【ひしぎ】


【作品名】SAMURAI DEEPER KYO
【ジャンル】漫画
【名前】ひしぎ

ttp://mediatorweb.web.fc2.com/template/00050000/samuraideeperkyo.html

【作品紹介】
1999年から2006年にかけて週刊少年マガジンに連載され、目出度く大団円を迎えたトンデモサムライ漫画。
作者は上条明峰。なお、作中カタカナ言葉はやたら多いが、
「SAMURAI」「GENKAITOPPA」等のアルファベット用語は主に2chでのもの
(原因はアニメのサブタイか?)なので、ここでは使わない。

【共通設定・世界観】(どうでもいいかも知れないが一応ネタバレあり)
壬生一族:世界中のありとあらゆる医学・呪術を掌握し日本の歴史を影から動かしているといわれる謎の一族
     ――と言う設定だったはず。その術により不老長寿。皆特殊な能力を持っており、「人間と壬生一族」
     と言う対比がなされることもあったが、どこまで人間から離れた存在なのかは不明。
     (人間の中も特殊な能力を持つ者はいる)
真の壬生一族:実は真の壬生一族は、既に滅びてしまっていた。現在の壬生一族はそれに創られた“戦闘人形”
         である。(ここでは作中の表記に従い、“真の”と付かない場合は創られた方を指す)
       造られし命は死ぬと元から命などなかったかのように粉になって消えてしまい、反魂術でも
       蘇生は不可能。また創られた命の中でも「できそこない」と言われるものは怪物的な姿のものも多い。
       なお造られた壬生一族でも人間との間に子供を作ることは可能。
「紅十字」の四守護士(レッドクロスナイツ):現在の壬生一族同様創られたものだが、真の壬生一族の血肉から
          創られており、真の壬生一族に近い、“戦闘人形”とは一線を画する存在。
紅(あか)き眼:真の壬生一族の特徴らしい。今の壬生一族にもしばしば発言するが、真の壬生一族には更に上位の
        真の“紅き眼”が存在。それぞれ発現すると強くなる・・・はずなのだが、変化の度合いが描写不足の
        場合は割愛、発現前と後のデータは混ぜて書いておいた。

【備考】
  • この漫画では「何でも操る歌声」でも「絶対零度を超えた凍気」でも「石化」でも基本的に何でも
“闘気(オーラ)”で防げる。便利なオーラ。(勿論、相応の闘気の強さが必要)
  • 第1話の雑魚でも火縄銃の弾を歯で白刃取り出来た。強キャラはそいつが何をされたかも
 分からない速度がデフォ。そこから順調にインフレし光速に至ったわけだが、参考までに
 インフレ前の狂でも、一瞬で50人の間を通り抜け全員に5発ずつ入れることが余裕でできた。
 また隕石攻撃(天然の隕石ではないが、一瞬で成層圏から地上に届く)に対応可能。
(以下はあまり重要ではないので読まなくても可)
 なお光速刀の登場する少し前から(勿論それだけで光速の根拠にはならないが)
「攻撃が光の洪水に見えた」等の光を思わせる描写があった。
(聖闘士星矢の光速拳辺りを意識していたように思われる)
【長所】設定・描写ともちゃんとインフレしている
【短所】インフレしても破壊描写が小さめ

なお【大きさ】は特に記載のない場合全員人並み。

(簡易テンプレ)
【先鋒】ひしぎ:数十mの底の見えない地割れ攻撃を最大で7発同時+20mクレーターで無傷+光速+石化+監禁
【次鋒】吹雪:水(あるいは濃硫酸)による攻撃数十m級+100m地割れ級以上で戦闘続行可能+光速+水分操作
【中堅】壬生京四郎:100m地割れ級より強い攻撃+100m地割れ級以上×4を防御+光速以上
【副将】先代“紅の王”:狂より若干落ちる位のスペック+心臓が体内に無し+数km範囲に雑魚兵士量産等
【大将】鬼眼の狂:100m地割れ級×4×数倍より強い攻防(基礎スペック)+更に上の大技×4×3以上が可能
          同等の奴の大技×3にもなんとか耐える+超光速

【名前】ひしぎ
【属性】壬生一族、太四老
【攻撃力】互角の相手としばらく斬り合った結果、周囲十数mの地面が全て1~2mの深さで抉られ、
     更に幾つもの深いクレーターや地割れが出来ていた。
     白夜:光速刀。数m以上の三日月形の斬撃を飛ばす。(これが光速と思われる)
        射程数十m、進路上に幅数mの底の見えない地割れを作る威力。
        それを同時に7本放てる。(刀を掲げて光の刀身を7本並べて出現させ、一気に飛ばす)
        軌道操作したのか相手の四方から飛んで来たこともある。
     悪魔の眼(メドゥサ・アイ):左半身にびっしり埋め込まれた目。これを覆うマスクと服を外すことで
                 発動(瞬時)。この目から放たれる光を浴びたものは石化→灰化する。
         初は眼を見ると、と言う話だったが相手も何をされたのか気付かない内に石化していたり、
         盲目の相手にも有効だったので、見なくても有効。半分石化させるだけ等加減も可能。
         同等の相手は石化止まりで、更に力を発揮すると自力で復活された。
         射程は描写の限りでは数m。一応、間の地面が石化していた描写もある。
     自爆:数秒かけて周りの地面が砕けていき、最後に大きな爆発が来る感じ。周囲数十mの地面を
        深さ2,3mに渡って全て吹き飛ばす。自爆と言っても本人も原型を留めておりすぐには死ななかった。
【防御力】上記の互角と相手と斬り合って大丈夫。20m程のクレーターを作る攻撃で無傷。
     この世の温度を超えたと言う「黒い炎」(もっと弱い普通の炎でも1000度以上)でも無傷。
     余波で地面を1~2mは砕きそこから長さ10m深さ数mの亀裂を走らせるのが見た目10倍位に
     パワーアップした狂の“朱雀”をまともに受け、ほぼ戦闘不能。そこから治療は受けたものの
     まだボロボロの状態で狂に組み付き自爆、その後も少しは生きていて、自ら心臓を抜き取り死亡。
         生気を吸い取り5人を瞬時にミイラ化した技が全く効かない。
     悪魔の眼は所持者をあらゆる邪術から守る・・・とのことで、別人だが複製のメドゥサ・アイによる
     石化を防いだ描写あり。幻術は有効な様子。
【素早さ】四方から飛んで来た光速刀に反応、1~2mに迫ってから気合い一閃で全てはねのける奴と互角。
     その隙にその相手の頭上にに回り込んだりできる相応の短距離移動・戦闘速度。
     インフレ前のレベルのキャラ(備考参照)が何をされたか全く気付かない間に数mを通り過ぎ、
     「悪魔の眼」で半身石化した上、服を元に戻していた。
【特殊能力】結界:黒い稲妻状の檻で人を囲む。発動一瞬、射程は至近か、数m位のを一度に複数維持可能。
         自身の自爆から中の連中を守りきり、また中から破ることも同等の奴でも不可能だった。
         監禁以外に使った描写は無し。
      導質光(リュート:ジェクト):抜き取った自身の心臓を他者に移植した。共同研究者であった人物が
         同系統の技で人を狂戦士化させるアメーバを摘出しているので、同様のことが出来る?
        (自身への使用描写は無いが、出来るらしい台詞はある)
【長所】光速刀・石化・監禁 割とテンプレが作り易かった
【短所】半身が死の病で崩れかけており「悪魔の眼」で維持している。悪魔の眼を乱用すると命に関わるらしい
【備考】ぶっちゃけスタイルはブラックジャック、職業は生物博士




7スレ目

297 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 20:36:28
ひしぎ

○>ン・ダグバ・ゼバ>女禍>使主名=ヨハネ:石化→灰化勝ち
×壬生:速い。瞬殺負け
×カルパ:任意の位置入れ替え後に距離取られて大量レーザー負け

カルパッチョ>壬生京一郎>ひしぎ