【作品名】装甲悪鬼村正 魔界編
【ジャンル】漫画
【速度計算】
通常の攻撃が音速の土方総司の剣が十六本に増えて見える山効撃破剣を電磁障壁で止められる三世村正(1mからのマッハ8反応)
三世村正が反応出来ない速度で100m位間合い詰めて斬りつけられる伊達政宗(1mからのマッハ800戦闘速度)
伊達政宗が5m位の距離まで近づいてから気付いて反応して攻撃防げる湊斗景明 (1mからのマッハ160反応)
景明と近接戦闘できる真田幸村が10m位の距離から全く反応出来ない電磁抜刀・穿を防ぐ柳生十兵衛(1mからのマッハ(1600反応)
柳生十兵衛を近接戦闘で圧倒する宮本武蔵(1mからのマッハ1600反応・戦闘速度)

【名前】武州五輪with宮本武蔵
【属性】神代の劔胄(ツルギ)と仕手
【大きさ】3m近く 劔胄ってのは意思を持つパワードスーツのようなもの
【攻撃力】生身の状態で100m位先にある岩壁に指で弾いた小石をぶつけて数十m規模の爆発を起こす
劔胄装甲した状態で双刀を砂浜に振り下ろして、数十m範囲の砂を100m程上空まで飛ばす
【防御力】設定上武州五輪より防御力が低い桜丸が数十m上空から叩き落とされて無傷なんで、武州五輪もそれ位はあるだろう
生身の状態で数百m上空から落ちてノーダメ
高い回復能力を持つ、少なくとも片腕斬り落とされても全く平気。出血もすぐに止まる
【素早さ】1mからのマッハ1600反応・戦闘速度。この速度で飛べる。
【特殊能力】"術理吸収"見た上で原理を理解すれば、技術・兵器・異能を再現できる。以下修得術理
古飛式三番叟鶴舞:双刀を鎌に変えて投擲する。鎌は五つまで飛ばせる
         「天上天下反転」の術理により、正面からの鎌が背面から、右かくれば左、下から来れば上より襲いかかる。標的の4m位の範囲で発動。
         迎撃しようとした相手の攻撃も逆になり、前方に刀を振ると、後方に刀身が出現する。
高速徹甲弾:軽合金の外殻でタングステンの芯を覆ったもの。背面から9発同時に放つ。連射可能。射程数百m。
       自身と相当の相手に数十m位の距離から迫れる速度。追尾式
天魔反:両腕を一回り大きくして放つ。詳細不明の気象操作系の技。
    劇中では竜巻を3つ起こして海水を巻き上げ、一つに束ねて巨大な槍とし、旋回させながら落として海面に数百m範囲と深さの穴を開けた。
    発動するのに手を三回打ち合わせる
月影:劇中では未使用だが、発言から修得していると思しき技。月明かりによって出来た影により攻撃を透過する。
   あくまで透過させる物体が自身に生じさせた影を透過させるので、超光速だの、自身が発光するだの、完全な闇だのといった状況では効果がない。
   影が薄いと効果も薄れる
亡影:月影の効果範囲を拡大し、相手の影を同化して動きを止め、影中で自身が負った傷を相手にも負わせ、傷を影で蝕み治癒を不可能とする技。
   武蔵の治癒力でも傷が塞がらず出血し続ける
これら全ては任意発動。並列で出せるかは不明
生身で飛行可能
【戦法】雷蝶戦直後の夜の海岸にいる状態で参戦。月影で攻撃を透過しながら斬る
相手が強かったり飛べそうになかったら空飛んで天魔反
【備考】本編の黒幕が主人公殺す為に呼んだ歴史に名を残した武者達の最後の一人
主人公は黒幕との契約に基づいて敵対


vol.97

447 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/09/29(火) 18:13:59.14 ID:7Y5PvS6N [4/4]
武州五輪考察

×黒セイバー:エクスカリバーは光過ぎてて影できないし反応負けだし無理
×神野亜零:亜光速認識切断負け
×>大宇宙望夢:1mから約マッハ8800なので早すぎる。負け

○モエタランガ :マッハ1600の戦闘速度なら瞬間移動前に瞬殺できるだろう
○>シャア・アズナブル=ミリアルド・ピースクラフト>フェイト>ギュネイ・ガス
:月影でビームを透過できるのか怪しいが速度差が圧倒的なので削り勝ちだろう。

これより下はだいたい反転術理と月影でなんとかなる。
防御面は優秀だが攻撃力と範囲がやや足りないか。


神野亜零>大宇宙望夢 (亜光速の壁)

武州五輪>モエタランガ>シャア・アズナブル