【作品名】DOG DAYS
【ジャンル】漫画
【作品設定】アニメ「DOG DAYS」シリーズのアニメ1期の幕間を描いた漫画
 ただし、テンプレ作成者がアニメをほとんど見ていないためアニメ要素は未使用
 原作者によると漫画の肌色率が高すぎると思うのは気のせいらしい

【名前】ハチくま母さん
【属性】ハチェスター黒熊の母熊
【大きさ】シンク(中一男子)の約2倍、つまり約3mはある雌熊
【攻撃力】大きさ相応の達人の熊並み
 相手に打撃を加えた衝撃でぶつかった大木が真っ二つに折れる程の腕力
 熊破翔爪拳:一瞬タメてから輝力砲(魔法のようなもの)を放つ攻撃
  大木を真っ二つにしたり地面を数十cmの深さまで叩き割る威力を持つ
  輝力砲は一度に4本放っており、10mは離れた達人が反応できない速度(約76m/s)で
  20m範囲を縦横無尽に数秒間動き回る上、接触したら貫通するか跳ね返る
  また、輝力砲が相手の衣服に接触すると小さな布切れ程の大きさになる(つまり脱げる)
 剛熊掌:一瞬タメてから輝力砲(魔法のようなもの)を放つ攻撃
  直径1m程のビームのように放ち、射程はだいたい10m位
  着弾時には明らかにビームに当たっていない大木が真っ二つになっていたので
  着弾点から直径6m程は当たっていなくても破壊可能、弾速は普通に殴るよりは速いはず
【防御力】大きさ相応の達人の熊並み
 打撃に対して棒による打撃で互角に打ち合いができる棒術の達人(シンク)による
 棒による打撃程度なら簡単にガードしてノーダメージ
 最低でも直径20mは辺り一面の木々を吹き飛ばしているガウルの獅子王轟雷弾・壊も
 位置的に巻き込まれているが(おそらくガードして)大したダメージを受けていない
【素早さ】大きさ相応の達人の熊並み
 達人の棒術による打撃程度なら1mからの打撃だろうが
 背後から頭上に叩きつける打撃だろうが防げる
【特殊能力】普通に2本足で歩き、人間の言葉を理解している
 人間の言葉を話しているのかは曖昧だが言いたい事は人間に伝わっている
【長所】熊破翔爪拳で味方を主人公以外(素っ裸になったので)戦闘続行不能に追い込んだ
【短所】最初は勘違いで主人公一行と戦闘に
【戦法】とりあえず初手熊破翔爪拳を試しておく
【関係】色々あって主人公のシンクと一騎打ちをする事となった

vol.97参戦

vol.98

372 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/11/06(金) 14:03:01.76 ID:0E/yoUyR [3/4]
ハチくま母さん 考察

○>オートバイ兵>デビルタスク>木鹿大王>空き巣グループのトラック
開始距離があった方が輝力砲が有効なので熊破翔爪拳勝ち

○ルーク・フォン・ファブレ:多少ダメージ食らっても致命傷にはならない。
熊破翔爪拳勝ち

×>ランニングバック
ぶち抜かれて負け

×サンゲリア~ブレインデッド
2倍以上の体格で潰されると無理か。

○全身防弾ギャングのモヒカン
直接触る必要はないので熊破翔爪拳勝ち

○>工藤新一&目暮警部>夷川早雲:熊破翔爪拳で撃墜勝ち

△エテポンゲ:毒と熊破翔爪拳で引き分け

×佐藤(亜人):見えないIBMにぼこられて負け
×>解禁獣:でかすぎ無理


佐藤(亜人)>ハチくま母さん>工藤新一&目暮警部=エテポンゲ>夷川早雲