【世界観】
  • 盤上の世界ディスボード
 地球とは別次元に存在する異世界。 
 十の盟約により全てがゲームで決まりあらゆる殺傷・略奪の類が絶対法則として禁じられている。
 具象化しりとりの際にディスボード世界を模した仮想空間で舞台が惑星であり宇宙があることが確定している。さらに7巻で無数の分岐未来、可能性世界が存在していることが判明。
 これにより地球とディスボードの宇宙それぞれが無数の可能性の分存在している為、世界観は一次多元宇宙×2である。。

  • 十の盟約(じゅうのめいやく)唯一神の座を手にした神、テトが作ったこの世の絶対法則。
 世界に対しての絶対法則と呼ばれており特に範囲に言及はなく月にいる種族に対しても適応されているためここでいう世界は単一宇宙範囲と思われる。
 【一つ】この世界におけるあらゆる殺傷、戦争、略奪を禁ずる
 【二つ】争いは全てゲームにおける勝敗で解決するものとする
 【三つ】ゲームには、相互が対等と判断したものを賭けて行われる
 【四つ】゛三゛に反しない限り、ゲーム内容、賭けるものは一切を問わない
 【五つ】ゲーム内容は、挑まれた方が決定権を有する
 【六つ】゛盟約に誓って。゛行われた賭けは、絶対遵守される
 【七つ】集団における争いは、全権代理者をたてるものとする
 【八つ】ゲーム中の不正発覚は、敗北と見なす
 【九つ】以上をもって神の名のもと絶対不変のルールとする
 【十】みんななかよくプレイしましょう

【作品名】ノーゲーム・ノーライフ
【ジャンル】ライトノベル
【名前】唯一神テト
【属性】ゲームの神・ディスボードの唯一神
【大きさ】外見は小学生の男子程度
【攻撃力】今のところ特に言及されていないので大きさ相応
【防御力】大きさ相応、概念存在。
      ゲームの神のため、ゲームという概念が存在する限り死ぬことはないが
      神髄(形成する核みたいなもの)を破壊するか奪われると不活性化して世界に具現化できなくなる。
      一度不活性化すると信仰心を得ないと活性化することはできないが活性化さえすれば特に維持に信仰は必要ない。
      よって寿命は存在しない
      (実際活性化させたリクは直後に死ぬがテトは不活性化していない)
【素早さ】常時全能扱いのため0秒行動
【特殊能力】全能の力の収まった器である『星杯』を所持。
      それを自在に扱えるテトは時間も形而上学的因果も無意味であり
      あらゆる創造も破壊も過去も未来も、観測も確定も思うがままであり。
      実際に世界を一瞬で再構築したり宇宙に絶対不変な法則(10の盟約)を新たに作り上げたりしている。
      また本人は使う気がないがその気になれば全知であり過去未来問わずあらゆる事象を知ることができる。
【長所】10の盟約による防御と星杯による世界改変能力
【短所】ラスボスなのに1巻序盤で主人公に負ける。
【戦法】世界を改変し相手に勝利する。
【備考】彼をゲームで打ち負かすことが主人公兄妹の当面の目標

vol.99修正

vol.99

493 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/06(水) 23:17:11.22 ID:iAqnXzdv
ノーゲームノーライフの世界観ってテンプレにあるやつに加えて無数の分岐未来、可能性世界があるみたいだからそれを好き勝手出来る設定のテトって多元全能の壁より上に行けんじゃね?

494 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 00:05:24.67 ID:67NMQlRD
テンプレート作成者だがその辺の設定何処にあったかわからんから直せるなら直してくれてもいいよ

498 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 00:38:21.82 ID:8RH4sJlf
494
7巻の159pからだけど
神霊種-超越種には、時間さえ自分達とは異なる尺度で見える。
無数の分岐未来、可能性世界すらも跨いで見渡すその眼には、既にこのゲームの結末が-ともすればその先までも、無数の確定事項として見えてさえいるだろう
ってあったからこれが認められれば多元全能の壁より上に行けるはず

あと最新刊で神霊種が多元時空に跨がる多元知性体って言われてたな

518 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 20:50:23.35 ID:8RH4sJlf [2/4]
テトのテンプレ作成者さんがいないようなので世界観の修正させてもらいます
盤上の世界ディスボード
 地球とは別次元に存在する異世界。 
 十の盟約により全てがゲームで決まりあらゆる殺傷・略奪の類が絶対法則として禁じられている。
 具象化しりとりの際にディスボード世界を模した仮想空間で舞台が惑星であり宇宙があることが確定している。 さらに7巻で無数の分岐未来、可能性世界が存在していることが判明
 これにより地球がある宇宙とディスボードの世界、分岐未来、可能性世界を合わせると一次多元+単一宇宙×2の世界観となる。

520 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 20:56:40.84 ID:xUViDsCH
498
それ現在から未来を見たら無数に可能性がある ってだけとも取れるから現在に並列して世界が存在している設定が必要なのでは

523 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 22:41:08.28 ID:8RH4sJlf [3/4]
520
読み返してみたら
498
の地の文の後に主人公がゲームに敗北し神霊種とそのよりしろが勝った世界、神霊種が死んで他のメンバーで優勝を目指す世界等が並列して存在してるみたいなんだがそれじゃ足りないかな?最後は結局主人公が誰も死なせず圧勝したんだけどさ

524 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 22:42:39.15 ID:WgEiO019
523
それなら問題なさそうだね。

526 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 23:08:59.73 ID:8RH4sJlf [4/4]
あとは神霊種の帆楼が自分が認識した次元点の主人公と今自分たちのいる次元点の主人公は別個体って言ってたからそれもソースにはなる・・・のか?

570 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/10(日) 02:24:54.31 ID:9paLMT0S
518
修正ありがとう
ただこの場合足すんじゃなくて
宇宙が分岐して無限にあるってことだから
単一宇宙は足せないけど特に言及がないなら宇宙ごとに可能性分岐してるだろうから一次多元×2が正しいと思う

盤上の世界ディスボード
 地球とは別次元に存在する異世界。 
 十の盟約により全てがゲームで決まりあらゆる殺傷・略奪の類が絶対法則として禁じられている。
 具象化しりとりの際にディスボード世界を模した仮想空間で舞台が惑星であり宇宙があることが確定している。さらに7巻で無数の分岐未来、可能性世界が存在していることが判明。
 これにより地球とディスボードの宇宙それぞれが無数の可能性の分存在している為、世界観は一次多元宇宙×2である

574 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/10(日) 11:41:27.95 ID:Ef1p0fO4 [1/2]
唯一神テト再考
一次多元×2の常時全能
トリスメギストス>唯一神テト>オーヴァン
ところで主人公スレは天文的な数=無限って廃止なってたけどこっちはまだ有効なんだよね、トリスメギストスのことだが

575 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/10(日) 11:52:21.38 ID:tJIS/Vn2 [2/2]
考察乙

ちょっと過去ログを確認したけど
主人公スレで「天文学的な数=無数」は廃止になっていないよ
「天文学的な数」と直接明言されないと無数にならないってだけ

576 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/10(日) 11:57:28.01 ID:Ef1p0fO4 [2/2]
なるほど
神座は那由多という単位だからってだけだったか


vol.96

439 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 23:53:49.61 ID:/hiRkTKD

以前考察期間だったので再投稿
ほぼ全能は同じ範囲の全能に勝てないだけで全能扱いになるって話だったので修正。

自己考察
単一宇宙全能越えの恭介より上だが単一宇宙×2+αには範囲で負けるので
アザリン=神(イコノクラスト)>唯一神テト>棗恭介