【作品名】ZOMBIEPOWDER.
【ジャンル】漫画。オサレ師匠のデビュー作
【名前】バラーニュ・ビノワ・バルトルイユ・バルムンク
【属性】A0級賞金首・バルムンクサーカス団団長「魔術士(ミスティック)」
【大きさ】186cm、体重不明
【攻撃力】剣を取ってガンマと対等以上に切り結べる。
バルムンクキャノン:増やした6本の腕を前で合わせキャノンにする。エネルギー波を放ち、暴発させられたもののアマンティーヌの
          脇腹と肩口を大きくぶち抜く。
     その他、後述の「魔術」参照。
【防御力】両腕(魔術により生やしたものではない「本物」)を落とされ、バルムンクキャノンの暴発の反動で
     アマンティーヌの肩口と脇腹を突き抜け地面に叩き付けられ、大分ボロボロになったものの戦闘続行可能。
     作中で逃走したため明確な死亡条件は不明だが不死身ではないようだ。
【素早さ】ガンマと互角の戦闘・反応速度。コウモリのような羽を生やし列車に追いつく速さで飛行可能。
【特殊能力】
自ら「魔術」と呼ぶ原理不明の術により、奇術のように様々なことができる
  • 指を銃口にする
  • 腕を増やす(増やした腕は本物ではなく斬り落とされても支障なし)
  • コウモリ羽を生やし空を飛ぶ
  • 蝶ネクタイを蛇にする
  • シルクハットから虎を出す
  • 自ら引きちぎった右腕を変化させ巨人「アマンティーヌ」を作る。詳細は後述。
基本的にバルムンクはアマンティーヌの頭部に合体して操作するが、分離した状態で動かした描写もある。分離・合体は一瞬。
【長所】四肢を奪われた程度では戦闘不能に出来ない
【短所】やや防御が不明瞭か
【戦法】アマンティーヌを装備品として合体した状態で参戦。状況に応じ分離して攻撃。
【備考】主人公の芥火ガンマと敵対する猟奇殺人犯。秘宝を巡ってガンマと殺し合いを行う。
    名前が長いから参戦時には『バルムンク』でいいよ
    ガンマについては主人公スレ参照:http://www38.atwiki.jp/saikyouhero/pages/350.html


 【名前】アマンティーヌ
 【属性】バルムンクの至高魔術の産物
 【大きさ】30m位、足は短くて腕が長く簡単に地面に届く体型
 【攻撃力】パンチで腕の太さ(2~3mはあり)相応の直径のクレーターを作る。
      バルムンク合体時には半径20m位の地面を砕いて隆起させる。
 【防御力】ガンマの斬撃で頭を左右真っ二つに切り裂かれ、更に百数十m吹っ飛ばされても戦闘続行可能。
 【素早さ】移動はあまり速くない感じ。腕の動きは大きさ相応でそれなりの速度だが、ガンマなら対応可能。
 【特殊能力】台詞及び描写から、バルムンクが頭部に合体すればパワーアップするらしい。
 【長所】ちゃんとキャラクタープロフィールあり
 【短所】しかし身長も体重も書いてないので役に立たなかった


vol.96

404 :格無しさん:2015/03/26(木) 13:04:58.70 ID:wsfnnE5w
バラーニュ・ビノワ・バルトルイユ・バルムンク

△>九条神:先手取れるが倒しきれんか。
大幅反応勝ちで相手の射程外から上空攻撃で有利かと思ったが爆発範囲がでかいので五分か。
×=有明十郎太
相手が見えないので地味に熱線負け

○>化鳥>ブルータルウルフ>OT-3
反応勝ってるし空からバルムンクキャノン勝ち

×徳川イエヤス:広範囲魔法負け
×>天御門精兵:飛行時戦闘速度不利で攻防負け
×>闇:先手は取れるが即死ならずで異世界に逃げられてチマチマフィギア化や
転移からの即死で不利

徳川イエヤス>バラーニュ・ビノワ・バルトルイユ・バルムンク >化鳥>ブルータルウルフ □