【作品名】餓狼伝説2
【ジャンル】細井雄二の漫画

【名前】ヴォルフガング・クラウザー
【属性】皇帝 
【大きさ】身長200㎝ 体重145㎏
【攻撃力】
格闘:城の床に2~3mの穴を開ける。
   体重77㎏のテリーをキックで数m上空(城の天井)に叩きつける。
   手でビリーを押し返し数mふっとばして壁にたたきつけて気絶させた。
心臓絞め:テリーの心臓を体の外側から掴んで握りつぶすことができる。途中でアンディに邪魔された。
気弾:ビリーをまた気絶させる威力。射程5m
カイザーウェーブ:腕を振り上げてから1~2秒タメて振り下ろして発動
         螺旋軌道のエネルギー波を放つ、アンディを一撃で倒した。射程数~十m
渾身のカイザーウェーブ:腕を振り上げてから2~3秒タメて振り下ろして発動
            エネルギー波を放つ数~十mの爆発を起こして城の壁をぶち抜き尚そのまま突き進む威力、射程数十m
【防御力】上半身に鎧を着ているが生身でも普通にテリーの攻撃に耐えるのでほとんど飾りの模様
     テリーのサニーパンチなどの打撃を受けても全くダメージを受けずその気になれば反撃できる。
     アンディの飛翔拳を8連続でくらってもほとんどダメージなし(ただし、飛翔拳を受けている最中は動けなかった。)
     さらに最大の飛翔拳をくらい城の外にふっとばされても(数十mは下へ落下したか?)ほとんどダメージを受けている様子はなく戦闘可能
【素早さ】向かってきたアンディやビリーを返り討ちにできる。  
     ジョー、舞、ダック(達人クラス)3人を同時に相手にしても圧倒できる。
     移動は達人クラス、基本的には攻撃は避けない模様
【特殊能力】特になし
【長所】驚異的にタフ
【短所】基本的に攻撃を避けない。
【戦法】とりあえずカイザーウェーブ
【備考】主人公らの前に立ちはだかる悪の格闘家。一応ラスボス。
    テリーとアンディに関しては既に参戦しているギース・ハワード参照。

【参考】ビリー・カーン
【防御力】2~3mの岬の先をふっとばす旋風脚と同等と思われる波動旋風脚をくらってもヨロヨロだが立っていられる。
     クローンテリーのバーンナックル(モノホンよりやや劣る?)をくらっても戦闘可能
     テリーのサニーパンチなどの打撃を13発連続で受けても多少のダメージ
     数十cmの爆発を起こす気雷砲を2発受けてもなんとか立っていられる。 (1~2mの爆発を起こす気雷砲が気をタメにタメて強くなった状態)


vol.105


541 :格無しさん:2015/10/01(木) 16:25:38.34 ID:+dCt48Gp
クラウザー考察

反応は悪くはないがタメあり攻撃が大振り過ぎて攻撃があたりにくい。
超人の壁周辺ではタフさはかなりあるほう。

○黒崎泰元>豪鬼>桐山和雄>董卓仲穎
:鉄壁の防御を盾にカイザーウェーブ勝ち

×レイノルズ:体性言語からの洗脳負け
△>ドラク黒騎兵:素早いし当たらない効かないかな
×蜘蛛男(SD):洗脳負け
×ニナ:瞬間移動で距離を取られて幻やらツタやら持久戦負け

レイノルズ>ヴォルフガング・クラウザー>黒崎泰元

解除まで後2人だね