【作品名】ワンパンマン
【ジャンル】アニメ
【名前】ボロス
【属性】全宇宙の歯医者、異星人
【大きさ】成年男性より大きい(180cm~2m程)
【攻撃力】
エネルギー放出:体内から放出するエネルギー波。都市を覆い尽くす宇宙船(十数km)の3分の2程の大爆発を起こす。射程は十数km。
速度はその距離を一瞬で進む程度。
移動するだけで少なくとも鋼鉄以上でできている宇宙船の船体が液体化→蒸発しているので移動中は約3,000度の温度を伴いながら移動している。

【防御力】
風圧で岩盤を数kmえぐり取るサイタマの普通のパンチを受けても戦闘可能。
自身の崩星咆哮砲に巻き込まれても生存できるので惑星破壊クラスの攻撃までは生存可能。
それ相応の熱耐性あり。

【素早さ】
空を自在に飛べる。
亜光速(光速の2%=秒速6000km)で小石を放てるゲリュガンシュプの攻撃を3m程から見切れる
余裕のあるサイタマ(秒速2000km反応)が空中で50m程から防御反応できない速度で攻撃を当てることができる。(秒速10万km)
その速度で戦闘・移動(秒速10㎞反応)が可能。

【特殊能力】
  • 治癒能力
原型を留めず液体にまでぐちゃぐちゃに吹き飛ばされても一瞬にして再生可能。
  • メテオリックバースト
生物の限界を越えた速度・パワーを生み出す形態。パンチの余波で前方十数kmの鋼鉄を蒸発させ、
自身の移動速度と同じ速度で吹き飛ぶサイタマに追いつき、追撃を加えて約2秒で地表から月まで衝突させる蹴りを放てる。
  • 崩星咆哮砲
周囲百数十mの鋼鉄を蒸発させるエネルギーを常時放出させ、極大のエネルギー波を撃ちこむ。
エネルギー波の速度は一瞬にして地球の裏側(約6000km)まで到達するマジ殴りの余波と同程度。(秒速12万km)
原作・リメイクでは惑星の表面を消し飛ばすだけだったが、アニメ版では惑星そのものを破壊することが可能。

【長所】原作よりスケールアップ
【短所】サイタマには傷一つつけられなかった。

【戦法】
メテオリックバーストで参戦。相手の大きさが人間サイズなら移動する余波で蒸発させつつ
蹴りあげて宇宙空間に追放する。大きい・素早くて攻撃当たらないなら崩星咆哮砲で爆殺。

【備考】
アニメ版ワンパンマンボロス編のラスボス。宇宙中を荒らし回り、
強すぎて戦闘に退屈しか見いだせなかった所、占い師に導かれ、自分を満足させることができるというサイタマと邂逅。
全力を出し切り、戦闘の高揚感を思い出したが、戦いとすら認識されないまま成すすべなく敗れる。


vol.99


227 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/12/22(火) 23:39:02.77 ID:Wx0UvyCT
ボロスの惑星破壊は自称じゃないのか

228 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/12/23(水) 00:58:51.31 ID:impjhHva [1/5]
ボロスの星ごと消滅させるは自称だけど、
それまでの多数の戦闘中の説明セリフから信憑性の高いものとして設定採用可じゃない。


その辺の喧嘩番長がハッタリで星壊すって言ってるのとは違うし、否定する根拠が無ければ
自身の技の威力説明として扱うのはルール的には問題無いはず。

229 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2015/12/23(水) 01:03:17.49 ID:16wQIF5H
アニメボロスのアレは最初期ベジータのギャリック砲と全く同じ状況だから
普通に惑星破壊扱いで問題無いっしょ。