※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】蒼き鋼のアルペジオ
【ジャンル】漫画
【名前】タカオ
【属性】“霧の艦隊”所属の重巡とその人型情報端末(メンタルモデル)
【大きさ】全長203・76m 排水量13460tと女子高生並
【攻撃力】
浸食魚雷;重力波で原子運動を止め、物質を崩壊させる兵器。直径5・60m位の球状に範囲が及ぶ
水中では200(時速370・4km)ノットで控えめなのでそれ位は出る
空中では下記の射程距離を7秒で飛ぶ 約 秒速21km
射程は三重と愛知の県境から大阪湾に届くくらい。ただし索敵範囲外なんで、そこまでは狙えない
同時に128発撃てる。個別の対象を狙い撃つことも可能
【防御力】欄のクラインフィールド及び強制波動装甲を貫ける
ビーム;水中でも減衰しないビーム。主砲や対空機銃を浮遊砲台にして撃つ
射程は数百mは有る
対魚雷防御にしか使っていない
超重砲;艦橋を変形させて使用する最強の兵器。重力波をビーム状に放って、当たった対象の構成原子を停止させ、崩壊させる。発射までに五分位かかる
【防御力】欄のクラインフィールド及び強制波動装甲を無効化できる
使用時は動けなくなり、演算能力が大幅に落ちる
射程は浸食魚雷と同じだが、索敵範囲外なんでそこまでは狙えない
タカオの索敵範囲は、半径が愛知と三重の東西の距離分
メンタルモデル(以下MM)の攻撃力は、単純な腕力で人間を潰せる位。402がクラインフィールドを使って倉庫の壁を破壊したのでタカオもできるだろう
【防御力】
クラインフィールド;任意発動でエネルギー経路を生成し、加えられたエネルギーを任意の方向へ放出する
実体弾、エネルギー兵器に有効。実体弾ならばフィールドを使って、運んだり送り返すことも可能
人類のいかなる攻撃にも耐えたので核も防げるだろう
許容量を超えるエネルギー量を受けると割れる。
ひたすら攻撃され続けてもそのうち割れる。
クラインフィールドは演算処理が追いつかないと破れるが、演算処理を必要とする攻撃は、空間変異や重力を使用する攻撃。後は全く未知の攻撃手段だろう
超重砲使用時にはフィールドに穴を開ける必要が有る
強制波動装甲;常時発動の加えられたエネルギーを熱にして吸収・拡散するそうこう。こちらも核までなら防げるだろう
限界まで貯めると飽和状態になり、通常の軍艦と変わらなくなる
空間変異や重力攻撃も吸収可能
艦体かMMのどこかにあるユニオン・コアという演算処理の中枢を破壊されず、艦体を構成するナノマテリアルが有る限り、損傷を修復して戦闘を継続できる
艦体に開いた20m位の穴を五分位で塞げる
ただし、損傷の修復に使うナノマテリアルは艦体の別の場所から持ってくる為に、修復を行う程艦体を構成するナノマテリアルは減るし、装備が無くなっていく
代わりに演算能力は向上する
人間を乗せる必要はないので、外観の元になった艦の居住スペースに当たる部分は、センサーや装甲材質になっている。当然乗組員は居ない
MMの防御力は同じ重巡のアシガラがクラインフィールドで低周波弾頭の魚雷を防いでいる(勢いで弾き飛ばされたが)のでタカオも同じくらいはあるだろう
基本的には人間と触った感じは変わらないが、体の構成を変えて、金属のようにすることもできる。重さも100kg程増やせる
MMにはユニオン・コアを除き内蔵に当たるものが無い
血液に当たるものもない
自分の倍以上あるミサイルをぶつけられて(爆発はしなかった) 無傷
数十m位の自由落下は平気
感情シュミレーターにより人間の感情を持つが、シュミレーターを切ることで感情を無くすことができる
【素早さ】
驚愕から立ち直った後、自分の浸食魚雷と同じ速度で突っ込んでくる魚雷を、数十mで迎撃可能
ピコ秒未満で行われたヤマトのハッキングを知覚できる
艦体の移動速度は、水上で90ノット、水中で40ノット
MMは数十mを一瞬で移動したりジャンプできる
クラインフィールドを艦体の上下に展開して浮くことができる。ただし移動不能。フィールドを防御に使うことも超重砲を撃つこともできなくなるだろう
【特殊能力】
ネットワークに繋がっている機械をハッキング可能ネットワーク上の情報を自由に閲覧し、ダウンロードできる。MMだけでも可能
ネットワークに繋がっていないと流石にどうにもならない
赤外線が見える
人間の身体をスキャンし、脳や神経や骨格等を見て取ることができる
空気の成分を分析することも可能
艦体やMMやMMの服を構成するナノマテリアルの性質や形状を自在に変えられる。艦体の装備を新しく作り出すことも可能
ソナーや設置式魚雷発射装置を作れる
自動小銃を小型サイズで複製したので、構造を理解すれば銃器レベルは作れる
人体も構造を把握すれば遺伝子検査でもされなければ正体がばれない複製を製造可能
数百m範囲で無線のジャミングが可能
50m以内センサーや監視カメラを検知できる
【長所】火力とナノマテリアルの応用性
【短所】速度が判り難い
【戦法】浸食魚雷128発同時発射
【関係】振動弾頭受け取りに横須賀へ向かう401を妨害しに現れて交戦

参戦 vol.98

vol.99

499 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/07(木) 01:23:36.22 ID:wQJ3TbyO [3/3]
タカオ(アルペジオ)考察 コンゴウの下位互換 浸食魚雷が強いのは変わらずだが弾速は遅め

○ サンドリオン   浸食弾勝ち
○ 六耳の化け猿   浸食弾勝ち
○ 火渡赤馬     浸食弾勝ち
○ 壬生蒼馬     素早いが先手浸食弾128発撃てば物量で交わせないか
× 牛魔王      芭蕉扇で吹っ飛ばさ負け
× 浮遊都市アダン  集中砲火受けるときついか
× 第六の使徒    浸食弾届く前に攻撃されて負けるか
× ジャベリン    同上

牛魔王>タカオ(アルペジオ)>壬生蒼馬