【作品名】テラフォーマーズ
【ジャンル】漫画

【参考】
【名前】テラフォーマー
【属性】火星ゴキブリ
【大きさ】平均身長2m 体重110kg
【攻撃力】握力1トン 先の丸い棍棒を持ち、それで人体を貫く事ができる
素手でも人間の首を軽く引っこ抜いたりへし折ったりできる
【防御力】
拳銃弾程度ではダメージを与えられない
胸の神経節か肺を潰さない限り。頭が取れても行動するときがある
火炎放射器並の大爆発を至近で受けても多少焦げるだけ。オーブンで焼いても死なない
標高6000mの環境で平気で活動可能。寒さにも強い
痛覚が存在しない
ゴキ用殺虫剤が無効
【素早さ】100mを2.2秒で走り、その速度で戦闘可能
時速数百kmで突っ込んでくる物体の、後部から出ている人間の首を、擦れ違い様に引き抜ける反応
飛行も可能で、離陸直後の宇宙船に追いつく程度なら余裕 滞空もできる
【特殊能力】尾葉で空気の動きを感じ取り、目で追えない動きの敵を認識できる

【参考2】
【名前】力士型テラフォーマー
【属性】火星ゴキブリ
【大きさ】身長2m20㎝ 体重200kg超
【攻撃力】通常のテラフォーマーの3倍近い筋力
通常タイプの攻撃に耐えると思われる改造人間を、カウンター気味のパンチ一発でバラバラに粉砕可能
乗員100名で研究設備等も備えた大型宇宙船の外壁をパンチで壊せる
【防御力】筋力が通常型の3倍あるため、防御力も通常型を上回るか
【素早さ】瞬発力、走力は通常型の3倍 反応は通常型並みと思われる。飛行可能かは不明
【特殊能力】通常型に準じる
【特徴】
幼体時より動物性タンパク質を充分に摂取することで筋肉を発達させたテラフォーマー
登場シーンでは常に動物(主にカイコガらしきもの)を食べている
通常型の3倍近い筋力・瞬発力・走力を有する


【名前】テッポウウオ型テラフォーマー
【属性】
人間に近い姿に進化した火星ゴキブリ。触角と尾葉が名残として残る
力士型の体格を持ち、加えてテッポウウオの特性を持つ
【大きさ】
2m20cm位の超筋肉質の人型
左腕に魚のような模様やヒレのような突起がついている
【攻撃力】
口から水を摂取することで、左掌の小さな穴から水を噴出して狙撃可能
射程数km、同時に三発着弾するほどの速度で連射できる
威力は数km先の標的を、火星探査に使われる車両の強化ガラスと思われる部分を貫いて
さらに人間の首を貫通するほど。弾速はその距離を一瞬
【防御力】共通設定参照
【素早さ】共通設定参照
【特殊能力】共通設定参照
水の入ったタンクを所持。容量は自らの上半身ほどの大きさ
【長所】生身の人間では絶対勝てない戦力。遠距離戦も可能
【短所】最早ゴキとは呼べないだろコレ
【戦法】距離を取れれば距離を取って狙撃。接近されても水を噴出したり殴ったり
【備考】
火星に来た主人公たちに襲いかかる火星ゴキブリ
直接殴る描写はないが、作中でカイコガを食べている個体=力士型の個体なので
力士型と同等のパワーがあると思われる

参戦 vol.99

vol.99

718 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/17(日) 11:54:15.41 ID:sL41VL1g [6/7]
テッポウウオ型テラフォーマー 考察

秒速55m対応+秒速45mの移動と戦闘速度
火炎放射器並の大爆発無効の防御
大型宇宙船の外壁破壊パンチ、射程数kmその距離を一瞬で飛ぶ水狙撃
空気の動き察知で不可視無効


○カマイタチのオジイ>ヤマオロシ>ミルドレッド・アヴァロン>玉梓(白夜)
:水を噴出して狙撃勝ち

○ロベルタ:初手の徹甲弾砲撃をなんとか耐えて水狙撃連射勝ち
×パーマンセットを盗んだ男:現金輸送車に潰されまくって負け
×ブルーホエール :10mサメを倒す威力をはるかに超える威力のゴッド・ホエール略で負け
×ハカイダー(小説):速い上に200t鉄球並の攻撃で潰れて負け

 >パーマンセットを盗んだ男>テッポウウオ型テラフォーマー>ロベルタ