【作品名】ボボボーボ・ボーボボおよび続編の真説ボボボーボ・ボーボボ
【ジャンル】漫画
【共通設定】
『不条理描写について』
不条理描写とは、作品の「表現」のレベルにおける事柄と考えられ、 作中の「現実」で起きているとは解釈されないものである。
とのルールを踏まえた上で描写の採用例と不採用例を挙げる。
○ボーボボが鼻毛で攻撃することにより相手にダメージを与えた。(相手がダメージを受けてるので採用)
○ボーボボが元に戻れと念じる事により、ハレクラニのお金化から人間に戻れた。(戻った経緯が説明されているので採用)
○敵をバラバラにした後爆発した。(その後敵が何の説明もなく復活してない場合は採用)
×冥王星で相手を押しつぶして攻撃。(明らかに地球にもダメージを受けてるが、その破壊描写がないので不採用)
×ギガが出した10M以上のオブジェが首領パッチを潰してドールにしたが、2ページ後には普通に戻ってた。
(戻った経緯が説明されていないので不採用。一応あるにはあるが意味不明)
×ボーボボがところ天の助の顔を吹き飛ばして攻撃したが、その後なんの説明もなくところ天の助の顔が元通りになった。
(これ関係多い所為で、すばやさ計算ほとんど駄目になった)

『聖鼻毛領域について』
ボーボボの作った世界。太陽などの天体がある世界なので単一宇宙規模
魂が解放できない攻撃は全て無効らしいのだが、魂の解放できない攻撃は受験勉強に変わると言われてもよくわからないので考慮しようがない。

『精神攻撃について』
魂を開放出来ないものは精神が崩壊し死ぬこととなる聖鼻毛領域
描写では魂を開放出来なかった奴は精神を崩壊させて口から血を吐き死んだ。人外にも有効。×1の精神攻撃
その領域に耐えられる者ですら耐えられないルビーの遊んだ者を無意識に洗脳できるブレインウォッシング。精神攻撃×2
その精神攻撃に耐えられるドンパッチ 精神耐性×2
そのドンパッチが耐えられないアンプから発する大音量を聞いたものは自然に体がギガを敬うポーズになるギガサウンド 精神攻撃×3
そのギガサウンドに耐えて無礼を働いて攻撃できるボーボボ 精神耐性×3
そのボーボボが耐えられない相手を幻覚に引き込む真夏のINAKA攻撃 精神攻撃×4
その精神攻撃に耐えられるドンパッチ 精神耐性×4
またボーボボが耐えられないレムの相手を眠らせて夢の世界に引きづりこむ睡眠攻撃 精神攻撃×4
その精神攻撃を破って夢世界から戻ってきたボーボボ 精神耐性×4
そのボーボボの精神を完全に破壊したブルーマジック神拳 精神攻撃×5
そのブルーマジック神拳を打ち破ったボーボボ 精神耐性×5

【速度計算】
一般人を一方的に毛狩れる達人並みであろう毛狩り隊の隊員を10Mから離れた場所で攻撃出来るボーボボ=秒速50mの攻撃速度
そのボーボボの攻撃を至近距離でガードできるGブロック隊長=秒速50mの戦闘反応および反応速度
そのGブロック隊長が攻撃モーションに入ってから攻撃される前に至近距離で反応して攻撃に移れるようになったボーボボ=秒速50mの戦闘速度および反応速度
そのボーボボが10M先から反応できない坂下先輩(Cブロック隊員)の攻撃=秒速500mの攻撃速度
その坂下先輩の攻撃に反応して5Mくらいの地点から移動してボーボボを庇える首領パッチ=秒速2.5km(マッハ12.25)の反応速度および戦闘速度
その首領パッチが10M先から全く反応できない疾風のゲハの攻撃=秒速25kmの攻撃速度
その疾風のゲハの攻撃に5M先から反応できるボーボボ=秒速5kmの反応速度
そのボーボボと至近距離で互角の攻防が出来る完・乱謝=秒速5kmの戦闘速度および反応速度
その完・乱謝が反応できない速度で10M先から攻撃を当てられるようになったボーボボ=秒速50kmの攻撃速度
そのボーボボの攻撃よりもさらに素早い速度でパンチが出来るAブロック副隊長カツ=秒速50kmの攻撃速度
そのカツのパンチを至近距離でかわせるボーボボ=秒速50kmの反応速度および戦闘速度
そのボーボボと至近距離で互角の攻防が出来るライス=秒速50kmの反応速度および戦闘速度
そのライスが反応できない速度で10Mほど移動しながら攻撃できるボーボボ=秒速500kmの戦闘速度
そのボーボボと至近距離で攻防を繰り広げられる黄河文明=秒速500kmの戦闘速度および反応速度
その黄河文明が反応できない速度で10Mほど移動しながら攻撃できるようになったボーボボ=秒速5000kmの戦闘速度
そのボーボボと至近距離で攻防を繰り広げられるようになった黄河文明とボーボボ=秒速500kmの戦闘速度および反応速度
そのボーボボが50M先から避けられない鮮血のガルベルの攻撃=秒速二万五千kmの戦闘速度および反応速度
そのガルベルの攻撃がほぼ10cmくらいまで近づいてから反応してガード技を出すことができるところてんの助=秒速二十五万kmの戦闘速度および反応速度
その後ところてんの助が2Mくらいの所から避けれない攻撃が出来る覇王。=秒速五十万kmの攻撃速度
さらにその覇王のパンチが10cmほど前に来てから反応して鼻毛でそのパンチを弾き飛ばせるハレクラニ編のボーボボ=秒速五百万kmの戦闘速度および反応速度
さらにそのボーボボに10Mくらいから反応出来ない攻撃が出来るハレクラニ=秒速五千万㎞の攻撃速度=光速の166.7倍の攻撃速度
そのハレクラニの攻撃に至近距離で反応して攻防を行えるようになった出来るようになったハレクラニ編中盤のボーボボ=光速の166.7倍の戦闘速度および反応速度
そのボーボボからの背後の不意打ちを1mくらいの場所で迎撃出来る手加減状態のギガ=光速の166.7倍の反応速度
そのギガが20Mくらい先からまったく避けられない速度で20Mほど突進して攻撃できるギガ編中盤のボーボボ=光速の3334倍の戦闘速度
そのボーボボの突進攻撃に至近距離でカウンターを入れられるハンペン=光速の約3334倍の反応速度および戦闘速度
そのハンペンと攻防を繰り広げられるボーボボおよびドンパッチおよびところてんの助=光速の約3334倍の反応速度および戦闘速度
そのドンパッチおよびところてんの助がおよそ100M先から対処できないツルツルリーナ三世の攻撃=光速の約333400倍の攻撃
そのツルツルリーナ三世の攻撃に至近距離で反応して対処できるボーボボ=光速の約333400倍の反応速度および戦闘速度
そのボーボボが20M先から避けられないOVERの攻撃=光速の約6668000倍の攻撃
その攻撃に10M先から反応して避けられるツルツルリーナ三世=光速の約666800倍の反応速度
そのツルツルリーナ三世を至近距離で攻撃できるようになったボーボボの攻撃=約666800倍の攻撃速度
そのボーボボと同速の攻撃を繰り出し互角に攻防出来る闇夜叉とボーボボ=光速の約666800倍の反応速度および戦闘速度
その闇夜叉の攻撃を至近距離で余裕でかわせるドンパッチ=光速の約666800倍の反応速度
そのドンパッチが100M先からかわすことの出来ないハロンオニ2の攻撃=光速の約66680000倍の攻撃速度
そのハロンオニ2の攻撃を50cmくらいの距離で余裕でかわすことの出来るようになった怒んパッチ=光速の約133360000倍の反応速度
その怒んパッチを至近距離で攻撃することが出来るボーボボ=光速の約133360000倍の攻撃速度
そのボーボボと互角の攻防を繰り広げられるクリムゾン達とボーボボ=光速の約133360000倍の戦闘速度および反応速度。
そのボーボボが50M先から避けられない白狂の攻撃=光速の66億6800万倍の攻撃速度
その攻撃を至近距離でかわせる田楽マン=光速の66億6800万倍の反応速度
その田楽マンに至近距離で攻撃を当てる事が出来るべーべべ=光速の66億6800万倍の攻撃速度
その攻撃に至近距離でガードしたり攻防を繰り広げる事の出来るできるボーボボ=光速の66億6800万倍の反応速度および戦闘速度。
そのボーボボと互角の攻防を繰り広げられるビービビ=光速の66億6800万倍の反応速度および攻撃速度
そのビービビが全く反応できない速度で50Mほど移動しなが戦闘出来る怒んパッチ=光速の3334億倍の戦闘速度
その怒んパッチの動きに対応して攻防を繰り広げられれるようになったビービビ=光速の3334億倍の反応速度および戦闘速度
そのビービビが避けられない速度で10M先から移動して攻撃出来るようになったボーボボ=光速の3兆3340億倍の戦闘速度

『新説ボボボーボ・ボーボボ』
ボーボボが反応できない速度で10M先から移動して攻撃できる世の中ナメ朗=光速の33兆400億倍の戦闘速度
そのナメ朗と互角の攻防を繰り広げられるボーボボとナメ朗=光速の33兆400億倍の戦闘速度および反応速度
そのボーボボがまったく反応できない速度で10M先から移動して攻撃できる覚醒したへっぽこ丸=光速の334兆倍の戦闘速度
そのヘッポコ丸と至近距離で互角の攻防をすることが出来るボーボボとヘッポコ丸=光速の334兆倍の戦闘速度および反応速度
そのボーボボと互角の近接戦闘を繰り広げられる紫龍炎かまらとボーボボ=光速の3400兆倍の戦闘速度および反応速度
そのボーボボが攻撃姿勢に入ってから攻撃される前に反応して反撃に映れるツルツルリーナ三世=光速の3400兆倍の戦闘速度および反応速度=秒速1億590万9663光年の戦闘速度および反応速度


【名前】ツルツルリーナ三世
【属性】ネオマルハーゲ帝国帝王 人外
【大きさ】成人男性より少し大きめ
【攻撃力】単一宇宙規模(聖鼻毛領域)を破壊威力以上の攻撃を喰らってもダメージを受けない相手に近接格闘でダメージを与えることが可能
【防御力】単一宇宙規模(聖鼻毛領域)・(ツルリーナワールド)を破壊威力以上の攻撃を喰らっても戦闘を続行することが可能。宇宙生存可能
     下記に記載する『無重力イリュージョン』の視神経を奪う毒きりを近くで浴びても問題なし。
【素早さ】戦闘速度および反応速度は光速の3340兆倍=秒速1億590万9663光年の戦闘速度および反応速度
     長距離移動速度はほぼ一瞬で遠距離法で地球が人と同じくらいの大きさに見える地点の宇宙から地球に移動できるくらい
【特殊能力】真紅の手品奥義『大布の魔術』:思考発動でおよそ100Mくらいの布を広げて包み込んだ相手を異次元の世界へ飛ばす攻撃。
                     自分も入ることが出来て元の世界に戻ることも可能。
      青藍の手品真拳『シルクハッ虫』:思考発動で口のついたシルクハット姿の虫を召還して相手の精神を食わせる攻撃。
                      虫の攻撃速度は光速の約333400倍のボーボボが10M先から避けられないほどの速度。
                      精神耐性×4のボーボボの理性を完全に破壊できる精神攻撃。射程範囲10Mほど。人間人外に有効。
      真紅の手品真拳超奥義『聖マルハーゲ領域』:思考発動でおよそ数100Mの範囲にいる相手を巻き込んで自分の作った自分が全てを支配する世界(単一宇宙規模)へ飛ばす能力。
                           飛ばされた相手は宇宙空間の地点に飛ばされる。                   
      真紅の手品真拳超奥義『無重力イリュージョン』:思考発動で手のひらサイズの鉄球を数十個召還して相手に飛ばす攻撃。
                             鉄球の内部には視神経を奪う毒きりが入っており相手の周辺にその毒霧を撒く毒攻撃でもある。人間人外に有効の毒
                             毒攻撃なので関係ないだろうが一応精神耐性×5のボーボボにも有効。
                             飛ばす範囲は作中最大描写で10Mほどで弾速は10M先から のボーボボが避けられない速度。  
                             鉄球自体の攻撃力も単一宇宙破壊の攻撃に無傷なボーボボに大ダメージを負わすことが出来る程度。
                             弾速は光速の3340兆倍=秒速1億590万9663光年の戦闘速度および反応速度のボーボボが10M先から避けられない程度。

【長所】マルハーゲ帝王の癖に髪がふさふさ
【短所】わりとあっさりやられた
【戦法】初手無重力イリュージョンで攻撃、それでダメそうなら大布の魔術で相手を異次元に飛ばす、それでもダメそうならシルクハッ虫召還で攻撃
    見えないくらい大きい相手なら大布の魔術で異次元に入りながら出たり入ったりを繰り返しながら攻撃。
【備考】新説ボボボーボ・ボーボボ編のラスボス

参戦 vol.96

775 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/05/23(土) 14:21:24.29 ID:o6+Xzyb9 [3/5]
ツル・ツルリーナ三世 考察 銀河破壊以下では連敗することはそんな無いだろうしここら辺からやってみる

○ レッドアイ       反応速度で勝ってるし無重力イジュージョン連打でいつか勝てる
△ 超銀河眼の時空龍    さすがに大きすぎる 負けないが勝てない
○ 邪悪なる意思       無重力イリュージョンで勝てるか
○ ダリウス大帝       スペック勝ち
△ 巨大インベーダー    負けないが勝てない
○ ベアトリーチェ     無重力イリュージョンで勝てなくてもシルクハッ虫でまぁ勝てるか
○ ウーヌム         無重力イリュージョン連打で勝てるか
○ アンチノミー      無重力イリュージョン勝ち
△ ブラックホール     デカイ分け
△ 図書館         デカイ分け
× 魔人ブウ(純粋)     速すぎる オヤツ光線負け
△ 超魔王バール      速すぎる 負けはしないが勝てない
× 邪心           ピース負け
× モーガン・ル・フェイ  初手無重力イリュージョンだし勝つのキツイかな
× 寄生生命体ヴァルキューレ星人 不可視は無理 精神攻撃で負けるか
× 黒衣の者        美貌から負け

一応宇宙破壊の壁もやってみたけどやっぱ精神耐性くらいはない勝ち星稼ぐのキツイな

図書館>ブラックホール=ツル・ツルリーナ三世>アンチノミー