【作品名】Terminator 2: Infinity
【ジャンル】アメコミ。ターミネーター3の続編として製作された
【名前】T-infinity
【属性】ターミネーターの究極型のプロトタイプ
【大きさ】2m程度
【攻撃力】素の攻撃力はパンチ一発で前から突進してくるジープをぶっ飛ばして破壊できるくらい
自身の能力で電気を圧縮して斧を作れる(電気攻撃なので防御無視か)
威力は人間を両断したり厚さ30㎝くらいのコンクリの壁をぶち破るくらい
【防御力】T-Xのさらなる進化形なので同程度以上の防御力はあると思われる
(実際T-Xで怯んでいたマシンガンの弾幕で何事もなく突き進んでいる)
時間隔絶による防御……T-infinityは本来の時間軸から逸脱した存在なので、
自身の周囲3m程度の時間が常時停止している。
そのため時間停止の影響により、放たれた銃弾や攻撃などがすべて止まってしまい何の意味もなさなくなる
電撃による防御……自身の周囲に常時電流を纏っており、
その為組み付いたり接触を許してしまった場合は成人男性を覆いつくし悶絶する程の電流が流れる
機械なので人外
【素早さ】大きさ相応の達人並みか
【長所】強力な常時能力を2つ備える。近接しかしない相手にはまず勝てる
【短所】接近戦しかできない
【戦法】防御は常時能力に任せて斧で斬りかかる
【備考】未来から主人公のジョン・コナーを殺すために送り込まれた究極のターミネーター

vol.98

99スレ目

263 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/12/26(土) 00:23:10.35 ID:u6gl8gf4
T-infinity 考察

時間停止防御によるゴリ押しのみ
機械のため精神系特殊攻撃もほぼ効果がないという防御特化

△カミサマ:機械には幻覚は効かないだろう。
攻撃反射されても自分の攻撃は自分には効かない。
山は壊せないので分け

×ブラックスター:時間と物質停止負け

○ザッタン:催眠は効かない。相手の体当たりなんかを止めて電撃勝ち
○マーラー:機械なので洗脳されない。普通に勝ち
○完全クルツ:機械なので操作されない。電撃勝ち
○神谷スバル:時間停止防御無くても機械なので寝ないだろう。
弾丸に等しい速さだと中々攻撃は当たらないが、直接打撃に来た所を止めて反撃勝ち
○ヤドン=ペイルライダー:機械なので精神攻撃は~同上

×ウンベヴストザイン :知的存在ではあるため意識を失って負けか
×ヤメタランス:地球破壊負け
△布留部市の竜:お互い効かない

こっから上で連勝はまず無理

=ヤメタランス>ウンベヴストザイン>T-infinity >ヤドン