【作品名】ポケットモンスターX・Y ポケモン竜王伝
【ジャンル】漫画
【作品設定】ゲーム「ポケットモンスターX・Y」のイベント「ポケモン竜王戦」の応援漫画。
 漫画内で行われる「竜王戦」は最強の竜使いを決める大会だが新人育成を目的としたものなので
 ジムリーダーやチャンピオンといった実績のある強いトレーナーは出場していないとの事。

 ・ポケモン
  作中に登場する架空生物で多種多様な種類が存在する。
  当然殴る・ジャンプする・防御するといった基本的な動作は普通に行えるが
  強力な技は最大4つまでしか習得しておく事ができず、
  新しく技を覚える際には現在習得している技を忘れる事となる。
  なお、技を使用するにはトレーナーが指示している場合もあるが
  特に指示らしい指示がないまま複数のポケモンが技をバンバン使っているので
  指示は不必要であり最強スレ的にはトレーナーは必須ではない。

 ・メガシンカ
  ポケモンがメガストーンを、トレーナーがメガリングをそれぞれ持った状態で
  互いに深い絆が結びついている時にトレーナーが自身の持つメガリングに触れる事で発動する強化形態。
  メガシンカすると全体的に能力強化される事もあれば一部能力が変化することもあるが
  進化原理的にメガシンカさせたり維持する際にはトレーナーは必須となる。


【名前】デンリュウ
【属性】カンガルー風ポケモン
【大きさ】1.4m位のカンガルー並み
【攻撃力】大きさ相応のカンガルー並み。
 りゅうのはどう:口から不思議光線を放つ技。
  メガデンリュウになった時しか使っていないが設定上は使用可能。
  射程は8m位で数秒間ずっと吐き続けてダメージを与え続ける事もできる。
  威力と弾速はメガシンカで変動するパターンがあるので明確には分からないが
  どちらも普通に打撃を行う程度の威力と速度は最低でもあると思われる。
【防御力】2.5m位のティラノサウルス風ポケモンなガチゴラスを
  一撃で4mはぶっ飛ばす黒いメガリザードンのドラゴンクローを
  一撃受けても少しダメージはあるがぶっ飛ばずに耐える事ができる。
 コットンガード:一瞬で自分の防御力を上げる事ができる技。
  ただし、メガデンリュウになった時しか使っていないのでどの程度上がるかは不明。
【素早さ】大きさ相応のカンガルー並み。
【特殊能力】せいでんき:デンリュウの持つ常時発動の特性。
  特に対策もなくデンリュウに一回触れるだけで人間サイズの生物なら感電して数秒間動けなくなる。
  また、接触後に離れたとしても身体が痺れて数十秒間動けなくなる「麻痺」にする事もある。
  麻痺にする確率は作中で触られた回数的に1/3程度と思われる。
  なお、この特性はメガシンカしてメガデンリュウになったら失われる。
【長所】せいでんき
【短所】それ以外
【戦法】初手りゅうのはどう。効かなければ相手に触り続けてせいでんきで行動不能持続によるTKO勝ちを狙う。
【備考】主人公であるアキラ&リザードンが参加した竜王戦準決勝の相手が使用したポケモン

vol.100 参戦

vol.101

488 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/09/27(火) 13:34:58.64 ID:xI28cbsC
デンリュウ 考察

野生動物扱いで0.05秒反応、移動速度は70km/h=19.4m/s
りゅうのはどうは射程8m弾速19.4m/sで、威力はカンガルー並(カンガルーキック程度の威力)とした

○ 右目に傷のあるエゾヒグマ 防御力勝ち
○ バファルタイガー 防御力勝ち
× ヒョウモンダコ 毒負け
○ マンイーター 先手せいでんき勝ち
○ 松山那雄宏 先手せいでんき勝ち
△ 鬼頭コックリ 干渉不能分け
○ 平沼ノゾミ メリーさんは麻痺するので壁にならない、せいでんき勝ち
△ 全能の神 倒せない倒されない
○ スナッフルズ 防御力勝ち
○ 澤永泰介 先手せいでんき勝ち
△ スーパーデリシャス28号 電撃受けても活動可能、倒せない倒されない
○ 天津 先手せいでんき勝ち
○ 影盗りコロー 先手せいでんき勝ち
△ 花咲蕨&キョーボー 倒せない倒されない
× スノーフレーク 先手殴り負け
× 白い魔女 りゅうのはどうは反応される、石化負け
△ 谷岡 ギリギリ耐えられそうだが倒せない

スノーフレーク=花咲蕨&キョーボー>デンリュウ>影盗りコロー