【作品名】とある魔術の禁書目録シリーズ
【ジャンル】小説

【世界観】
  • とある魔術の禁書目録
単一宇宙と、その宇宙に被さる神話世界が最低で12個あるので、単一宇宙×13
内訳:天国、地獄、冥府、浄土、黄泉、地底、オリンポス山、妖精島、ニライカナイ、アースガルド、高天原、アマラーバティ
更に薄皮一枚だけで永遠の広さ(存在するだけで単一宇宙×13が消し飛ぶ魔神が居ても問題無いぐらい)で、それが無限に続く黒の世界があるので
単一宇宙×13+((単一宇宙×13)×無限)=単一宇宙×13+一次多元宇宙×13
そして並行世界が無限に存在しているので
(単一宇宙×13+一次多元宇宙×13)×無限で、世界観は一次多元宇宙×13+二次多元宇宙×13となる

【備考】
とある魔術の禁書目録ととある魔術の電脳戦機の繋がり
電撃文庫の公式サイトに
この小説は当時生誕20周年を迎えた「電脳戦機バーチャロン」と、「とある魔術の禁書目録」が初めてコラボレーションした作品で、「禁書」シリーズの世界観の中に
「電脳戦機バーチャロン」が競技として登場し、おなじみのキャラクターたちがバーチャロイドを操縦して競技に参加する内容となっています。
とあるので世界観は繋がっている

【名前】タングラム
【属性】意思を持つ巨大機械
【大きさ】数km程の球体
【攻撃力】特殊能力参照
【防御力】素は大きさ相応の金属並み
     宇宙空間で活動可能
     偏在:どこにでもあって、すべての世界をまたいでいて、でも、だからこそ、一つの世界に留まって、独占する事の許されないもの。
        とあるので、一次多元宇宙×13+二次多元宇宙×13の全ての宇宙に同時に存在している
【素早さ】反応は常人並み。不動。
【特殊能力】世界改変:時間、運命、因果、その他諸々の全てを自在に操れる
          ・人間の平行世界に飛ばし、その平行世界の人間と入れ替える事ができる
          ・一つの都市の状態を全て巻き戻し、死んだ人間や壊れた建物などを全て直し、事件がそもそも無かった事にした
          ・巨大ロボを使うバーチャロンという対戦競技をゲームの中だけの存在にした
          ・都市が消滅する結果によって存在が確定される少女の存在を固定、都市があっても生きていられる状態にした
          範囲は一次多元宇宙×13+二次多元宇宙×13
【長所】おそらく禁書シリーズ最強の敵
【短所】全能とは言われてないので常時全能にならない
【備考】主人公を別の平行世界に放逐しようとした

参戦vol 102.214


240 :格無しさん:2017/06/07(水) 19:46:45.48 ID:wk0MLYWe
タングラム(とある魔術の禁書目録)考察

一次多元宇宙×13+二次多元宇宙×13遍在+世界改変


全能の壁より上は分け分け分けのたまに負けで勝ち星が無い

○黄錦龍 改変勝ち
△球磨川禊ミーちゃん悪魔王サタン 0秒行動分け
○アウアウローラ 改変勝ち
△フユノリュウ アカギ(ポケスペ) 0秒行動分け
○緑 世界改変勝ち
○輝夜 世界改変勝ち
△SK 全能分け
○暗黒神ロソ・ノアレ 遍在範囲で上、改変勝ち
○姿無きオドン 改変勝ち

(全能の壁)
タングラム(とある魔術の禁書目録)>黄錦龍