【作品名】仮面ライダー
【ジャンル】特撮番組
【名前】ショッカーライダー
【属性】改造人間バッタ男
【大きさ】人間大
【攻撃力】仮面ライダー新1号と同等。
     ショッカーライダーと真正面から体当たりしてぶつかり合えば双方死亡するレベル。
     仮面ライダー新1号にも問題なく殴り蹴りで痛がらせることが可能。
     キック一発で戦車を叩き潰し、チョップは鉄棒を叩き折り、噛み付けば地球上のどんな硬い物でも噛み砕ける(設定)。
【防御力】仮面ライダー新1号と全く同じ。
     つまり「東京を更地にする威力の高性能原爆の爆心地に居て、重傷を負うものの死なずに済む」程度。
     他の耐性についても恐らく1号2号と同性能と思われるため、以下は数発なら耐えられるであろう攻撃の例
      絶対零度のトドギラーの息吹を受けても寒がりながら戦闘を続け、5万Vの電流に耐え、10万度に耐える。
      全身絶縁処理がされており、絶対零度以下でも活動可能、殺人オーロラによる刷り込みを無効化し、
      常人が一息吸えば死に、浴び続ければ溶けてしまう毒ガス「死の霧」が充満している中でプロレスしても平気(1時間以上息を止められるらしい)
      当たるとダイナマイト100万本分の爆発を起こす泡の爆発を無効化
      コバルト60の10倍の放射能をだすコバルト120に触れても平気、人を砂にする攻撃が効かない
      鋼鉄を溶かすアリキメデスの酸に耐え、触れたら死ぬ殺人カビを普通に触れ、触れると石化させる白い霧を受けてもなぜか石化しない
      白骨化させる砂もおk、20万度の火炎を浴びても熱がるだけ
      東京10日分の電気で攻撃する相手になんと電気を消滅させる荒業をみせ、麻薬の毒リンプンでもおかしくならない
      体に猛毒が入っても戦い続けられるし、ペスト菌も平気。
      酸素を消滅させた空間でも問題なく活動でき、人をサボテンにする針を受けてもサボテン化しない。
【素早さ】3m位の超至近距離から発射された光学兵器(光速)を発射後に回避できる旧1号よりはるかに素早い。
     ジャンプ力は20m以上はあるか。走行速度は100mを1,5秒で走破する程度。
【特殊能力】劇中未使用なので詳細不明
【長所】要するに初代ライダーと同等の性能
【短所】全員で同時に頭ぶつけて全滅という情けない最期
【戦法】ライダーキック
【備考】仮面ライダーを倒すために作られた偽ライダー。


vol.97

335 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/09/25(金) 20:14:16.84 ID:RJOqEPtZ [2/2]
ショッカーライダー

東京更地より強力なライダーキックや体当たりの威力
1mから光速の1/3をよりはるかに素早い

○>黒セイバー>神野亜零>大宇宙望夢
先手ライダーキック勝ち

×>ヴァルター・ディートリヒ:精神寄生負け
×>マリア・E・クライン(レノア・ヴァレル):見えないので地味に溶解負け
×葵:速過ぎ負け

ヴァルター・ディートリヒ>ショッカーライダー>黒セイバー