【作品名】しびとの剣
【ジャンル】小説
【名前】織田信長with巨大からくり武者
【属性】一度殺されて蘇った改造人間と巨大からくり武者
【大きさ】成人男性並みが乗る9mの甲冑武者
【攻撃力】参考テンプレと力で互角。疲労というものがない。
3m位の刀を持っている
信長は達人並
【防御力】からくり武者は火縄銃程度なら無効。
鋼の鎧の下に鋼の皮膚がある。信長は達人並、胸を開いて心臓を見せることができる
【素早さ】参考テンプレと反応は五分、戦闘速度は10分の1。移動は大きさ相応
【特殊能力】信長の眼を見た者は精神を貫かれ、戦慄する。
達人の精神と技量と最盛期の肉体を再現した人形が、信長が一歩踏み込んで刺すまで棒立ちになった。
常人だとまともに相対することも出来ない
【戦法】主人公の所に来た時のからくり武者の胸から上半身出した状態で参戦。睨みつけて動き止めてから斬殺
【関係】旅先で主人公とトラブって殺され、主人公を殺すために蘇らされる

【参考テンプレ】
【作品名】しびとの剣
【名前】冴月紫微帝
【属性】「反魂の法」で復活した、生前「一人で万騎を倒す」といわれた美丈夫
【大きさ】長身の成人男性並
【攻撃力】羅刹…隕石を鍛えた刀。刀身は九十センチ以上
怪力…成人男性二人を一千メートル上空に放り上げ。
百頭の牛が全力疾走しても首の縄を引かれて一歩も動けず、逆に軽々と引きずられる五メートルの巨大からくり武者と力では五分
巨大からくり武者の全力を十分以上支えられる
戦国時代の火縄銃の弾丸を通さない巨大からくり武者の首筋から胸元まで斬り下げ、左手首を落とす
小刀を投げて巨大からくり武者の肩に突き刺す。からくり武者は鋼の皮膚の上に、同じ材質と思われる鎧を身につけている
飛行具を使って飛行しながら、からくり武者(上記の物とは別)の頭を、頭頂から下顎まで兜ごと斬る(飛行して勢いをつけたわけでは無い)
コイツも鋼作り
姿が見えない程の高空から樫の巨木を貫き幹を揺らす威力の鉄矢を放って来た敵を、鉄矢を掴み取って投げ返して仕留める
新陰流…開祖上泉信綱直伝の剣術。二時間で修得し師と互角になる
【防御力】…不死身。急所を外した槍三本に貫かれて平気。
左肩から右肺上葉まで斬られても平気。その直後食い込んだ刀に落雷し、五万ボルトの電流が流れてダウン

【素早さ】刀身に落雷し、通電する前に刀を離して跳びすされる剣士が、抜き遅れる速さで斬りつけられる。
二十メートルの距離から放たれた三十本の矢を手にした網で絡めとる
長径にメートル短径一メートルの岩を、
十メートル後ろで注視していた少女が気付かない速度で、鞘を宙に投げ、岩を十文字に斬った
跳躍したのと宙で刀を振りかぶったのは見えた

前方十メートルほどから連射された火縄銃五発を、一発残して回避
残った一発は肩に掠っただけ
回避は射線から逃れたわけでは無く、その場で回避している
眼前から放たれた火縄銃の弾丸を、噛んで止める者が投げた半月刀を、打ち落として間合いを詰めて頭頂から鳩尾まで斬る
気付いたのは斬られてから
弾は反射的に引金を引いて放たれたもの
詰めた距離は不明だが状況と描写から三メートルほどと思われる
高速移動し前後左右に分身を作る忍者の突進に合わせて胸を浅く斬った
見えていなかったのに何故か斬っている
刀身に落雷し通電するまでに、刀から手を離して三メートル飛びすさる剣士が、
抜き打ちで仕留めるつもりだったのに、抜き遅れる速度で斬りつけることができる
足元で爆発が起きても周囲の筍を楯変わりにして無傷
移動は達人並

【特殊能力】鳥の翼のような飛行具を装備。飛行可能移動速度はしびとの足よりかは速い
描写上で数㌔以上離れた場所を肉眼で見れる。常人は望遠鏡が必要な距離
【長所】飛行
【短所】テンプレにすると微妙
【戦法】飛行具をつけて参戦
間合いを詰めて斬る
相手が飛行している状態なら合わせて飛ぶ
【備考】漫画の原作。小説未登場の信玄の方が強いんじゃなイカ?


vol.97

443 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/09/29(火) 14:46:19.78 ID:7Y5PvS6N [2/4]
織田信長(しびとの剣)考察

こいつも武田信玄と同様に物理攻撃一本のため幽霊勢の上にはいけず。

巫条霧絵のドッペルゲンガー>織田信長(しびとの剣)>武田信玄(しびとの剣)>ゼスト(なのは)

まあ人型相手なら精神耐性ない奴は金縛りのまま戦闘不能にできるから、
攻撃力が足りなくてもそこそこなんとかなる。