【作品名】Bloodborne
【ジャンル】アクションRPGゲーム
【世界観・設定】
上位者:人や獣とは違う超越的な思考を持った超次元の存在。ゆえに常人では見ることも触れることもできない。
そのほとんどが悪夢の内に存在し、その血からは宇宙的悪夢の意志を得ることが出来る。

悪夢:上位者達が存在する超次元の異空間。星や太陽が存在しているため、別の宇宙でもある。
本編に登場した悪夢が「悪夢の辺境」、「メンシスの悪夢」、「狩人の悪夢」、「月の魔物の悪夢」の4つのため、
主人公の居る世界には少なくとも5つの宇宙がある。

狩人呼びの鐘:世界に共鳴する鐘。特別な信号として別の世界の狩人を次元を越えて呼び出すことが出来る。
別次元の狩人とは、ゲームをプレイしている自分以外のプレイヤーのため、少なくとも本作の売り上げ数である210万の世界が存在している。
そのため単一宇宙×5×210万=1050万の宇宙が存在する。

啓蒙:神秘を研究する上で得られる智慧。その研究の過程で全ての者が狂ってしまう。
上位者やその眷属、もしくは彼らがいた痕跡を認知するだけで啓蒙を溜めこんでしまうため、存在を認知した時点で精神攻撃される。
啓蒙を溜めこむことで、触れることはできないが、姿が見えない上位者を見ることが出来る。

【名前】姿無きオドン
【属性】上位者
【大きさ】無し
【攻撃力】
特殊能力参照

【防御力】
声のみの存在。声に寿命など存在しない。もちろん五感なども存在しない。
他の上位者は啓蒙を高めることで見ることはできるが、姿すら存在しないオドンはみることができない。

【素早さ】
存在しないため不明瞭。しいて言うなら常人並。

【特殊能力】
姿が存在せず、プレイヤーにも直接的な干渉はしてこないが、周囲の人間・人外(眷属)を無意識の内に操ることが出来る。
女性に対してはどうやったか分からないが、自分の赤子を孕ませることもできる。
範囲は大きな都市(郊外も含め)十数km。
プレイヤーのいる世界だけでなく、他のプレイヤーの世界にも存在しているため、別宇宙210万の世界に遍在している。

【長所】酷いものだ。頭の震えが止まらない・・・
【短所】ビルゲンワース…ビルゲンワース…冒涜的殺戮者…貪欲な血狂い共め…奴らに報いを…母なるゴースの怒りを… ギイッ!ギイイッ
【戦法】敗北に導くよう操る。ダメなら寿命尽きるまで冒涜的な智慧を聞かせる。
【備考】
獣と狩人のダークモンハン的なものかと思ったらSAN値が極限まで下がっていたアクションRPG。
プレイヤーに自らの眷属を殺され続け、自分が孕ませた赤子をも切り殺されているため、間接的な敵ポジションとなっている。

vol.99参戦

vol.99
406 :格無しさん:2016/01/04(月) 16:23:30.27 ID:gcApNId/
姿無きオドン 210万の世界に偏在してる物理攻撃透過不可視×2の不死 ダークネス以下にはだいたい負けないのでそっから


○ タナトス 不死勝ち
△ オーディン お互い決め手なし 分け
× ニャルラトホテプ 任意全能負け
△ ノイツェーン 任意全能分け
○ ロードオブナイトメア 不死勝ち
△ 宇宙蝉海老 不死分け
○ 大黒穴 超重力は通じないだろうし不死勝ち
△ ヨグ 不死分け
× MU  多元封印負け
× 明石大雅 多元消滅負け
○ M  不可視なんで取り込まれることはないだろう 勝ち
○ ジョン=ディー  攻撃通じない 相手が寝て勝ち
× N  任意全能負け
○ アンチスパイラル 不死勝ち
× タングラム 任意全能負け
○ ニーズヘグ 不死勝ち
△ ナイア   不死分け
× 虚無 ピーカージは無理か 負け
○ 転輪王 不死勝ち
○ シ 自然消滅通じないかな 不死勝ち
○ 無貌の神  不死勝ち
× 完全生命体イフ 精神攻撃跳ね返されてきついか
○ ヨグ・ソトト 触れられない 不死勝ち
× タマネギ 任意全能負け
○ 目玉   不可視のため向こうに居場所察知されないだろうし不死勝ち出来るか
× ゴッドライディーン ゴッドバードアタックぶっぱなされたらきついか 負け
○ カリマの衛兵 不死勝ち
○ 謎の怪物 不死勝ち
○ タロン 不死勝ち
× ロソ・ノアレ 精神体にも通用する吸収は無理かな 負け

これより上はもう負けか分けしかないのでここまで

ロソ・ノアレ>姿無きオドン>タロン