【作品名】白夜サーガ
【ジャンル】小説
【名前】白夜真祇
【属性】超太古の遺産の管理人。男
【大きさ】長身の成人男性並
【攻撃力】
飛翔体;袖口に収まるサイズの金属片。マッハ100で飛翔し、すれ違いざまの万分の一秒で、人間を廃人にする手術を完了する
    地球上のいかなる金属より硬い、ゴルフボール大の球を、二つ纏めて両断可能 任意で軌道を変えられる
    切れ味や打撃を鈍らせる妖気の層を吸収することで突破する
ジルガ;あらゆる武道、格闘技の原型になった武道
ジルガ足;足を軽く踏みおろして半径5mに震度七の地震を起こす。1t越える車が宙に浮く
ジルガ手;ジルガ足のパワーを吸収できる
心霊治療の要領で傷一つつけず、幻のようにに人体に貫手を入れられる。生体改造されたチタン鋼並の皮膚の改造人間にも有効
相手の皮膚の硬さを無視できる
【防御力】アフリカ象をダウンさせる威力の攻撃を二発同時に受けても耐えられる。ジルガ足による蹴りを耐える
見たものを金縛りにする妖眼が無効。精神耐性×1
【素早さ】放った飛翔体を5m位の距離で軌道を変えられる。1mからのマッハ20反応 他は達人並
【特殊能力】
美貌
フランケンシュタインの怪物みたいな奴に殺されかかっている女が恍惚と見惚れる美貌
鏡越しに目を合わせて男を自分の為に仲間を裏切らせた
高度な知能を持ち人工知能に惚れられる
平衡感覚の発狂;任意発動。世界そのものが傾いたかのような感覚を与えることで、平衡感覚を狂わせ行動不能にする
        この術を使われた者の攻撃は全て白夜から大きく外れる 射程5m位
古代言語;白夜にすら聞き取りづらい奇怪な発音の言語。白夜の美貌に耐えられる者でも錯乱する
     電話越しにも効く
【長所】多彩な能力
【短所】性格
【戦法】美貌で惚けてる相手にジルガ足で宙に浮かし、平衡感覚発狂と古代言語と飛翔体による同時攻撃を敢行する
    距離があるなら飛翔体と古代言語で攻撃

【関係】
超古代文明の遺産を巡ってもう一人の主人公と対立

簡易テンプレ
マッハ100の人間を廃人にする射程数十mの飛び道具
地震による半径5m内での行動不能
直接接触による内部破壊
アフリカ象一撃ダウン耐久×2
1mからのマッハ20反応。他は達人並
男女&人工知能に有効な美貌による常時魅了
電話越しに効く発生による精神攻撃×2
相手の平衡感覚を狂わせることによる防御と行動不能

vol.102参戦