の新しい宇宙が生まれ続けている
  • 神隠しにあった人間が行く先である『向こう側』
 死者が行く『冥界』があり『向こう側』や『冥界』との中間地帯が在る『向こう側』や『冥界』は星一つ分はあるだろう
  • 大きさは不明だが人や吸血鬼や動物の見る夢の世界(百億以上)も存在する
  二次多元+星2+α
【長所】設定流用による範囲の広さ
【短所】主人公に毒盛られて退場 流用元が作者自身による原作レ○プに近い
【戦法】存在抹消


vol.94
417 :格無しさん:2013/12/04(水) 22:43:43.00 ID:CdGKpbIK
ヨグ・ソトト考察
こいつWIKIにページできてねーじゃねーか!
大体二次多元規模の遍在で不死、攻撃力はこの規模だと微弱
二次多元+ちょっとの規模の遍在なので無貌の神に規模勝ちだがすぐ上のタマネギに任意全能負け
これ以下は規模的にまず負けない

タマネギ>ヨグ・ソトト>無貌の神

この規模までいくと下位より考察が楽だな